お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS, NS
(併催)
2010-07-15
15:10
北海道 網走市民会館 [奨励講演]べき則の性質を有するトポロジにおけるフィードバック型フロー制御に起因するパケット転送遅延の評価
平山孝弘荒川伸一阪大)・新井賢一NTT)・村田正幸阪大NS2010-38
インターネットトポロジを計測した結果,出線数分布がべき則に従うことが明らかにされている.出線数 分布がべき則に従うトポロ... [more] NS2010-38
pp.1-6
NS, IN
(併催)
2010-03-05
11:00
宮崎 宮崎シーガイア ASレベルトポロジとルータレベルトポロジの比較分析 ~ 次数相関モデルの視点から ~
泉 あすか吉原正人立川洋平塩田茂雄千葉大NS2009-231
近隣ノードの次数の相互関係性に基いてネットワーク構造をモデル化する「次数相関モデル」の視点から,ASレベルトポロジとルー... [more] NS2009-231
pp.387-392
NS 2009-10-15
13:55
熊本 熊本県立大学 べき則の性質を有するトポロジにおけるパケット転送遅延の評価
平山孝弘荒川伸一阪大)・新井賢一NTT)・村田正幸阪大NS2009-82
インターネットトポロジを計測した結果、出線数分布がべき則に従うことが明らかにされている。
出線数 分布がべき則に従うト... [more]
NS2009-82
pp.31-36
NS 2009-10-15
14:45
熊本 熊本県立大学 回線容量分布がルータレベルトポロジの収容トラヒック量に与える影響の評価
細木茂洋荒川伸一村田正幸阪大NS2009-84
ネットワーク制御手法の評価には通信ネットワークの適切なモデル化が必要である.インターネットトポロジを観測した結果,ノード... [more] NS2009-84
pp.43-48
NS 2008-10-23
11:00
大阪 関西大学 べき則の性質を有するトポロジにおける輻輳伝播に関する一考察
平山孝弘荒川伸一村田正幸阪大NS2008-68
インターネットのトポロジを観測した結果、出線数分布がべき則に従うことが明らかにされており、ノードの出線数分布がべき則に従... [more] NS2008-68
pp.1-6
IN 2007-06-22
13:05
北海道 はこだて未来大学 回線コストに基づくインターネットトポロジー生成モデルの提案と評価
日高直人荒川伸一村田正幸阪大IN2007-21
近年、インターネットのトポロジーの出線数分布がべき則に従うことが観測されており、ノードの出線数分布がべき則に従うトポロジ... [more] IN2007-21
pp.61-66
CS, IN, NS
(併催)
2005-09-15
10:15
宮城 東北大学電気通信研究所 パワー則の性質を有するネットワークにおける出線数情報を利用した経路制御手法の提案と評価
福元良太荒川伸一村田正幸阪大
インターネットのトポロジ形状を観測した結果、ノードの出線分布がべき乗則に従うことが近年明らかにされている。一方で、基幹ネ... [more] IN2005-68
pp.43-48
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会