電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 10件中 1~10件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS, SIP, IT
(共催)
2019-01-31
09:25
大阪 大阪大学 中之島センター MF-GaBPによる大規模MIMO検出のための情報ボトルネックに基づく多層LUTを用いたレプリカ生成に関する一検討
王 櫟ブン高橋拓海衣斐信介三瓶政一阪大IT2018-36 SIP2018-66 RCS2018-243
本稿では,MF-GaBP (Mached Filter Gaussian Belief Propagation) による... [more] IT2018-36 SIP2018-66 RCS2018-243
pp.7-12
EE 2019-01-16
11:30
熊本 熊本市国際交流会館 DC-DCコンバータの高速応答化を目指したテーブルルックアップ式電流モード制御に関する研究
山下浩崇石塚洋一長崎大)・石浜裕一マイクロチップ・テクノロジー・ジャパンEE2018-40
近年,スマートフォンをはじめとする電気電子機器の普及は著しく,環境問題の観点から自動車は電動化・電装化が進んでいる.それ... [more] EE2018-40
pp.13-18
ASN, NS, RCS, SR, RCC
(併催)
2018-07-12
10:55
北海道 函館アリーナ [ポスター講演]空間相関に基づくアンテナ選択型アレーアンテナにおける効率的な選択法の検討
坂本 匠梅林健太東京農工大)・Antti Tolliオウル大RCC2018-50 NS2018-63 RCS2018-108 SR2018-47 ASN2018-44
アダプティブアレーアンテナを用いて干渉抑圧を行う場合,抑圧可能な干渉波数はアンテナ素子数によっ
て決定される.一方でア... [more]
RCC2018-50 NS2018-63 RCS2018-108 SR2018-47 ASN2018-44
pp.111-117(RCC), pp.117-123(NS), pp.129-135(RCS), pp.121-127(SR), pp.127-133(ASN)
RCS, SR, SRW
(併催)
2018-02-28
09:20
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク 空間係数に基づくアンテナ選択型アダプティブアレーアンテナの研究
坂本 匠梅林健太東京農工大)・Antti TolliUoORCS2017-326
アダプティブアレーアンテナを用いて干渉抑圧を行う場合,抑圧可能な干渉波数はアンテナ素子数によって決定される.一方でアレー... [more] RCS2017-326
pp.51-56
VLD 2015-03-04
13:50
沖縄 沖縄県青年会館 ルックアップテーブルを用いたapproximate computing向けアーキテクチャの実装と評価
杉山翔一郎タンビア アーメド原 祐子東工大VLD2014-183
これまで、計算機の高性能化に関して、様々な手法が提案されてきたが、そのほとんどは「計算機は常に正しい処理をする」というこ... [more] VLD2014-183
pp.171-176
EMM, ISEC, SITE, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2012-07-20
14:45
北海道 北海道工業大学 秘匿計算上の一括写像アルゴリズム
濱田浩気五十嵐 大千田浩司NTTISEC2012-36 SITE2012-32 ICSS2012-38 EMM2012-28
本稿では,秘匿計算上でルックアップテーブルの参照を複数のデータに対して一括で行う,一括写像アルゴリズムを提案する.秘匿計... [more] ISEC2012-36 SITE2012-32 ICSS2012-38 EMM2012-28
pp.195-199
OCS 2010-07-29
13:35
静岡 ニューウェルシティ湯河原 送信端歪み補償のビット誤り率特性のLUTサイズ依存性
中村円香中戸川 剛小山田公之NHKOCS2010-26
スーパーハイビジョン(SHV)の番組素材を200~300 km程度の距離で伝送するシステムで使用するために,光ファイバで... [more] OCS2010-26
pp.11-16
SIS 2010-06-11
10:00
北海道 網走市民会館中会議室 LUTを用いた逆ハーフトーン処理の多重化による高性能化
田中 豪末竹規哲山口大)・内野英治山口大/ファジィシステム研SIS2010-14
白と黒の2値からなる画像(ハーフトーン画像)を連続階調画像にすることを逆ハーフトーン化という.優れた逆ハーフトーン化手法... [more] SIS2010-14
pp.77-82
SIS 2010-03-05
10:30
神奈川 神奈川工科大学 情報棟3F 305室 [ポスター講演]LUTを用いた逆ハーフトーン処理に対する実験的考察
田中 豪・○梅崎寛和末竹規哲山口大)・内野英治山口大/ファジィシステム研SIS2009-59
ハーフトーン画像(2値画像)からもとのグレースケール画像を復元することを逆ハーフトーン化という.良好な出力画像を得ること... [more] SIS2009-59
pp.59-62
SIS 2009-03-05
14:20
東京 明治大学駿河台キャンパスリバティタワー LUTと線形平滑化を用いたデータ依存型逆ハーフトーン処理
田中 豪末竹規哲山口大)・内野英治山口大/ファジシステム
ハーフトーン画像(2値画像)からもとの多値情報を推定することを逆ハーフトーン化(inverse halftoning:I... [more] SIS2008-77
pp.31-36
 10件中 1~10件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会