電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 150件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ISEC, SITE, LOIS
(共催)
2019-11-02
14:20
大阪 大阪大学 吹田キャンパス ネットワークログイン用パスワード保管手法の提案 ~ スクリーンショットの外部記憶領域保存 ~
土屋 純関 良明東京都市大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
SSS 2019-08-27
14:10
東京 機械振興会館 トンネル施工現場における支援的保護システムの活用 ~ リスクポイント検出法に関する一考察 ~
清水尚憲梅崎重夫北條理恵子労働安全衛生総研
本研究では、トンネル施工現場において発生している重機と作業者との接触災害を防止するために、ICT機器を利用した安全管理シ... [more] SSS2019-14
pp.11-14
SSS 2019-08-27
15:15
東京 機械振興会館 リスクアセスメントに応用可能な行動分析学的介入の一例
北條理恵子梅崎重夫清水尚憲労働安全衛生総研
現在,人と機械の協調作業が増加し,人の行動の制御と予測が労働安全を実現するうえで重要になりつつある.さまざまな安全方策や... [more] SSS2019-15
pp.15-18
IPSJ-MPS, IPSJ-BIO
(共催)
NC, IBISML
(併催)
(連催) [詳細]
2019-06-17
15:25
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 i.p.i.d.情報源におけるベイズ規準の下で最適な変化回数の推定
鈴木海理鎌塚 明松嶋敏泰早大
変化回数の推定問題は,さまざまな実問題において重要な問題である.従来,この問題に対して,尤度を最大にすることにより変化回... [more] IBISML2019-6
pp.35-41
ISEC 2019-05-17
16:00
東京 機械振興会館 [招待講演]複数用途からなる交通ICカードデータの再識別リスク分析(from AINA 2018)
伊藤聡志原田玲央菊池浩明明大
匿名加工とはデータセットから個人が特定されないように加工する技術であり,匿名加工されたデータから個人を特定しようと試みる... [more] ISEC2019-9
pp.45-46
SSS 2019-04-23
13:35
東京 機械振興会館 ヒューマンファクターに基づいた事故解析手法に関する研究
三友信夫日大)・橋本淳史JR東日本
本研究では、ヒューマファクターを要因とする事故解析手法の提案を目的とし、PRAの手順を取り入れた事故解析手法について検討... [more] SSS2019-2
pp.5-8
SSS 2019-03-26
14:30
東京 東京都議会 製品の安全確保のための警告表示におけるリスクの見積 ~ シグナルワードの定義とその適用 ~
池田隆壽元日立
製品の安全確保のための警告表示において,警告表示は,製品のリスクアセスメントにおける残留リスクを伝えるものであるという考... [more] SSS2018-34
pp.11-14
SSS 2018-12-18
13:00
東京 筑波大学東京キャンパス文京校舎117教室 [招待講演]リスクに依らない安全確保システムと安全の事前論に関する研究 ~ 目的・調整制御の正常性確認による安全の決定性について ~
杉本 旭安全工学研
安全に対する素朴な期待は「事故を防ぐこと」である。しかし現実には安全は期待値の扱い(リスク)となって、事故を回避する積極... [more] SSS2018-25
pp.1-4
SSS 2018-12-18
14:25
東京 筑波大学東京キャンパス文京校舎117教室 安全確認の原理による安全作業手順の検討
宮﨑大和中村瑞穂職能開発大
職業訓練の訓練生は、機械の機能や危険性に対して、十分な知識を持っていない初心者が多数である.訓練を担当する指導員には,初... [more] SSS2018-27
pp.9-12
SSS 2018-08-14
13:00
京都 京都リサーチパーク1号館 A会議室 中小規模事業所向け簡易リスクアセスメント手法の開発
福田隆文布目龍一浅川廣之進芳司俊郎長岡技科大
リスクアセスメントは危険を事前に見つけ,対策を採ること可能にするが,一般に実施は難しいといわれている.また,事故が多い中... [more] SSS2018-13
pp.1-4
SSS 2018-08-14
13:35
京都 京都リサーチパーク1号館 A会議室 小規模事業場を対象とした簡易リスクアセスメント手法の開発 ~ ロール機を対象とした5-step方式の簡易リスクアセスメントの提案 ~
梅崎重夫清水尚憲濱島京子労働安全衛生総研
機械に起因する労働災害を防止するには、機械の使用段階で適切なリスクアセスメントを実施する必要がある。しかし、機械の機能や... [more] SSS2018-14
pp.5-8
ICTSSL 2018-07-17
13:00
東京 NTT武蔵野研究開発センター 危機管理における情報共有システムに登録された情報の取りまとめ方法に関する考察
倉 恒子小阪尚子小山 晃吉田芳浩岸 晃司NTT
サイバーとリアルの複合的な危機に対する状況の認識に関する統一見解を持ち,本部が意思決定するための統合リスクマネジメント支... [more] ICTSSL2018-16
pp.1-6
SSS 2018-06-20
14:10
東京 機械振興会館 地下3階3号室 13:00~17:00 事故統計データを用いた船舶のリスクレベルの評価
柚井智洋海上技術安全研
システムの安全性を評価する指標としてリスクがある.これまでに様々な工学的分野で,そのシステムの安全性がリスクにより評価さ... [more] SSS2018-9
pp.9-12
SSS 2018-03-27
13:35
東京 機械振興会館 トンネル作業環境における支援的保護システムの行動分析学的介入法の有効性検証
松井克海伊藤大貴日大)・北條理恵子濱島京子梅崎重夫労働安全衛生総研)・土屋政雄アドバンテッジ リスク マネジメント)・福田隆文長岡技科大)・清水尚憲労働安全衛生総研)・高橋 聖日大
トンネル建築作業現場を想定してモバイルロボットを導入した実験用作業現場においてヒューマンエラー等の残留リスク低減のために... [more] SSS2017-32
pp.5-8
SSS 2018-03-27
14:10
東京 機械振興会館 トンネル建設現場を仮想したモバイルロボット走行環境における実証実験現場での支援的保護システムの有効性検証
伊藤大貴松井克海日大)・北條理恵子濱島京子梅崎重夫労働安全衛生総研)・土屋政雄アドバンテッジ リスク マネジメント)・福田隆文長岡技科大)・清水尚憲労働安全衛生総研)・高橋 聖日大
トンネル建設現場を仮想し,実験用作業現場にヒューマン・エラー等の残留リス
ク低減のために構築した支援的保護システム(S... [more]
SSS2017-33
pp.9-12
CS, CAS
(共催)
2018-03-12
16:20
福岡 九州大学 西新プラザ [特別招待講演]地方大学の生き残り戦略 ~ 知的財産の活用とリスクマネジメント ~
高橋省吾鹿児島大
産学連携を積極的に進め,外部資金を獲得し,自給自足の度合いを高める戦略の実践こそが,現代の地方大学の至上命題である.その... [more] CAS2017-145 CS2017-99
pp.71-74
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2018-03-07
15:15
北海道 沖縄北部雇用能力開発総合センター IoT利用拡大期におけるホームネットワークのセキュリティ要件検討と機能実装
加島伸悟近藤 毅村田哲彦上野正巳NTT
IoT利用が拡大しているホームネットワークにおけるセキュリティ要件を整理する.整理した要件を踏まえ,低コストかつユーザビ... [more] ICSS2017-59
pp.49-54
ITS, IEE-ITS
(連催)
2018-03-08
10:00
京都 京都大学 交差点出会い頭の事故リスクアセスメントに向けた運転挙動とドライバ特性の分析
谷 昌樹河中治樹小栗宏次愛知県立大
交差点出会い頭における事故リスクについての有効な指標はまだない.例えば同一車線上のみでしか評価できないPICUDや衝突対... [more] ITS2017-88
pp.41-46
ET 2018-03-03
16:05
高知 高知工科大学(永国寺キャンパス) インシデント対応におけるリスクアセスメント過程認識のための可視化・伝達を支援するシステムの開発と評価
山崎勇二後藤田 中米谷雄介林 敏浩八重樫理人最所圭三香川大
近年情報セキュリティインシデントによる被害拡大が問題になっており,インシデント発生後の被害を最小限に留める適切な対応が重... [more] ET2017-103
pp.83-88
CQ
(第二種研究会)
2018-01-18
14:50
東京 国立情報学研究所 支援的保護システム(Supporting Protective System; SPS)におけるリスク低減と作業効率に関する有効性の検証
北條理恵子労働安全衛生総研)・伊藤大貴松井克海日大)・濱島京子梅崎重夫労働安全衛生総研)・土屋政雄アドバンテッジ リスク マネジメント)・福田隆文長岡技科大)・高橋 聖日大)・清水尚憲労働安全衛生総研
ヒューマン・エラーや意図的な不安全行動等の残留リスクの低減及び労働者の安全の確保と作業負担の軽減は,安全管理面からも非常... [more]
 150件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会