お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 4件中 1~4件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS, SR, SRW
(併催)
2019-03-06
09:25
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク NOMAとOMAを同時に活用したユーザ要求に基づく無線リソース割り当て法に関する一検討
末永大明菅沼碩文前原文明早大RCS2018-283
2020年以降の実現を目指す第5世代移動通信システム(5G)では,飛躍的な大容量化が求められており,その一アプローチとし... [more] RCS2018-283
pp.7-11
MSS, SS
(共催)
2013-03-06
14:00
福岡 休暇村志賀島 ホームネットワークにおける個人適応型消費電力可視化サービス
渡邉雄一徳田啓介柗本真佑中村匡秀神戸大MSS2012-61 SS2012-61
消費電力の可視化は,人による自発的な省エネ行動を促す効果的な方法として知られている.現在,多くの
可視化システムが商品... [more]
MSS2012-61 SS2012-61
pp.13-18
SWIM 2008-03-14
16:00
東京 機械振興会館 事業戦略からのビジネス要求を情報システムに落とし込むための階層的な要求定義方法論
渡辺和宣マネジメント&ERPインテグレーションSWIM2007-28
階層型プロセス参照モデルを利用して,事業戦略を構造化してビジネス要求として定義,そして全てのユーザ要求を引き出して優先順... [more] SWIM2007-28
pp.27-32
NS, IN
(併催)
2007-03-08
11:30
沖縄 沖縄コンベンションセンター 成功率管理型探索法におけるユーザの探索要件を満たす探索パラメータの自動設定法
矢田真輝東工大)・菅原真司名工大)・吉原貴仁KDDI研)・山岡克式東工大IN2006-215
ノードが無記憶であるネットワークにおいて,成功率管理型探索法が提案されており,ユーザの探索要件に柔軟に対応可能であること... [more] IN2006-215
pp.207-212
 4件中 1~4件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会