お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 86件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MSS, NLP
(併催)
2020-03-09
13:55
愛知 やすらぎの宿 蒲郡荘
(開催中止,技報発行あり)
迷惑メールフィルタリングにおける未学習語利用の効果
中谷和哉天満誠也杉井 学松野浩嗣山口大MSS2019-59
機械学習を用いたメールフィルタリングは,学習に使用したメールに含まれている単語(既学習語)だけを用いて分類を行っている.... [more] MSS2019-59
pp.9-12
MSS, NLP
(併催)
2020-03-09
17:25
愛知 やすらぎの宿 蒲郡荘
(開催中止,技報発行あり)
迷惑メール分類のための辞書にない単語の特徴解析
天満誠也中谷和哉杉井 学松野浩嗣山口大MSS2019-60
テキストの下処理を改良することでフィルタリング性能の向上を試みた.下処理では,目的とする情報とは関係のないいわゆるノイズ... [more] MSS2019-60
pp.13-18
ICSS 2019-11-13
14:55
宮崎 MRTテラス(宮崎市) 悪性メールに含まれるURLのリダイレクト及びその地理的情報の調査
山崎慎治落合秀也江崎 浩東大ICSS2019-63
電子メールはインターネットの普及初期から現在に至るまでに,コンピュータを用いる通信手段として最も利用されるツールの一つと... [more] ICSS2019-63
pp.19-23
ISEC, SITE, ICSS, EMM, HWS, BioX
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2019-07-23
13:35
高知 高知工科大学 破滅的忘却を軽減するニューラルネットワークを用いたスパムフィルタの提案
川原秀一シン ルー稲葉宏幸京都工繊大ISEC2019-32 SITE2019-26 BioX2019-24 HWS2019-27 ICSS2019-30 EMM2019-35
スパムメールの傾向は年々変化している.近年の傾向として,海外のメールサーバーから送信されたスパムメールが増加しており,送... [more] ISEC2019-32 SITE2019-26 BioX2019-24 HWS2019-27 ICSS2019-30 EMM2019-35
pp.171-178
NLP, MSS
(併催)
2019-03-15
09:00
福井 福井大学 文京キャンパス Jaccard係数を用いた単語の共起度に基づくメールフィルタの提案
天満誠也杉井 学松野浩嗣山口大MSS2018-92
単語の共起によってメールフィルタリングを行う方法は,これまでにその有効性が示されている.本研究では,単語の共起度をJac... [more] MSS2018-92
pp.59-64
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2019-03-08
14:25
沖縄 NICT沖縄電磁波技術センター 標的型メールにおける誘導手口の考察
西川弘毅三菱電機/静岡大)・山本 匠三菱電機)・上原航汰静岡大)・河内清人三菱電機)・西垣正勝静岡大ICSS2018-91
本研究では,SNS情報から個人の性格を推定する性格検査AIと性格と心理操作テクニック(チャルディーニの法則)との間の相関... [more] ICSS2018-91
pp.191-196
MSS, NLP
(併催)
2018-03-13
09:15
大阪 大阪大学豊中キャンパス メールフィルタのためのテキストマイニングを用いた属性情報の探索
天満誠也杉井 学松野浩嗣山口大MSS2017-82
メール本文を用いたメールフィルタの多くは、メール本文中の単語そのものを用いている。本研究の目的は、単語そのものを用いるの... [more] MSS2017-82
pp.27-30
AI 2018-02-17
16:00
東京 東京大学 本郷キャンパス Innovators Marketplace on Data Jacketsを用いたオープンイノベーション ~ 一般社団法人日本DM協会における実用化事例 ~
宇井剛史トッパン・フォームズAI2017-32
一般社団法人日本ダイレクトメール協会データベースマーケティング委員会としての活動を報告する.近年の紙からデジタルへのシフ... [more] AI2017-32
pp.83-86
LOIS, ISEC, SITE
(共催)
2017-11-09
11:40
京都 京都産業大学むすびわざ館 社会的課題「安心・安全な電子メール利用環境の実現」のための三止揚・MELT-UPの試み
才所敏明辻井重男中大ISEC2017-54 SITE2017-36 LOIS2017-31
社会的課題解決(克服)における三止揚という考え方,三止揚を目指した社会的課題克服のための施策検討におけるMELT-UPと... [more] ISEC2017-54 SITE2017-36 LOIS2017-31
pp.33-40
SSS 2017-09-19
15:40
東京 機械振興会館 [招待講演]国民生活センターの商品テスト部の役割
松本浩司国民生活センターSSS2017-23
消費者から消費生活センターに寄せられた相談のうち、商品、役務でけがを負うなど事故情報も寄せられる。国民生活センター商品テ... [more] SSS2017-23
pp.17-20
IA, ICSS
(共催)
2017-06-08
14:50
高知 高知工科大学 永国寺キャンパス おとりを利用した無料サービスによるメールアドレスの漏洩調査に関する研究
橋田啓佑川北 将島 成佳NECIA2017-5 ICSS2017-5
近年、電子メールを利用したサイバー攻撃は社会的に大きな問題となっている。攻撃メールの送信先となるメールアドレスの収集につ... [more] IA2017-5 ICSS2017-5
pp.25-29
MSS 2017-03-16
16:50
島根 島根大学総合理工学部1号館情報棟1階情報科学講義室 ベイジアン方式メールフィルタリングにおける変換単語の属性情報探索
藤井 望杉井 学松野浩嗣山口大MSS2016-89
近年のスパムメールフィルタ研究は,ベイズ理論に基づく手法が主流である.その多くはメールに含まれる単語の出現頻度を利用する... [more] MSS2016-89
pp.43-48
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2017-03-03
15:40
沖縄 カルチャーリゾート フェストーネ (沖縄県宜野湾市) Struggling against New-Born Malwares Attached to Mails
Motoyuki OhmoriNaoki MiyataKiyoyuki NakashimaKenichi TakahashiTottori Univ.SITE2016-70 IA2016-100
We, Tottori University, have been experiencing targeted atta... [more] SITE2016-70 IA2016-100
pp.51-56
TL 2016-12-17
10:15
東京 早稲田大学 8 号館 303 / 304 / 305 号室 日本語のビジネスメールでの状況推測表現に対する受け手の解釈
平松友紀早大TL2016-42
本稿の目的は, 送り手により作成された日本語のビジネスメールのどのような表現において, 送り手と受け手間, また受け手... [more] TL2016-42
pp.31-36
ET 2016-11-18
15:45
静岡 プラザ ヴェルデ GPS,E-メール,クリック操作を用いた半自動出欠管理システム
加藤健太郎帯谷主馬佐藤壮真鶴岡高専ET2016-64
本研究ではGPS, E-メール, クリック操作を用いた半自動出欠管理システムを提案する.提案システムはクライアントとして... [more] ET2016-64
pp.53-56
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2016-03-03
12:40
京都 京都大学 学術情報メディアセンター 南館 自律学習能力を有する悪性スパムメール検出システム
小坂翔吾北園 淳小澤誠一神戸大)・班 涛中里純二NICT)・島村隼平クルウィットICSS2015-50
近年,悪性なWebページに受信者を誘導するスパムメールによる被害が深刻化している.本研究では,それらの悪性なスパムメール... [more] ICSS2015-50
pp.19-24
ICM, LOIS
(共催)
2016-01-21
16:45
福岡 福岡工業大学 [招待講演]最近の企業内情報を狙った標的型攻撃事例とNTTコミュニケーションズにおける情報セキュリティマネジメント
西部喜康伊藤 健大西真樹NTTコミュニケーションズICM2015-33 LOIS2015-55
近年、企業・団体においてマルウェアに起因した情報漏洩事案が後を絶たない。本稿では本年度6月に公表された、日本年金機構にお... [more] ICM2015-33 LOIS2015-55
pp.41-46
TL 2015-12-13
12:00
東京 早稲田大学 8 号館 303 / 304 / 305 号室 日本語の文章に対する評価の研究の今後の可能性 ~ メールの読み手の評価を対象として ~
菊池理紗実践女子大TL2015-49
本研究では,コミュニケーション教育の一環として,メールに対する「評価」を教育に取り入れることを目的とし,三つの研究課題を... [more] TL2015-49
pp.53-58
NC, MBE
(共催)
2015-03-16
14:00
東京 玉川大学 グレーSOMを用いたスパムメールフィルタリング
宮本直樹六井 淳島根大MBE2014-165 NC2014-116
近年のスパムメール増加に伴い、ハムメールかスパムメールかの識別は重要な課題となっている。判定の曖昧なメールデータはグレー... [more] MBE2014-165 NC2014-116
pp.271-276
ICSS 2015-03-04
14:05
沖縄 名桜大学(沖縄県名護市) ダミー文書表示に着目した標的型マルウェア検知手法
髙橋佑典吉川亮太吉岡克成松本 勉横浜国大ICSS2014-89
近年特定の組織を攻撃対象とした標的型攻撃が問題となっている.標的型攻撃を行なう攻撃者は,攻撃対象組織の関係者を装い,重要... [more] ICSS2014-89
pp.157-161
 86件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会