お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 15件中 1~15件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
AP
(第二種研究会)

海外 Hotel Istana, Kuala Lumpur Broadside Beam-forming Performance of Two-dimensional Rotman-lens Multi-beam Antenna using Step Radiating Elements on Multi-layer Substrate Integrated Waveguide
Shugo YamauchiKento YamadaKunio SakakibaraNobuyoshi KikumaNITech)・Kojiro IwasaTakeshi OkunagaAkira NakatsuPILLAR
第5世代移動通信(5G)やミリ波センシングにおいて,二次元指向性走査が必要とされている.本研究では,誘電体基板を重ねて多... [more]
RCS, AP
(併催)
2018-11-21
09:30
沖縄 沖縄産業支援センター 将来移動通信用ストリートセル形成に適した中利得クロスマルチビームアンテナの設計開発
大参未幸常川光一中部大AP2018-114
将来移動通信方式に適用する小型基地局アンテナとして中利得クロスビームアンテナ(CBA)を提案し、その設計開発と試作検討を... [more] AP2018-114
pp.71-75
AP, RCS
(併催)
2017-11-08
09:50
福岡 福岡大学 多層基板内フィンラインを用いたミリ波マルチビームアンテナ給電回路用4x4バトラーマトリックスの設計
水野悠太榊原久二男菊間信良名工大)・岩佐光次郎日本ピラー工業AP2017-109
ミリ波技術の実用化に伴い,広い範囲を高利得でカバーするマルチビームアンテナが注目されている.マルチビームを実現する方法の... [more] AP2017-109
pp.9-14
AP 2017-02-17
10:20
栃木 栃木県総合文化センター [依頼講演]マルチビームアンテナパターンを考慮したレイトレース法による伝搬解析
芳野真弓杉村独歩水村 慎日本電業工作)・恵比根佳雄ナスカAP2016-169
本稿では,小無線ゾーンにおける基地局アンテナ高によるマルチビームアンテナの効果について考察するために,レイトレース法によ... [more] AP2016-169
pp.71-76
SAT 2011-12-13
13:30
愛知 名古屋大学 Development of Optically Controlled Beam-Forming Network
Akira AkaishiTakashi TakahashiYoshiyuki FujinoMitsugu OhkawaToshio AsaiRyutaro SuzukiNICT)・Hirofumi MatsuzawaMitsubishi ElectricSAT2011-59
情報通信研究機構では将来のマルチビームアンテナの研究ために光制御ビーム形成回路の試験モデルを開発している。この光制御ビー... [more] SAT2011-59
pp.119-124
SAT 2010-10-28
14:50
海外 慶州(韓国) Optimum Amplifier Selection Method of Array Feed Element for Minimizing Power Consumption
Takayuki NakanishiKazunari KihiraTamotsu NishinoYoshihiko KonishiMitsubishi ElectricSAT2010-50
近年,100 ビーム級のマルチビームを用いた衛星通信システムが研究されている.マルチビーム衛星では柔軟な周波数割り当てや... [more] SAT2010-50
pp.45-50
AP 2009-12-17
09:30
東京 機械振興会館 衛星搭載マルチビームアンテナ一次放射器アレーの低消費電力化
中西孝行紀平一成西野 有森 一富小西善彦三菱電機AP2009-142
近年,100ビーム級のマルチビームを用いた衛星通信システムが研究されている.マルチビーム衛星では柔軟な周波数割り当てや効... [more] AP2009-142
pp.1-6
OPE, EMT, MW
(共催)
2009-07-30
13:50
北海道 旭川市民文化会館 空間光波長多重による光制御型マルチビーム形成回路
秋山智浩松沢博史酒井清秀平野嘉仁三菱電機MW2009-36 OPE2009-36
アレーアンテナへの励振位相分布を任意に形成可能で,大規模アレー化に適した方式として,空間光変調器を用いて,アンテナ各素子... [more] MW2009-36 OPE2009-36
pp.35-40
AP 2008-05-16
10:50
長崎 佐世保高専 クロスオーバーレベル可変による衛星マルチビームアンテナの検討
大嶺裕幸藪下 剛三菱電機AP2008-20
あらまし マルチビームアンテナの設計においては,サービスエリア内のビームエッジの利得(EOC:Edge of Cove... [more] AP2008-20
pp.53-58
AP 2008-01-23
14:50
沖縄 てぃるる(那覇) 100ビーム級マルチビームエッジカバレッジの高利得化検討
大嶺裕幸井上貴裕三菱電機AP2007-127
100ビーム級のマルチビームを想定し,同一周波数繰り返しが多い場合における,EOCの高利得化について示す.
通常,ビー... [more]
AP2007-127
pp.27-32
SR 2007-07-27
09:20
神奈川 YRP コグニティブ無線のための自律的基地局間ネットワーク装置の性能特性
今田諭志野原光夫樫木勘四郎竹内和則KDDI研SR2007-34
筆者らはコグニティブ無線のための自律的基地局間ネットワーク構築技術の研究を進めており,その一環としてネットワーク装置の試... [more] SR2007-34
pp.83-90
SR 2007-05-25
10:00
東京 電気通信大学 コグニティブ無線のための自律的基地局間ネットワーク装置の開発
野原光夫樫木勘四郎今田諭志竹内和則KDDI研SR2007-10
筆者らは,コグニティブ無線の研究開発の一環として,自律的基地局間ネットワーク構築技術の研究を進めている.本稿では,試作開... [more] SR2007-10
pp.53-60
SR 2007-05-25
10:25
東京 電気通信大学 コグニティブ無線における干渉源の伝搬路状態推定について
樫木勘四郎今田諭志野原光夫KDDI研)・○佐納由起子川村雅彦構造計画研SR2007-11
コグニティブ無線において干渉を回避するため,干渉源の情報がない場合にはその位置や干渉の程度を知る必要がある.著者らは,W... [more] SR2007-11
pp.61-66
RCS, MoNA, WBS, SR, MW
(併催)
2007-03-07
10:00
神奈川 YRP コグニティブ無線における干渉源の位置推定方式について
樫木勘四郎野原光夫KDDI)・佐納由紀子川村雅彦構造計画研SR2006-69
コグニティブ無線において干渉を回避するため,干渉源の情報がない場合にはその位置や干渉の程度を知る必要がある.本稿では,W... [more] SR2006-69
pp.19-24
AP, SAT
(併催)
2006-05-18
15:45
鹿児島 鹿児島大学 次世代移動体通信衛星搭載アンテナにおけるアンテナパタン変形補償法の提案と実験的検証
鈴木義規原田 聡NTT)・目黒 在JAXA)・上羽正純NTTSAT2006-6
次世代移動体衛星通信システムを小形の衛星にて大容量化を実現するため,超軽量20m級反射鏡と超軽量100ビーム級給電部の検... [more] SAT2006-6
pp.29-32
 15件中 1~15件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会