お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 118件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CS, IN, NS, NV
(併催)
2020-09-11
09:25
ONLINE オンライン開催 新陳代謝型ネットワークを実現するための仮想ネットワーク置換方式
田村 悠宮岡祐太村山純一東海大IN2020-24
将来の標的型攻撃は,ネットワークにマルウェアを感染させ,パケット転送経路を改ざんする恐れがある.このような攻撃への対策と... [more] IN2020-24
pp.13-18
CS, IN, NS, NV
(併催)
2020-09-11
09:50
ONLINE オンライン開催 新陳代謝型ネットワークを実現するための仮想エッジルータ置換方式
宮岡祐太田村 悠村山純一東海大IN2020-25
将来のサイバー攻撃では,マルウェアが標的ネットワークのパケット転送経路を改ざんする可能性がある.このような攻撃への対策と... [more] IN2020-25
pp.19-24
ISEC, IT, WBS
(共催)
2020-03-11
11:20
兵庫 兵庫県立大学 神戸情報科学キャンパス(神戸ポートアイランド) モバイルアプリケーションにおける不正プログラム検知への機械学習の適用
草間好輝武田圭史小林和真中村 修慶大)・李 明宰LINEIT2019-112 ISEC2019-108 WBS2019-61
本論文では, 学習モデル構築において特徴量としてAPK(Android application Package)に格納さ... [more] IT2019-112 ISEC2019-108 WBS2019-61
pp.151-157
NS, IN
(併催)
2020-03-05
11:00
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬 仮想ルータの逐次更新を実現するための動的経路情報の継承方式
田村 悠宮岡祐太村山純一東海大IN2019-93
今後の標的型攻撃では,ルータに感染したマルウェアプログラムがさまざまな問題を引き起こす可能性がある.そこで,我々はルータ... [more] IN2019-93
pp.103-108
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2020-03-02
14:30
沖縄 沖縄県青年会館 ランサムウェア感染時の復旧対策ツールの開発【続報】
古門良介神戸大)・池上雅人長谷川智久原田隆史木谷 浩キヤノンマーケティングジャパン)・森井昌克神戸大ICSS2019-77
ここ数年,ランサムウェアと呼ばれる,サーバやパソコンを含む端末デバイス上のデータを暗号化し,その復号鍵を質に,対価(身代... [more] ICSS2019-77
pp.55-60
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2020-03-02
15:40
沖縄 沖縄県青年会館 ダークネット観測における大規模スキャナの判定指標の提案
遠藤由紀子森 好樹NICT)・島村隼平クルウィット)・久保正樹NICTICSS2019-80
NICTER プロジェクトでは10年以上に渡り,ダークネット観測を行っている.2018年からは主に海外の脅威情報サービス... [more] ICSS2019-80
pp.73-78
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2020-03-02
16:00
沖縄 沖縄県青年会館 広域スキャンとダークネット観測に基づくIoTマルウェア感染状況の分析
森下 瞬小川航汰横浜国大)・原 悟史横浜国大/富士ソフト)・田辺瑠偉吉岡克成松本 勉横浜国大ICSS2019-81
Miraiに代表されるIoTマルウェアによるTelnetを狙った攻撃が続く一方,Telnetサービスが動作している機器は... [more] ICSS2019-81
pp.79-84
SS, MSS
(共催)
2020-01-15
10:55
広島 広島市立大学 サテライトキャンパス ボットネット防衛システムの提案と基本戦略について
山口真悟山口大MSS2019-52 SS2019-36
本稿では悪玉ボットネットからネットワークシステムを守る「ボットネット防衛システム(Botnet Defense Syst... [more] MSS2019-52 SS2019-36
pp.67-72
ICSS 2019-11-13
13:30
宮崎 MRTテラス(宮崎市) システムコールの時系列データの分析によるランサムウェアに感染した実行環境の正常化手法
平城裕隆落合秀也江崎 浩東大ICSS2019-60
今日,コンピュータの環境を安全に保つことは非常に重要な課題である.マルウェアの中でも,標的の ファイルに対してロッ... [more] ICSS2019-60
pp.1-5
ICSS 2019-11-13
14:20
宮崎 MRTテラス(宮崎市) 機械学習を用いたマルウェア検知システムに対する強化学習による敵対的サンプル生成の課題
高木聖也長谷川皓一山口由紀子嶋田 創名大ICSS2019-62
近年ではマルウェア検知研究への機械学習の応用が進んでおり,次々と現れる未知マルウェアに対する検知率を向上させるために利用... [more] ICSS2019-62
pp.13-18
ISEC, SITE, LOIS
(共催)
2019-11-02
15:00
大阪 大阪大学 吹田キャンパス 機械学習ベースのマルウェア検知モデルに対するロバスト性の考察
鄭 万嘉筑波大)・面 和成筑波大/NICTISEC2019-83 SITE2019-77 LOIS2019-42
2020年東京オリンピックが近づいている中,日本が攻撃者にサイバー攻撃対象として狙われる可能性が一段と高まっている.サイ... [more] ISEC2019-83 SITE2019-77 LOIS2019-42
pp.133-140
ISEC, SITE, ICSS, EMM, HWS, BioX
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2019-07-24
10:55
高知 高知工科大学 マルウェア検知システムにおけるブロックチェーンベースのマルウェア情報共有手法の検討
藤 竜成臼崎翔太郎油田健太郎山場久昭片山徹郎宮崎大)・朴 美娘神奈川工科大)・白鳥則郎中大)・岡崎直宣宮崎大ISEC2019-45 SITE2019-39 BioX2019-37 HWS2019-40 ICSS2019-43 EMM2019-48
マルウェアによる被害は,コンピュータだけでなく,インターネットを社会基盤とする現代において深刻な被害をもたらすため,その... [more] ISEC2019-45 SITE2019-39 BioX2019-37 HWS2019-40 ICSS2019-43 EMM2019-48
pp.293-298
IA, ICSS
(共催)
2019-06-07
10:55
宮城 東北大学 電気通信研究所 本館6階大会議室 LAN内のホストスキャンの検知と不審デバイスの隔離手法
徳備彩人落合秀也江崎 浩東大IA2019-7 ICSS2019-7
IoTデバイスは初期設定のまま放置され,ファームウェアの更新が行われていないなどの理由から,マルウェアの攻撃の対象になり... [more] IA2019-7 ICSS2019-7
pp.31-36
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2019-03-07
14:20
沖縄 NICT沖縄電磁波技術センター IoT機器を用いたマルウェア動的解析環境の構築方法の検討
熊 佳玉井達也田宮和樹横浜国大)・原 悟史横浜国大/富士ソフト)・田辺瑠偉藤田 彬吉岡克成松本 勉横浜国大ICSS2018-69
増加を続けるIoTマルウェアへの対策が進められているが,IoTマルウェアの動的解析手法はまだ十分に研究されていない.現状... [more] ICSS2018-69
pp.7-12
IN, NS
(併催)
2019-03-05
11:50
沖縄 沖縄コンベンションセンター 機械学習を用いたDNSクエリ/応答のログ解析による悪性端末検出手法の提案
仲宗根一成北口善明山岡克式東工大IN2018-129
ネットワーク内のマルウェア感染端末検出には,ブラックリストに基づくシグニチャ型の検出手法が一般的である.しかしマルウェア... [more] IN2018-129
pp.271-276
IA, IN
(併催)
2018-12-13
15:35
広島 広島大学 東千田未来創生センター ブラックリストにより検出された悪性DNSクエリの分類
佐藤彰洋中村 豊小倉光貴野林大起池永全志九工大IA2018-42
マルウェアはインターネットにおける重大な脅威のひとつである.ネットワーク内の感染端末を検出するためには,ブラックリストを... [more] IA2018-42
pp.17-22
ICSS 2018-11-21
13:00
鹿児島 宝山ホール(鹿児島) 遠方LAN監視システムの開発
松岡勝也水谷将也落合秀也江崎 浩東大ICSS2018-53
サイバー空間のセキュリティは国境を跨いだ問題である.攻撃者は,セキュリティ対策が十分に取られ ていない地域のネッ... [more] ICSS2018-53
pp.1-6
ICSS 2018-11-21
15:15
鹿児島 宝山ホール(鹿児島) ラベル情報を利用する敵対的生成モデルによるマルウェア解析手法の検討
古本啓祐伊沢亮一高橋健志井上大介NICTICSS2018-57
マルウェアを画像化する手法と深層学習を組み合わせた方式が数多く提案されている.これらの手法は,従来の人手による解析作業と... [more] ICSS2018-57
pp.25-30
ICSS 2018-11-22
14:20
鹿児島 宝山ホール(鹿児島) 第二報: CPUアーキテクチャを越えたIoTマルウェアの類似度計算法
伊沢亮一班 涛NICT)・吉岡克成横浜国大/NICT)・井上大介NICTICSS2018-66
我々は2018年6月のICSS研究会にて,異なるCPUアーキテクチャで動作するIoTマルウェア間の類似度を計算する手法を... [more] ICSS2018-66
pp.73-78
ICSS, IA
(共催)
2018-06-25
13:25
愛媛 愛媛大学 南加記念ホール CPUアーキテクチャを越えたIoTマルウェアの類似度計算法の提案
伊沢亮一班 涛NICT)・鉄 穎横浜国大)・吉岡克成横浜国大/NICT)・井上大介NICTIA2018-2 ICSS2018-2
WebカメラやホームルータなどのIoT機器に感染するマルウェアが世界中で猛威をふるっている.
これらのマルウェアは異な... [more]
IA2018-2 ICSS2018-2
pp.7-12
 118件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会