お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 46件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MBE, NC
(併催)
2020-12-18
14:15
ONLINE オンライン開催 in-vivoマウスを用いた頻回電気刺激に対する視覚野応答の解析
橘 和佳井本篤貴森定慶祐石川直裕Celine VergneTamas David Fehervari林田祐樹八木哲也阪大MBE2020-22
大脳皮質一次視覚野に微小電気刺激を与えた場合,二次視覚野をはじめ,高次の視覚野へと神経興奮が伝播していく様子が確認される... [more] MBE2020-22
pp.12-17
EMT, IEE-EMT
(連催)
2020-11-06
13:50
ONLINE オンライン開催 非拘束マウスの様々な状態を考慮した85kHz帯高強度磁界ばく露環境下のドシメトリ
金川宗嵩ワスンタラジャローン シリワット石綿ひとみ鈴木敬久和田圭二都立大)・大谷 真明治薬科大)・牛山 明国立保健医療科学院)・服部研之明治薬科大EMT2020-46
近年,電気自動車などの充電に無線電力伝送 (WPT) 技術の利用が拡大しており,生体への高強度磁界ばく露の可能性か... [more] EMT2020-46
pp.102-106
EST 2020-01-30
15:15
大分 別府国際コンベンションセンター(小会議室31) 時間干渉刺激によるマウスモデルの神経応答評価
浅井暁宏ゴメスタメス ホセ平田晃正名工大EST2019-88
近年,脳障害の医学的治療のために,脳表面部分の意図しない刺激を減らしながら,より深部の脳組織を非侵襲的に刺激することに関... [more] EST2019-88
pp.51-56
NC, MBE
(併催)
2019-03-05
15:00
東京 電気通信大学 マウス網膜神経節細胞のスパイク応答に含まれる時空間情報の解析
柏木雄毅山本晃司八木哲也林田祐樹阪大MBE2018-99
網膜に投影された外界像の情報は,網膜の出力段に位置する神経節細胞において,スパイクと呼ばれるデジタル的な電気信号へと符号... [more] MBE2018-99
pp.65-70
NC, MBE
(併催)
2018-10-19
15:15
宮城 東北大学 視覚刺激がマウスの歩行運動に及ぼす影響
大﨑大輝外川龍之介和田みなみ吉田侑冬中尾光之虫明 元片山統裕東北大NC2018-16
視野内の対象全体が一定方向に動いたとき,動物にはその動きに合わせて身体を同じ方向に動かそうとする反応が見られる(視運動性... [more] NC2018-16
pp.19-22
NC, MBE
(併催)
2018-10-20
14:15
宮城 東北大学 メチマゾール誘発一過性甲状腺機能低下症マウスの行動試験と安静時脳機能結合の解析
吉田侑冬内田竜生内田克哉井樋慶一中尾光之片山統裕東北大MBE2018-33
胎児および幼若期における甲状腺機能の低下は精神発達遅滞や運動機能低下を引き起こす.マウスにおいては成熟後の大脳皮質におけ... [more] MBE2018-33
pp.31-36
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2018-09-20
09:30
福岡 福岡工業大学 キー操作とマウス操作の動的バイオメトリクスを用いた継続認証アルゴリズムDPTMの提案
山田猛矢第一工大)・福元伸也鹿嶋雅之佐藤公則渡邊 睦鹿児島大PRMU2018-42 IBISML2018-19
現在のコンピュータは,ログイン時に一度だけ認証を行うものがほとんどであり,ログイン後の継続的な認証は行われていない.ログ... [more] PRMU2018-42 IBISML2018-19
pp.41-46
ET 2018-03-03
11:10
高知 高知工科大学(永国寺キャンパス) Web教材の品質管理のための学習ログ収集の機能強化と学習者の特徴分析
池田瑞穂関西学院大ET2017-121
Web教材の品質管理のためコンテンツを構造化し学習ログ情報として,Web教材を構成する画面閲覧時間や画面遷移情報などをリ... [more] ET2017-121
pp.189-192
MBE, NC
(併催)
2017-10-07
09:30
大阪 大阪電気通信大学 in-vivoマウス視覚野における微小電流刺激に誘発されるシナプス性興奮伝播のメカニズムに関する考察
森定慶祐柿市峻佑末松尚史林田祐樹八木哲也阪大MBE2017-41
大脳皮質一次視覚野に微小電気刺激を与えた場合,二次視覚野をはじめ,高次の視覚野へと神経興奮が伝播していく様子が確認される... [more] MBE2017-41
pp.1-6
MBE, NC
(併催)
2017-10-07
09:55
大阪 大阪電気通信大学 光刺激に対するマウス両脳視覚野における時空間的神経応答のイメージング解析
清藤園未二見成俊末松尚史林田祐樹八木哲也阪大MBE2017-42
哺乳類において,両眼視野内の視覚情報は,視交叉および外側膝状体を介して左右両方の大脳皮質視覚野へと伝達されるが,これに加... [more] MBE2017-42
pp.7-10
MBE, NC
(併催)
2017-10-07
10:20
大阪 大阪電気通信大学 背景光によるマウス網膜神経節細胞の光応答特性の変化
塩田憲史鳴戸夕貴柏木雄毅末松尚史八木哲也林田祐樹阪大MBE2017-43
近年,網膜神経回路に関する実験的研究の対象としてマウス網膜が注目され,明所視で働く錐体経路の出力細胞が示す光感度や光応答... [more] MBE2017-43
pp.11-16
WIT, ASJ-H
(共催)
2017-02-11
11:50
愛媛 愛媛大学城北地区キャンパス メディアホール(総合情報メディアセンター内) 重度肢体不自由者の操作特性に適合したマウス操作支援アプリケーションの開発
伊藤和幸中山 剛高本健吾国立障害者リハビリテーションセンターWIT2016-74
当研究所では筋ジストロフィー患者やウェルドニッヒ・ホフマン症患者等の重度肢体不自由者がPCを操作する際のマウス操作が困難... [more] WIT2016-74
pp.61-65
MBE, BioX, NC
(共催)
2016-10-22
10:55
大阪 大阪電気通信大学 膜電位応答イメージングによる皮質内微小電流刺激のパラメータの検討
野本知宏田中雄太林田祐樹八木哲也阪大BioX2016-21 MBE2016-35 NC2016-20
脳神経回路の構造を調べるために,摘出した脳の切片を試料とするin-vitro実験が行われてきた.その際,神経興奮を意図的... [more] BioX2016-21 MBE2016-35 NC2016-20
pp.25-30
ITS, IE
(共催)
ITE-AIT, ITE-HI, ITE-ME, ITE-MMS, ITE-CE
(共催)
(連催) [詳細]
2016-02-22
11:00
北海道 北海道大学 複数ボリュームデータを用いたマウスMR画像の超解像処理
岩本祐太郎韓 先花立命館大)・椎野顯彦滋賀医科大)・陳 延偉立命館大ITS2015-62 IE2015-104
本稿では三次元MR データの面内解像度が高解像度で面間解像度が低解像度の非等方性の低解像度データを直交方向(X,Y ,Z... [more] ITS2015-62 IE2015-104
pp.35-39
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2015-12-16
- 2015-12-18
富山 富山国際会議場 神経筋疾患患者向けマウス操作支援アプリケーションの開発
伊藤和幸中山 剛国立リハセンター
当研究所では神経筋疾患患者向けのマウス操作支援アプリケーションを開発している.神経筋疾患患者がパソコンを操作するにあたり... [more]
MBE, NC
(併催)
2015-11-21
16:35
宮城 東北大学 レバー操作行動学習のためのマウス用スパウトレバー装置の開発
高橋優斗片山統裕吉田侑冬中尾光之東北大MBE2015-62
スパウトレバー装置はラットのオペラント行動実験用に開発された装置である.この装置は可動レバーと水滴を供与するためのスパウ... [more] MBE2015-62
pp.49-52
MBE, BioX, NC
(共催)
2015-10-25
11:30
大阪 大阪電気通信大学 マウスの操作軌跡を用いた個人認証システムにおける機械学習による判定法に関する考察
板倉尭史・○喜多義弘東京工科大)・朴 美娘神奈川工科大)・岡崎直宣宮崎大BioX2015-29 MBE2015-40 NC2015-24
一般的なパソコン環境において、安価であり初心者でも比較的扱いやすいマウスの操作軌跡を用いた個人認証システムがいくつか報告... [more] BioX2015-29 MBE2015-40 NC2015-24
pp.43-46
MBE 2015-05-23
10:45
富山 富山県立大学 マイクロレンズアレイマーカを用いたポインティングシステム
塚田 章・○西尾 海富山高専)・田中秀幸産総研MBE2015-2
PCインタフェースであるマウスのポインティング機能の代用装置として,我々は高精度視覚マーカ(ArrayMark)を用いた... [more] MBE2015-2
pp.7-10
MBE 2015-05-23
11:10
富山 富山県立大学 視線検出とうなずき検出を用いたハンズフリーマウスの基礎的検討
小泉祐真塚田 章富山高専MBE2015-3
近年,コンピュータを操作する際のマウスの代替システムとして,視線検出を用いたポインティングシステムの開発が行われている.... [more] MBE2015-3
pp.11-14
NC, MBE
(共催)
2015-03-16
11:00
東京 玉川大学 皮質内微小電気刺激に対する神経興奮範囲の膜電位イメージング
田中雄太林田祐樹坂田侑弥八木哲也阪大MBE2014-118 NC2014-69
生体神経の組織試料を用いた生理学実験では,対象とする神経回路の機能的構造を調べる際に,組織内に刺入した電極からの細胞外電... [more] MBE2014-118 NC2014-69
pp.13-18
 46件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会