お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ET 2019-03-15
11:05
徳島 鳴門教育大学 プログラミング学習者を対象としたオブジェクト指向の概念獲得を支援するデジタルゲーム教材の提案
渡部皓介大橋裕太郎日本工大ET2018-88
本研究ではゲーミフィケーションの考え方に基づき,オブジェクト指向におけるクラスの考え方をロールプレイングゲーム(RPG)... [more] ET2018-88
pp.7-10
ET 2019-03-15
11:55
徳島 鳴門教育大学 プログラム動作理解を表出する課題における正答・誤答生成機能の開発
小西庸介信州大)・國宗永佳千葉工大)・山本 樹創価大)・新村正明信州大ET2018-90
我々は学習者のプログラムの基本的な概念および動作の理解状況を確認するために,その動作を表に記入させる形式の課題(トレース... [more] ET2018-90
pp.17-22
KBSE 2019-01-26
10:45
東京 国立情報学研究所 スマートフォン端末向けプログラミング学習環境におけるライブラリの構築
塚田克樹神林 靖日本工大KBSE2018-45
本稿はスマートフォン上で動作するライブラリが構築可能なプログラミング学習環境を提案する.本研究は,スマートフォンを所持し... [more] KBSE2018-45
pp.15-19
ET 2018-07-14
14:55
北海道 函館工業高等専門学校 ソースコード編集履歴に基づく学習状況推定のための機械学習モデルの開発
川口翔大佐藤克己学芸大)・中山祐貴早大)・中村勝一福島大)・宮寺庸造学芸大ET2018-27
プログラミング演習における学習状況推定には,学習者の試行錯誤の過程が反映されるソースコードの編集履 歴が重要... [more] ET2018-27
pp.47-52
ET 2017-12-02
13:00
石川 金沢工業大学 プログラム動作を表出する課題における入力支援機能の実装
小西庸介信州大)・國宗永佳千葉工大)・山本 樹創価大)・新村正明信州大ET2017-71
我々は学習者のプログラムの基本的な概念および動作の理解状況を確認するために,その動作を表に記入させる形式の課題(トレース... [more] ET2017-71
pp.17-20
ET 2017-11-11
14:50
東京 上智大学 プログラミングにおける段階的な課題系列の検討
古池謙人東本崇仁東京工芸大)・堀口知也神戸大)・平嶋 宗広島大ET2017-61
一般に,プログラミング学習において学習者に提示する課題の順番や粒度は教授者に任されている.しかし,課題が段階的に提示され... [more] ET2017-61
pp.47-52
ET 2016-07-09
11:50
宮城 東北学院大学 プログラミング学習における学習状況推定のためのソースコード編集履歴分析ツールの開発
石和田 圭森本康彦学芸大)・中村勝一福島大)・宮寺庸造学芸大ET2016-25
本研究では,プログラミング演習授業における,学習者のプログラミング過程に基づいた学習状況推定を目的とする.目的達成のアプ... [more] ET2016-25
pp.21-26
ET, IPSJ-CLE
(連催)
2016-05-21
10:40
長野 信州大学長野 (工学)キャンパス プログラムの動作理解を表出する課題形式の提案
湯沢航太國宗永佳新村正明信州大ET2016-2
プログラミングを学習する過程では,プログラムの動作についての正しいメンタルモデルを形成することが重要である.プログラムを... [more] ET2016-2
pp.49-52
ET 2015-07-04
14:40
北海道 北教大 札幌駅前サテライト Cプログラミング初学者のための穴埋め問題生成システムの実装
原 昂平閻 宇中野廣人知野広樹數馬武信Aiguo He会津大ET2015-29
本論文ではC言語初学者のために自動的に穴埋め問題を生成する自主学習システムを提案する。ユーザが問題を選択すると、システム... [more] ET2015-29
pp.37-42
ET 2014-10-18
16:55
石川 金沢大学(角間キャンパス) プログラミング学習の導入を支援するビジュアルプログラミング環境の開発と評価
大浦真暉國宗永佳信州大)・山本 樹尚美学園大)・新村正明信州大ET2014-51
著者らは初学者のプログラミング学習を支援することを目的として,ビジュアルプログラミングからテキストによるプログラミングへ... [more] ET2014-51
pp.73-78
ET 2014-07-05
15:00
秋田 秋田大学 プログラムを読むことによる学習の提案とその支援システムの設計
東本崇仁赤倉貴子東京理科大ET2014-26
プログラミング言語の学習においては,要求(問題文等)を実現するアルゴリズムの理解と,アルゴリズムをコードに変換するための... [more] ET2014-26
pp.23-26
ET 2013-11-22
11:20
福島 会津大学 学習履歴を活用した支援ツールのためのプログラミング学習基盤環境
大橋旭雄野崎 要伊藤雄貴森本康彦学芸大)・中村勝一福島大)・宮寺庸造学芸大ET2013-60
本研究では,プログラミング学習支援ツールが用いる多種多様な学習履歴の一元的な収集と,支援ツール間での共有性を考慮した管理... [more] ET2013-60
pp.15-20
SS, KBSE
(共催)
2013-07-26
10:00
北海道 北海道立道民活動センター [かでる2.7] 710会議室(7階) [奨励講演]C言語初学者向けツールC-Helperの予備評価
内田公太権藤克彦東工大SS2013-24 KBSE2013-24
本論文では著者らが開発したC-Helperを用いてC言語初学者を対象とした講習会,個人講習を行い,参加者から得たC-He... [more] SS2013-24 KBSE2013-24
pp.67-72
MSS, SS
(共催)
2013-03-06
17:20
福岡 休暇村志賀島 プログラミング学習における誤り訂正問題の自動生成方法の提案
蜂巣吉成吉田 敦南山大MSS2012-70 SS2012-70
プログラミング学習のための誤り訂正問題を自動生成する方法を提案する.
プログラムの誤り訂正問題はコードリーディングやデ... [more]
MSS2012-70 SS2012-70
pp.63-68
ET 2012-11-17
14:20
佐賀 佐賀大学(本庄キャンパス) プログラミング学習履歴分析のための系列パターンマイニング手法の開発
野崎 要森本康彦学芸大)・中村勝一福島大)・宮寺庸造学芸大ET2012-61
本研究は,プログラミング演習授業における学習プロセスに基づいた学習履歴分析支援の実現を目的とする.本稿では目的達成のため... [more] ET2012-61
pp.49-54
HCS 2011-08-27
10:20
京都 京都大学学術情報メディアセンター ペアプログラミング学習における会話と問題解決の関係
平井佑樹井上智雄筑波大HCS2011-38
プログラミングを行う方法の1つとして,2人1組になって行うペアプログラミングがある.ペアプログラミングによるプログラミン... [more] HCS2011-38
pp.61-66
ET 2010-11-26
10:00
東京 東京工業大学 プログラミング教育における学習者の状況に適応的な支援ツール選出システムの開発
山本耕大野崎 要森本康彦学芸大)・中村勝一福島大)・横山節雄宮寺庸造学芸大ET2010-50
本研究では,数多く開発されている既存のプログラミング教育支援ツールを,年間を通したプログラミング教育支援に有効に活用する... [more] ET2010-50
pp.7-12
TL 2008-11-15
11:00
東京 機械振興会館 タンジブル・ソフトウェア教育とそれに基づく初心者向きプログラミング言語学習法の提案
亀田弘之宮田孝二東京工科大)・久保村千明山野美容芸術短大)・中村太一東京工科大TL2008-37
新たなプログラミング言語教育方法の確立を目的として現在我々が推進中のタン
ジブル・ソフトウェア教育プロジェクトを紹介す... [more]
TL2008-37
pp.7-12
ET 2008-07-19
16:55
福島 福島大学 街なかブランチ エラー要因事例ベースの動的学習手法を導入したC言語教育システムの開発と基礎的評価
山本耕大春原将寿大金克紀学芸大)・中村勝一福島大)・横山節雄宮寺庸造学芸大ET2008-29
本研究では,C言語初学者のための教育支援環境を開発する.具体的には,まず事例ベース推論によるコンパイルエラーと論理エラー... [more] ET2008-29
pp.67-72
ET 2007-07-21
14:45
岩手 岩手県立大アイーナキャンパス プログラミング学習状況把握のためのハイブリッド学習環境の構築
大金克紀榎本真俊倉澤邦美学芸大)・中村勝一福島大)・横山節雄宮寺庸造学芸大ET2007-21
本研究では,プログラミング学習時に学習履歴を収集するハイブリッド型の学習環境の構築を行った.ここでのハイブリッドとは,大... [more] ET2007-21
pp.29-34
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会