お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 61件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
OFT 2020-10-08
10:50
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]均一空孔径グレーデッドインデックス型フォトニック結晶ファイバの設計およびファイバコリメータへの応用
吉原大智横田浩久今井 洋茨城大OFT2020-17
半径方向にα乗の等価屈折率分布を有するグレーデッドインデックス(GI)型フォトニック結晶ファイバ(PCF)は多モード光フ... [more] OFT2020-17
pp.33-36
OFT 2020-01-17
09:50
愛知 自然科学研究機構 岡崎コンファレンスセンター グレーデッドインデックス型フォトニック結晶ファイバを用いた温度・歪みセンサの理論検討
横田浩久井関柊斗今井 洋茨城大OFT2019-54
半径方向にα乗の空孔径分布を有するグレーデッドインデックス型フォトニック結晶ファイバ(GI-PCF)は,等価屈折率分布が... [more] OFT2019-54
pp.39-42
EST 2018-09-06
13:55
沖縄 久米島イーフ情報プラザ(沖縄県久米島町) 正方格子フォトニック結晶ファイバを用いた偏光変換素子に関する検討
張 沢君神奈川大)・辻 寧英室蘭工大)・江口真史千歳科技大)・陳 春平神奈川大EST2018-46
本研究では,ダブルホールユニットを有する正方格子フォトニック結晶ファイバ(PCF) を用いた偏波変換素子(PC) を提案... [more] EST2018-46
pp.23-26
EST, MW, OPE, MWP, EMT
(共催)
IEE-EMT, THz
(連催) [詳細]
2018-07-20
11:10
北海道 洞爺観光ホテル 単一偏波EC-CHFを用いたテーパ型偏波分離素子に関する研究
河村真吾辻 寧英室蘭工大EMT2018-37 MW2018-52 OPE2018-40 EST2018-35 MWP2018-36
楕円空孔コア円形空孔ホーリーファイバ (EC-CHFs) の単一偏波特性を利用したクロストークフリーな偏波分離素子 (P... [more] EMT2018-37 MW2018-52 OPE2018-40 EST2018-35 MWP2018-36
pp.165-169
OFT 2017-10-13
09:55
高知 高知県立県民文化ホール 曲げ損失を用いた可変フォトニック結晶ファイバ光減衰器
横田浩久佐野智彦今井 洋茨城大OFT2017-43
近年,波長多重伝送の多チャンネル化により光ファイバ中を伝搬する光パワーが高くなってきており,光減衰器の重要性が高まってき... [more] OFT2017-43
pp.23-26
OFT 2017-01-20
13:55
東京 機械振興会館(東京) ファイバ長許容誤差に優れたコリメータ用GI型フォトニック結晶ファイバの設計
横田浩久若林美月樋口恵一今井 洋茨城大OFT2016-37
半径方向にα乗の空孔径分布を有するGI型フォトニック結晶ファイバ(GI-PCF)は,空孔を有するクラッドも含めた領域がG... [more] OFT2016-37
pp.11-14
LQE, OPE, OCS
(共催)
2016-10-27
16:00
宮崎 宮崎市民プラザ(宮崎) Numerical Examination of Nonlinearity in the Core of Square Lattice Photonic Crystal Fiber
Ibrahima Djenabou BarryMitsuhiro YokotaUniv. of MiyazakiOCS2016-43 OPE2016-84 LQE2016-59
(事前公開アブストラクト) As light travels in the core of a square latti... [more] OCS2016-43 OPE2016-84 LQE2016-59
pp.49-53
EMCJ, MW, EST
(共催)
IEE-EMC
(連催) [詳細]
2015-10-22
09:50
宮城 東北大学 片平キャンパス さくらホール 異方的な空孔格子を用いた単一偏波PCFによる偏波分離素子の検討
市川和輝張 沢君辻 寧英室蘭工大)・江口真史千歳科技大EMCJ2015-61 MW2015-100 EST2015-71
本論文では,異方的な空孔格子を持つ単一偏波フォトニック結晶ファイバ(PCF) を用いた偏波分離素子の
設計と偏波分離素... [more]
EMCJ2015-61 MW2015-100 EST2015-71
pp.11-16
LQE, LSJ
(共催)
2014-05-23
10:35
福井 福井大学文京キャンパス 可視域超高速分光を目指した1μm帯超短パルス光源の開発
千葉雄平東京農工大)・高田英行鳥塚健二産総研)・三沢和彦東京農工大LQE2014-10
現在、超高速分光の分野では主にチタンサファイアレーザーが超短パルス光源として使われている。しかしこの光源を用いる場合、分... [more] LQE2014-10
pp.43-47
MWP, EMT, PN, LQE, OPE, EST
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2014-01-24
14:00
京都 同志社大学(烏丸キャンパス) フォトニック結晶ファイバを用いた近赤外帯域全光強度リミッタの検討
村川卓弥永尾龍介小西 毅阪大PN2013-76 OPE2013-190 LQE2013-176 EST2013-125 MWP2013-96
近赤外帯域における光パルスのピークパワーの揺らぎ安定化を目的として,近赤外帯域全光強度リミッタの検討を行った.近赤外帯域... [more] PN2013-76 OPE2013-190 LQE2013-176 EST2013-125 MWP2013-96
pp.273-276
OPE
(共催)
OFT, OCS
(併催) [詳細]
2013-02-28
16:50
東京 機械振興会館 [招待講演]超大容量化に向けたモード多重技術の検討
坂本泰志半澤信智森 崇嘉NTT)・齊藤晋聖北大)・山本貴司NTT)・小柴正則北大)・山本文彦NTTOCS2012-104 OFT2012-76 OPE2012-194
数モードファイバを用いたモード多重伝送システムは、伝送容量を飛躍的に拡大できると期待されており、近年研究が盛んに行われて... [more] OCS2012-104 OFT2012-76 OPE2012-194
pp.39-44
OPE
(共催)
OFT, OCS
(併催) [詳細]
2013-03-01
15:15
東京 機械振興会館 ブラッグファイバの断面楕円化による複屈折特性の解析
谷口宏樹左貝潤一立命館大OCS2012-112 OFT2012-88 OPE2012-206
本稿ではブラッグファイバの断面楕円化によって起こる、HE11モードに対する複屈折の解析を行う。楕円化を断面真円のブラッグ... [more] OCS2012-112 OFT2012-88 OPE2012-206
pp.81-86(OCS), pp.101-106(OFT), pp.101-106(OPE)
OFT 2013-01-25
09:00
徳島 アスティとくしま(徳島) 空孔径制御を用いた偏波保持フォトニック結晶ファイバ光減衰器の作製
横田浩久井上直哉小林脩人今井 洋茨城大OFT2012-62
空孔径制御により作製されたフォトニック結晶ファイバ光減衰器は,減衰量の波長依存性が小さく,耐パワー性に優れている.本稿で... [more] OFT2012-62
pp.51-54
ITE-BCT, IEE-CMN
(連催)
OFT, OCS
(併催) [詳細]
2012-11-22
09:50
熊本 市民会館崇城大学ホール(熊本) 広波長域モード分割多重伝送に向けた数モードフォトニック結晶ファイバの検討
森 崇嘉坂本泰志和田雅樹山本貴司馬 麟半澤信智辻川恭三山本文彦NTTOCS2012-82
近年,光ファイバ伝送の大容量化に向けて,モード多重伝送の検討がなされており,様々な伝送用マルチモードファイバが提案されて... [more] OCS2012-82
pp.53-58
OPE, OFT
(共催)
2012-03-02
14:50
東京 機械振興会館 ブラッグファイバにおける接続損失の解析
中村祐介左貝潤一立命館大OFT2011-81 OPE2011-207
本稿ではブラッグファイバにおける軸ずれと角度ずれによる接続損失の解析を、TEモードに対して行う。同一構造の接続を対象とし... [more] OFT2011-81 OPE2011-207
pp.41-46
OFT 2011-10-20
13:00
長野 信州大学 上田キャンパス 空孔型光ファイバの散乱損失特性
辻川恭三冨田 茂NTTOFT2011-31
フォトニック結晶ファイバ(PCF)や空孔アシスト光ファイバ(HAF)などの空孔型光ファイバにおいては、空孔表面の凹凸に起... [more] OFT2011-31
pp.1-6
CPM, OPE, LQE, EMD
(共催)
2011-08-25
10:30
北海道 北海道大学 創成科学研究棟 5階 大会議室 CARS分光のためのPCFを用いた単一ビーム光源の実験と解析
夛田量宏唐澤直樹千歳科技大EMD2011-31 CPM2011-75 OPE2011-66 LQE2011-29
本研究ではコヒーレントアンチストークスラマン散乱(CARS)分光に用いられるポンプ光とストークス光を単一のフォトニック結... [more] EMD2011-31 CPM2011-75 OPE2011-66 LQE2011-29
pp.7-10
OFT, OPE
(共催)
2011-03-04
09:10
東京 機械振興会館 多層分割法を用いたブラッグファイバの曲げ電磁界解析
梅本直幸左貝潤一立命館大OFT2010-63 OPE2010-167
本稿ではブラッグファイバの曲げ電磁界について定式化と数値解析例を示す。曲げ電磁界はその曲げ損失を求める上で重要である。等... [more] OFT2010-63 OPE2010-167
pp.1-6
ITE-BCT, IEE-CMN
(連催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2010-11-18
14:15
大阪 SEI 生駒セミナーハウス Multiple resonant coupling mechanism for higher-order-modes' suppression in all-solid photonic bandgap fibers with heterostructured cladding
Tadashi MuraoKunimasa SaitohMasanori KoshibaHokkaido Univ.OFT2010-41
In this work, we propose a novel mechanism for suppression o... [more] OFT2010-41
pp.15-19
OFT 2010-10-25
14:00
埼玉 日本工業大学 PCFを用いた1.0μm帯スーパーコンティニウム光発生および多波長光源への応用
森 崇嘉山本貴司黒河賢二冨田 茂NTTOFT2010-32
我々はフォトニック結晶ファイバ(PCF)を用いた1.0 μm 帯光通信の検討を行っている.PCFは1.0 μm帯において... [more] OFT2010-32
pp.21-24
 61件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会