電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 251件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
OCS, LQE, OPE
(共催)
2019-10-17
15:35
鹿児島 サンプラザ天文館(鹿児島) [若手招待講演]モバイルフロントホール向け高品質アナログ信号伝送技術
石村昇太KDDI総合研究所OCS2019-36 OPE2019-74 LQE2019-52
本招待論文では、 IFoF Intermediate Frequency over Fiber )を用いた、将来のモバイ... [more] OCS2019-36 OPE2019-74 LQE2019-52
pp.49-52
MIKA
(第二種研究会)
2019-10-04
10:15
北海道 北海道大学 [ポスター講演]ライスフェージング環境下でのMU-MIMO通信におけるブロック最大SNR法の特性解析
小川純平菊間信良榊原久二男名工大
MU-MIMO (Multi-User Multiple Input and Multiple Output) の下りリ... [more]
MW, AP
(併催)
2019-09-20
09:55
神奈川 JAXA (相模原) 32×32 MIMO・AOA複合アンテナのリアクタンス装荷による測角精度改善OTA実験
生川菜々小川晃一富山大AP2019-74
本論文では,ライスフェージング環境下における32×32 MIMO・AOA複合アンテナの測角精度改善を,フェージングエミュ... [more] AP2019-74
pp.25-30
RCS 2019-06-21
10:10
沖縄 宮古島 平良港ターミナルビル 伝送路予測多重遅延検波を用いた差動トレリス符号化変調
久保哲朗高橋拓也久保博嗣立命館大RCS2019-86
本報告では,高速時変伝送路下において良好な追随特性と受信感度を両立する通信方式について論じる.
移動に伴う高速フェージ... [more]
RCS2019-86
pp.285-290
SANE, SAT
(併催)
2019-02-13
14:25
鹿児島 JAXA種子島宇宙センター 空港面において大地反射フェージングを低減する基地局アンテナ構成の実験的検証
長縄潤一森岡和行宮崎則彦呂 暁東河村暁子米本成人住谷泰人電子航法研SANE2018-112
AeroMACS (Aeronautical Mobile Airport Communications System)... [more] SANE2018-112
pp.13-18
WPT, AP
(併催)
2019-01-18
10:30
愛知 トヨタ博物館 空間相関のあるフェージング環境におけるマッシブMIMOの情報伝送能力について[II] ~ 仲上・ライスフェージングの場合 ~
唐沢好男 AP2018-159
前稿において、空間相関のあるレイリーフェージング環境におけるマッシブMIMOの情報伝送能力を調べ、ある種のマルチストリー... [more] AP2018-159
pp.45-50
RCS, NS
(併催)
2018-12-21
15:45
広島 尾道市民会館 上り回線非直交多元接続(NOMA)における周波数領域送信等化を用いるシングルキャリア伝送の一検討
真山健大秋元浩平亀田 卓末松憲治東北大RCS2018-239
本稿では,シングルキャリア周波数分割多重 (SC-FDM: Single Carrier Frequency Divis... [more] RCS2018-239
pp.119-124
RCS, AP
(併催)
2018-11-21
14:20
沖縄 沖縄産業支援センター 平均IQ値判定法を用いたライス伝搬環境下における円形配列位相モノパルスAOAアンテナの測角精度OTA実験
岩本大史生川菜々本田和博小川晃一富山大AP2018-123
本論文では,ライスフェージング環境下における円形配列位相モノパルス到来波方向推定アンテナの測角精度を,フェージングエミュ... [more] AP2018-123
pp.125-130
ASN, SRW
(併催)
2018-11-05
13:00
東京 東京電機大学 東京千住キャンパス [技術展示]Lab内での無線伝搬評価方法と評価環境の構築
有田朋子宇佐見雄彦アンリツ)・チン ギルバード・シー天野健二構造計画研)・大橋健二アンリツASN2018-62 SRW2018-27
LTEに代表される無線通信ではフィールドにおいてフェージングが掛かった無線伝搬環境が発生しています.この環境下の無線機通... [more] ASN2018-62 SRW2018-27
pp.47-54(ASN), pp.23-30(SRW)
SR 2018-10-30
10:30
海外 Mandarin Hotel, Bangkok, Thailand [ポスター講演]上り回線非直交多元接続(NOMA)における周波数領域等化を適用したシングルキャリア伝送
真山健大秋元浩平亀田 卓末松憲治東北大SR2018-63
本稿では,周波数領域等化を用いるシングルキャリア伝送 (SC-FDE: single-carrier frequency... [more] SR2018-63
pp.11-12
ASN, NS, RCS, SR, RCC
(併催)
2018-07-13
16:40
北海道 函館アリーナ MU-MIMO-OFDM THPのオーダリング削減法へのレベル交差に基づく遅延スプレッド推定法の適用効果に関する一検討
新保薫子菅沼碩文前原文明早大RCS2018-129
広帯域移動通信では,マルチパスに起因する周波数選択性フェージングが伝送特性に大きな影響を与える
ことから,周波数選択性... [more]
RCS2018-129
pp.249-254
RCS 2018-06-21
13:20
長崎 長崎大学 予測形多重遅延検波を用いた高速鉄道用マルチキャリア空間波列車無線
高橋拓也下村和輝久保博嗣立命館大RCS2018-57
本報告では,空間波無線を前提とした高速鉄道向けの列車無線に関して論じる.列車無線では,(1)少ない周波数資源によるシステ... [more] RCS2018-57
pp.131-136
RCS 2018-06-22
10:10
長崎 長崎大学 フェージング環境下における1024-QAMおよび4096-QAMを用いたOFDM伝送のBER特性
田 儒驍大塚裕幸工学院大RCS2018-67
将来の移動通信システムに向けて,伝送速度の高速化が求められている.限られた帯域幅のもとで高速化を実現する一つの技術として... [more] RCS2018-67
pp.191-194
SAT, WBS
(併催)
2018-05-25
10:30
鹿児島 鹿児島大学 レベル交差を用いた周波数選択性及び時間選択性の推定法に関する一検討
新保薫子菅沼碩文前原文明早大WBS2018-4
広帯域移動通信では,マルチパスに起因する周波数選択性と端末移動性に起因する時間選択性の度合いが伝送特性に大きな影響を与え... [more] WBS2018-4
pp.19-24
CS, CAS
(共催)
2018-03-13
15:30
福岡 九州大学 西新プラザ フェージング環境下におけるポーラ符号の演算量削減について
伊藤雅秋髙畑文雄早大CAS2017-158 CS2017-112
フェージング環境下におけるポーラ符号の特性改善アルゴリズムが提案されているが,全符号ブロックに適用することによる演算量の... [more] CAS2017-158 CS2017-112
pp.139-144
WBS, IT, ISEC
(共催)
2018-03-09
16:35
東京 東京理科大(葛飾キャンパス) フェージング通信路における変形擬直交M系列対を用いるROD-WSNの誤り率特性
大川智広羽渕裕真茨城大)・橋浦康一郎秋田県立大IT2017-152 ISEC2017-140 WBS2017-133
オンデマンド型ワイヤレスセンサネットワーク(WSN) において、ウェイクアップ信号を受け取ったノードは全てウェイクアップ... [more] IT2017-152 ISEC2017-140 WBS2017-133
pp.293-297
RCS, SR, SRW
(併催)
2018-02-28
10:50
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク 高速時変伝送路のための伝送路予測形差動時空符号の比較
久保博嗣森 俊樹村山陽寛山岸拓真湯本菜々瀬立命館大RCS2017-330
本報告では,高速時変伝送路に有効な伝送路予測を用いた差動時空符号 (DSTC) の得失に関して論じる.伝送路特性とデータ... [more] RCS2017-330
pp.75-80
RCS, SR, SRW
(併催)
2018-02-28
11:10
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク 高速時変伝送路に有効な2重判定帰還多重遅延検波を用いた2重差動符号化
森 俊樹久保博嗣立命館大RCS2017-331
本報告では,高速時変伝送路に有効な伝送路予測形判定帰還多重遅延検波 (DFMDD) を用いた 2重差動符号化 (DDE)... [more] RCS2017-331
pp.81-86
RCS, SR, SRW
(併催)
2018-02-28
16:50
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク 電波伝搬的視点からのディジタル伝送特性解析
唐沢好男 RCS2017-341
筆者らは、マルチパス環境での情報伝送限界を探ることを目的とし、時間・周波数領域での二重選択性フェージング環境における情報... [more] RCS2017-341
pp.137-142
RCS, SR, SRW
(併催)
2018-02-28
17:30
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク 電離層シンチレーションの影響下における信号強度の時間的変動予測に関する研究
大河内志彦吉井一駿嶋本 薫早大RCS2017-343
近年スマートフォンやインターネットなどといった情報伝達手段が格段に進歩している中、大規模震災時や海外渡航先でのテロといっ... [more] RCS2017-343
pp.149-154
 251件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会