お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 23件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
DC, SS
(共催)
2019-10-24
16:25
熊本 熊本大学 PPM圧縮における畳み込み符号を用いた誤り訂正手法
阿部 巧北神正人千葉大SS2019-20 DC2019-48
PPM圧縮は現在最も圧縮率が高い圧縮手法の1つである.提案当時は計算コストが大きすぎるという問題があったが近年のコンピュ... [more] SS2019-20 DC2019-48
pp.43-46
RCS 2019-06-19
16:25
沖縄 宮古島 平良港ターミナルビル CRC連接Polar符号に基づくマルチレベル符号化変調の設計に関する一検討
矢島佑輝落合秀樹横浜国大RCS2019-60
Polar符号は,符号長無限大において漸近的に通信路容量を達成する優れた特性をもち,さらに巡回冗長検査(CRC)符号を連... [more] RCS2019-60
pp.137-142
IT 2018-07-19
14:05
奈良 やまと会議室 系列依存性通信路におけるビタビ復号の誤り率の厳密解析
富塚 将岩永 陸岡 育生阿多信吾阪市大IT2018-13
本稿では,系列依存性通信路におけるビタビ復号の誤り率の厳密な解析法を提案する.提案手法では,正しい状態と誤り状態を誤り重... [more] IT2018-13
pp.5-10
RCS 2017-06-22
10:10
沖縄 石垣商工会館 リアルタイム通信応用に適した短符号長のブロック符号に関する一検討
阿部隆一落合秀樹横浜国大RCS2017-64
リード・マラー符号は符号構造をトレリスで表現することが容易な線形ブロック符号の一つであり,ビタビ復号を用いて最尤復号を行... [more] RCS2017-64
pp.85-90
RCS, IT, SIP
(共催)
2016-01-19
11:25
大阪 関西学院大学(大阪梅田) フェージング変動に追従するスキャッタードパイロットの適応的配置法の特性評価
横山拓郎高畑文雄早大IT2015-87 SIP2015-101 RCS2015-319
本稿では,スキャッタードパイロットに基づく伝搬路推定・補償をベースとする双方向判定帰還型伝搬路推定法において,ビタビ復号... [more] IT2015-87 SIP2015-101 RCS2015-319
pp.213-218
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2015-06-05
09:30
宮城 東北大学 TDMRのためのマルチ入出力ビタビ復号器の性能評価
近藤宰吉仲村泰明大沢 寿岡本好弘愛媛大)・金井 靖新潟工科大)・村岡裕明東北大MR2015-6
シングル磁気記録(SMR : shingled magnetic recording)と二次元信号処理を組み合わせた二次... [more] MR2015-6
pp.37-41
RCS, SR, SRW
(併催)
2014-03-05
10:55
東京 早稲田大学 フェージング環境に適応するスキャッタードパイロット双方向判定帰還型伝搬路推定法に関する検討
炭谷 翔高畑文雄早大RCS2013-378
スキャッタードパイロットにより周波数方向と時間方向の伝搬路を推定する符号化OFDM伝送に双方向判定帰還型伝搬路推定を適用... [more] RCS2013-378
pp.437-442
IT 2013-07-26
16:35
東京 早稲田大学 西早稲田キャンパス 受信フレーム毎の信頼度に基づく尤度計算を用いたGeneralized Hybrid ARQ方式
和田致知中村 誠鳥井秀幸神奈川工科大IT2013-31
Generalized Hybrid ARQ方式はType-II Hybrid ARQ方式に比べ,良好なスループットを得... [more] IT2013-31
pp.101-105
SR 2013-01-25
14:30
長野 信州大 ヘテロジニアス型コグニティブ無線を適用した公共用移動通信システムのビタビ復号特性改善方策
森山雅文藤井威生電通大SR2012-84
大ゾーンを利用する公共用移動通信システムのスポット的な圏外エリアを補完し信頼性を向上させるため,本稿は,携帯電話システム... [more] SR2012-84
pp.79-86
IT, ISEC, WBS
(共催)
2012-03-01
15:45
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 ビタビアルゴリズムを用いた送信機の位置推定及び送信情報の誤り率特性
原田康平森島 佑岡 育生阿多信吾阪市大IT2011-60 ISEC2011-87 WBS2011-61
空間伝搬光通信の追尾システムでは4分割検出器 (QD, Quadrant Detector) が用いられるが,QDは信号... [more] IT2011-60 ISEC2011-87 WBS2011-61
pp.91-94
NS, RCS
(併催)
2011-12-15
10:00
山口 山口大学 流星バースト通信に適した判定帰還型逐次キャリア同期法の提案
小松原慶祐椋本介士和田忠浩石橋功至静岡大RCS2011-234
筆者らは,流星バースト通信に適したARQ方式としてシンボル単位の再送を実現する Go-Back-i symbol(GBi... [more] RCS2011-234
pp.11-16
RECONF 2011-09-27
13:20
愛知 名古屋大学(NCES) ダイナミックリコンフィギャラブルシステムSTPエンジンを用いた適応型Viterbi復号器の設計と実装
岸本有玄戸井崇雄宮島敬明天野英晴慶大RECONF2011-38
畳み込み符号の復号方法であるViterbiアルゴリズムをハードウェア上で実装する際に、拘束長や復号精度の変化などの複数の... [more] RECONF2011-38
pp.93-98
RCS, NS
(併催)
2011-07-22
16:25
北海道 旭川市民文化会館 流星バースト通信のための判定帰還型同期復調法に関する一検討
永田伸介椋本介士・○和田忠浩石橋功至静岡大RCS2011-107
流星バースト通信では, 通信路の開閉は確率的であり, 受信信号電力が時間とともに指数減衰する. 同期検波を行う場合, 通... [more] RCS2011-107
pp.193-198
SIP, CAS, CS
(共催)
2010-03-02
13:45
沖縄 宮古島 ブリーズベイマリーナ [ポスター講演]FSK変調向け軟判定ビタビ復号回路の設計
野島大輔長尾勇平黒崎正行尾知 博九工大)・石川 晶深川秀午多比良明弘九州テンCAS2009-132 SIP2009-177 CS2009-127
軟判定ビタビ復号は,誤り訂正の精度を高めるために信頼性の情報であるLLR (Log Likelihood Ratio)を... [more] CAS2009-132 SIP2009-177 CS2009-127
pp.261-262
IT 2010-01-08
11:15
海外 ハワイ大学 パルス状干渉を考慮したビタビ復号の効果
森島 佑岡 育生阿多信吾阪市大IT2009-63
近年の電波需要の増加に対し利用可能な周波数帯は限られたものであり, 802.11無線LANやBluetoothなどの複数... [more] IT2009-63
pp.65-70
IT 2009-05-29
15:45
東京 機械振興会館 パルス状干渉波に整合するビタビ復号
森島 佑岡 育生阿多信吾阪市大IT2009-4
近年の電波需要の増加に伴い,2.4GHz 帯などでは 802.11 無線 LAN や Bluetooth などの複数の無... [more] IT2009-4
pp.19-23
AP, RCS
(併催)
2008-11-21
11:10
石川 金沢工業大学 軟判定を用いた畳み込み・消失リードソロモン連接符号の繰り返し復号法による性能向上に関する検討
平安名常寛平良文紀レンソー和田知久琉球大RCS2008-149
日本の地上波向けデジタル放送サービス(ISDB-T) 規格で、”畳み込み・リードソロモン連接符号”が用いられている。その... [more] RCS2008-149
pp.113-118
SR, RCS, USN, AN
(併催)
2008-10-22
15:35
沖縄 沖縄産業支援センター 畳み込み・リードソロモン連接符号の繰り返し復号法による性能向上に関する検討
平良文紀レンソー平安名常寛和田知久琉球大RCS2008-110
日本の地上波向けデジタル放送サービス(ISDB-T)規格で、“畳み込み・リードソロモン連接符号”が用いられている。その連... [more] RCS2008-110
pp.43-48
RCS, AN, MoNA, SR, WBS
(併催)
2008-03-07
11:00
神奈川 YRP ミリ波モバイルカメラ用軟判定MIMO-OFDM復調方式と演算量削減の検討
鈴木慎一中川孝之池田哲臣NHK)・古田浩之NHKエンジニアリングサービスRCS2007-236
筆者らは、スタジオ用のハイビジョンワイヤレスカメラ「ミリ波モバイルカメラ」の開発を進めている。この開発では特に途切れない... [more] RCS2007-236
pp.299-304
ISEC, IT, WBS
(共催)
2008-02-29
15:45
東京 電気通信大学 BSCからなる2分木ネットワークにおける軟判定ビタビ復号の誤り率解析
谷 真治岡 育生阿多信吾橋本 賢阪市大IT2007-72 ISEC2007-169 WBS2007-103
ワイヤレスセンサーネットワークにおける通信の信頼性向上のため,ネットワー
クにおける符号化や経路ダイバーシチなどが注目... [more]
IT2007-72 ISEC2007-169 WBS2007-103
pp.153-157
 23件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会