電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 5件中 1~5件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
R 2013-10-18
13:30
福岡 kyutechプラザ PoP:予測値を用いた予測
廣瀬英雄作村建紀・○小柳祐貴九工大R2013-64
時間とともに増加していく感染症の患者数や機器の故障数などが観測されている途中で最終的な総数を予測したい.これには,打ち切... [more] R2013-64
pp.1-6
R 2012-10-19
15:50
福岡 九州工業大学 早期観測データによる故障パラメータの推定値に関する考察
河野 翼廣瀬英雄九工大R2012-59
パンデミックによる感染モデル,故障モデルとして用いられる確率分布に対して,パンデミック初期,あるいは故障がはじまって間も... [more] R2012-59
pp.29-32
R 2010-10-29
14:05
鹿児島 第一工業大学(霧島市) 感染病拡大予測と最近の実例
廣瀬英雄松隈和広河野 翼作村建紀九工大R2010-27
疫病感染拡大予測モデルとして、微分方程式法によるSIRモデルや統計的なtruncatedモデルを採用し、SARS、新型イ... [more] R2010-27
pp.15-20
R 2008-10-17
15:50
福岡 九州工業大学 SEIRモデルとMASモデルによるパンデミックシミュレーションの整合性
豊坂祐樹藤尾光彦廣瀬英雄九工大R2008-33
感染病蔓延の予測モデルには常微分方程式によるSEIRモデルとMAS(マルチエージェントシミュレーション)がある.SEIR... [more] R2008-33
pp.33-38
R 2006-10-20
14:50
福岡 九州大学 疫病感染リスク解析
豊坂祐樹藤尾光彦廣瀬英雄九工大
21世紀人類が直面する恐れのあるパンデミックインフルエンザ,あるいはテロ行為による疫病感染拡散などに対してその社会的影響... [more] R2006-29
pp.13-17
 5件中 1~5件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会