お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 29件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SANE 2022-05-24
16:25
神奈川 三菱電機株式会社 情報技術総合研究所
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ガウスビームで近似したモノパルスレーダのアンテナパターン
小林弘一波動システム研)・風間茂穂綜合電子SANE2022-13
モノパルスレーダは,単一送信パルスによる反射エコーから空間角度の誤差信号を得る高速追尾用のレーダ方式である.反射信号を左... [more] SANE2022-13
pp.67-72
SIP, BioX, IE, MI, ITE-IST, ITE-ME
(連催) [詳細]
2022-05-19
09:20
熊本 熊本大学工学部黒髪キャンパス南地区
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Discrete Prolate Spheroidal Sequencesを用いた位相変調パルスレーダのための系列設計
實松 豊東工大SIP2022-2 BioX2022-2 IE2022-2 MI2022-2
本稿では,パルス方式のレーダーにおいて,アンビギュイティ関数の原点以外の関数値の絶対値ができるだけ小さくなるような信号の... [more] SIP2022-2 BioX2022-2 IE2022-2 MI2022-2
pp.7-12
SANE 2020-08-28
14:25
ONLINE オンライン開催 回転レーダによる高分解能方位測定 ~ パルスレーダとFM-CWレーダの出力処理結果 ~
瀨在俊浩JAXASANE2020-24
筆者はビーム走査アンテナによる高分解能電波情報計測方法を考案した。筆者他は回転アンテナを備えた電波受信装置で取得した出力... [more] SANE2020-24
pp.19-23
RCS 2018-10-19
15:35
東京 機械振興会館 マイクロ波聴覚効果を応用した無線通信におけるデュアルビームの活用
小池 誠小池誠マイクロ波研RCS2018-176
マイクロ波聴覚効果を応用した無線通信,即ち,テレパシー通信では,音声信号でパルス変調された電磁波ビームを受信者の頭部に照... [more] RCS2018-176
pp.137-142
SANE 2017-05-22
11:50
東京 機械振興会館 FMCWレーダにおける不要波信号処理手法によるS/N特性評価
中澤勇夫通信放送国際研)・磯 彰夫アイソ・スペースネット・リサーチSANE2017-6
FMCWレーダは、パルスレーダ或いはパルス圧縮レーダに比べて機器構成が簡素な事、検出ではContinuous Wave ... [more] SANE2017-6
pp.29-33
SANE 2017-01-27
13:50
長崎 長崎県美術館 PCHPRF方式79GHzミリ波レーダー実験用試作機の開発
芝 隆司渡辺優人石井雅博秋田 学稲葉敬之電通大SANE2016-113
UWB パルス方式レーダーの探知距離及び覆域の拡大のため,PCHPRF(Phase Coded High Pulse R... [more] SANE2016-113
pp.99-104
SANE 2016-04-22
10:20
東京 機械振興会館 クロスアイ妨害技術とその研究開発動向に関する調査報告
小林正明AOC日本支部SANE2016-2
オンボード妨害であるにも係わらず,妨害源の位置があたかもオフボードであるかの如き電波を発射するクロスアイ妨害は,実際にオ... [more] SANE2016-2
pp.7-11
SAT, SANE
(併催)
2016-02-17
11:45
広島 広島工業大学 デシメーション処理に基づくレンジウォーク補償の検討
藤原正浩東海林慶一鈴木潤一郎東芝SANE2015-115
パルスレーダ装置を用いてレンジ方向に高速移動する目標を探知する際,目標のレンジウォークによって積分利得が低下し,探知性能... [more] SANE2015-115
pp.47-52
ITS, IPSJ-ITS, IEE-ITS
(連催)
2015-08-24
16:25
北海道 稚内北星学園大学 パルスレーダと加速度計測を用いた移動体測位・追尾法
佐保賢志馬杉正男立命館大ITS2015-8
パルスレーダによる移動体の測位・追尾について,レーダと計測対象が有する加速度センサが通信可能な場合を想定し,両センサのデ... [more] ITS2015-8
pp.63-66
AP, SAT
(併催)
2013-07-24
09:55
北海道 サン・リフレ函館 圧縮センシング法に基づく散乱体検出に関する検討
草野 薫小川恭孝西村寿彦大鐘武雄北大AP2013-54
レーダは,アンテナから電波を放射し,散乱体で散乱した電波を観測することにより,そこまでの距離や方向を検出する装置である.... [more] AP2013-54
pp.43-48
SAT, SANE
(併催)
2012-02-17
10:55
三重 三重大学 単一アンテナによる多重散乱波を利用した任意運動目標のUWBレーダイメージング
伊神皓生阪本卓也佐藤 亨京大SANE2011-165
照明条件依存や立体推定困難といった,光学カメラの弱点を補完する屋内監視システムの構築に,UWB (Ultra Wide-... [more] SANE2011-165
pp.29-34
SANE 2011-12-16
13:40
埼玉 日本工業大学 アンテナパターンを利用した潮位・津波観測
林 昌奎東大SANE2011-133
パルスレーダが計測するレーダ照射方向の散乱強度分布を利用する潮位・津波の観測方法,およびレーダによる2011年3月11日... [more] SANE2011-133
pp.37-40
MW 2011-06-23
13:30
岐阜 核融合科学研究所 60GHz帯NRDガイドパルスレーダを用いた速度検知の検討
一瀬健人黒木太司呉高専)・米山 務東北工大MW2011-31
60GHz帯NRDガイドパルスレーダに用いる速度検知信号処理回路を検討した。主に留意した点は、以前作成した距離検知信号処... [more] MW2011-31
pp.1-4
SANE 2010-12-17
14:15
埼玉 日本工業大学 少数アンテナを用いた三次元運動目標UWBレーダイメージング
松木優治阪本卓也佐藤 亨京大SANE2010-134
高精度なセキュリティシステムの構築に, UWB(Ultra Wide-Band) パルスレーダを用いた画像化技術が有望視... [more] SANE2010-134
pp.43-48
WBS 2009-10-16
13:00
大阪 大阪市立大学 文化交流センター [ポスター講演]搬送波漏洩を抑圧したKa帯UWBレーダの開発
圓光寺弘基西出剛彦橋本夏樹小林岳彦東京電機大WBS2009-30
Ka帯UWB短距離レーダの放射電力は,平均EIRP(等価等方放射電力)のスペクトルマスクおよび尖頭電力で規制されている.... [more] WBS2009-30
pp.31-36
SANE 2009-04-23
16:25
沖縄 NICT沖縄 目標の運動を利用した少数アンテナによる高精度UWBレーダイメージング
松木優治阪本卓也佐藤 亨京大SANE2009-4
新たな監視システムの構築に,UWB(Ultra Wide-Band)パルスレーダを用いた画像化技術が
有望視されている... [more]
SANE2009-4
pp.19-24
SANE 2007-12-21
14:20
埼玉 日本工業大学 月着陸機搭載用C帯パルスレーダの速度測定におけるドップラ周波数への地形の影響に関する検討
佐藤哲平東京理科大)・岸本健児明大)・坂井智彦福田盛介水野貴秀JAXASANE2007-98
分散誤差100m以下のピンポイント着陸を行う月や惑星への科学観測ミッションでは,着陸システムとして高精度な水平方向速度の... [more] SANE2007-98
pp.19-24
SANE 2007-08-31
13:55
新潟 新潟大 [口頭発表]月面へのピンポイント着陸ミッションのためのC帯パルスレーダ開発 ~ 着陸レーダBBMの開発状況 ~
佐藤哲平東京理科大)・坂井智彦福田盛介水野貴秀JAXA
着陸機を使った月や惑星への科学観測ミッションでは,着陸システムに対して分散誤
差100m以下のピンポイント着陸技術が要... [more]

AP, SAT
(併催)
2007-07-19
13:20
北海道 第一滝本館(登別) 広帯域対せき形フェルミアンテナを用いた散乱導体のリアルタイム位置推定
小野康博佐藤弘康澤谷邦男東北大AP2007-52
近年,計測の分野において,広帯域の周波数を用いるパルスレーダが期待されている.
広帯域の周波数を用いてリアルタイムに物... [more]
AP2007-52
pp.59-64
AP 2007-05-18
13:00
高知 高知工科大 UWBパルスレーダのための線形アレイアンテナを用いた高速・高解像度立体像推定法の実験的検討
木寺正平可児祐介阪本卓也佐藤 亨京大AP2007-24
UWBパルスレーダによる画像化手法は高い距離分解能を有し,アンテナ鏡面等の
空間精密計測や室内ロボットの環境計測に有用... [more]
AP2007-24
pp.63-68
 29件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会