お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 17件中 1~17件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CQ, CS
(併催)
2011-04-21
10:25
鹿児島 屋久島環境文化村センター ISP向け低コストトラヒック分類手法の提案
後藤崇行佐々木 力立花篤男阿野茂浩KDDI研CQ2011-1
ISPにおいて,プロトコル毎のトラヒック量を監視することは,効率的なトラヒックエンジニアリングやネットワーク設計のために... [more] CQ2011-1
pp.1-4
CS, CQ
(併催)
2010-04-26
11:15
青森 奥入瀬渓流ホテル(会場と宿泊パックのご案内) 大規模品質計測システムの実装評価
山崎康広下西英之NECCQ2010-4
パケットサンプリング技術を用いたフロー品質計測システムの推定精度・スケーラビリティを評価した結果について報告する.近年,... [more] CQ2010-4
pp.19-24
NS, IN
(併催)
2010-03-05
11:00
宮崎 宮崎シーガイア 時間周期的パケットサンプリングによる教師無しアンサンブル異常検出手法
縄田秀一内田真人九工大)・Yu GuNEC研アメリカ)・鶴 正人尾家祐二九工大IN2009-198
本研究では,正常時のトラヒックパターンを表す基準モデルを,正常/異常パケットの分類がなされてないトラヒックデータ(教師無... [more] IN2009-198
pp.325-330
CQ, NS, ICM
(併催)
2009-11-12
14:30
石川 金沢工業大学 ハイブリッドサンプリングを用いたフローサイズ分布推定に関する検討
後藤崇行佐々木 力長谷川輝之阿野茂浩KDDI研NS2009-104
近年,ネットワークを流れるトラヒック量が年々増加してきており,迅速な解析を目的としたサンプリングの必要性が高まってきてい... [more] NS2009-104
pp.7-10
NS, IN
(併催)
2008-03-06
10:30
沖縄 万国津梁館(沖縄) 高パケットレートフローのオンライン検出手法
工藤隆則滝根哲哉阪大IN2007-165
DDoS攻撃などに起因する高パケットレートフローをスケーラビリティを確保しつつオンラインで検出する手法を提案する.本手法... [more] IN2007-165
pp.37-42
ICM 2007-05-11
08:50
高知 高知工科大学 異なる間隔を用いたパケットサンプリングにおける差分情報のモデル化
磯崎裕臣阿多信吾岡 育生阪市大
高速回線においてすべてのトラヒックを収集し、その統計情報を得ること
は、必要とされる資源量や収集オーバーヘッドなどの問... [more]

NS, IN
(併催)
2007-03-08
11:30
沖縄 沖縄コンベンションセンター サンプルフロー情報を用いた異常トラヒック検出法の検出精度評価
川原亮一石橋圭介森 達哉上山憲昭原田薫明NTT)・浅野正一郎NIIIN2006-202
著者らはこれまでに,ネットワークスキャンやSYN floodingのような小さなフローを大量生成する異常トラヒックはパケ... [more] IN2006-202
pp.131-136
NS, IN
(併催)
2007-03-09
15:40
沖縄 沖縄コンベンションセンター サンプリングに基づくフローサイズ分布推定法
橋本英憲巳波弘佳関西学院大)・内田真人九工大IN2006-265
ネットワークにおけるトラフィック状況を把握する技術として,リンク速度の高速化に対してスケーラブルなパケットサンプリングが... [more] IN2006-265
pp.507-512
CS, CQ
(併催)
2006-04-18
11:15
秋田 秋田大学 長時間帯域占有フローに対応したQoS制御方式とその評価
川原亮一森 達哉阿部威郎NTTCQ2006-15
本稿では,長時間帯域占有トラヒックを生成するフローを適切に制御し,レスポンス時間に敏感なwebのような小さいサイズのフロ... [more] CQ2006-15
pp.69-74
IN 2005-12-16
13:35
広島 広島市立大学 トラヒック計測におけるタイムアウト処理に関する検討
上山憲昭森 達哉川原亮一NTT
フローを対象としたトラヒック計測においては,通常,管理すべきフロー数を抑える目的からパケットサンプリングが用いられる.こ... [more] IN2005-126
pp.97-102
ICM, NS, CQ
(併催)
2005-11-17
15:50
島根 くにびきメッセ(松江市) サンプルパケット情報を用いたTCP品質劣化検出のためのフローレート推定法
川原亮一森 達哉石橋圭介上山憲昭阿部威郎NTT
サンプルパケット情報を用いたTCPフローレート推定法について述べる.TCPヘッダ内のシーケンス番号を用いることにより,高... [more] NS2005-114 CQ2005-68 TM2005-29
pp.19-24(NS), pp.7-12(CQ), pp.7-12(TM)
IN 2005-07-15
16:20
北海道 北海道大学 高レートフロー特定方式の特定精度向上に関する検討
上山憲昭森 達哉NTT
筆者は以前,パケットサンプリングによって得られる情報から高レートフローを特定する方式,Short timeout法を提案... [more] IN2005-57
pp.167-172
NS 2005-04-22
09:15
愛知 南山大学 瀬戸キャンパス パケットサンプリングによる高レートフロー特定方式の性能評価
上山憲昭NTT
インターネットでは,UDPフローや悪意のあるユーザが生成するTCPフロー,RTTが小さいTCPフローといったフローは高レ... [more] NS2005-12
pp.1-4
ICM 2005-03-10
11:15
沖縄 石垣市民会館 パケットサンプリングによるTCPフロー統計情報推定法とその評価
川原亮一森 達哉石橋圭介上山憲昭阿部威郎NTT
回線速度の高速化に対してスケーラブルなトラヒック測定を可能とする技術としてパケットサンプリングが注目されている.本稿では... [more] TM2004-100
pp.19-24
NS, IN
(共催)
2005-03-04
09:00
沖縄 残波岬ロイヤルホテル(沖縄) サンプリング情報を用いた高レートフロー特定方式の特性分析
上山憲昭NTT
インターネットでは,ルータにおいてフローを識別することなく単一のFIFOによりパケットが出力されるため,フロー間で消費さ... [more] NS2004-245 IN2004-245
pp.11-16
LOIS, IN, ICM
(共催)
2005-01-20
15:10
福岡 福岡工業大学 サンプリング情報を用いた高レートフローの特定化
上山憲昭NTT
インターネットでは,ルータにおいてフローを識別することなく単一のFIFOによりパケットが出力されるため,フロー間で消費さ... [more] IN2004-148 TM2004-71 OIS2004-69
pp.25-30
IN 2004-07-15
15:20
北海道 はこだて未来大学 周期的にサンプルしたパケットからエレファントフローを特定する方法
森 達哉内田真人川原亮一NTT)・後藤滋樹早大
比較的流量の多いインターネット回線では,極めて多数のパケットから構成される少数のフロー(エレファントフロー)が全体のトラ... [more] IN2004-32
pp.31-38
 17件中 1~17件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会