お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, IN
(併催)
2017-03-03
14:50
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル 自律分散型インターネットセキュリティ基盤とその攻撃遮断法
君山博之江口 健堤 智昭佐野 香八槇博史上野洋一郎米﨑直樹佐々木良一小林 浩東京電機大NS2016-251
Internetに接続された装置(サーバ,PC,IoT機器など)へのサイバー攻撃が後を絶たない.最近のDDoS攻撃におい... [more] NS2016-251
pp.541-546
DC 2016-06-20
15:15
東京 機械振興会館 テスト容易化機能的時間展開モデル生成のためのテスト容易化バインディング法
佐藤 護細川利典増田哲也西間木 淳日大)・藤原秀雄阪学院大DC2016-14
データパスを対象とした効率的なテスト生成手法として,テスト容易化機能的時間展開モデルを用いたテスト生成法が提案されている... [more] DC2016-14
pp.25-30
IA 2016-01-29
15:45
東京 機械振興会館 B3 研修2号室 MLBルータを用いた通信相手限定によるマルウェア汚染IoTの無害化
山本優人川下壮周田中伸吾八槇博史小林 浩東京電機大IA2015-86
IoT機器や社会インフラのセキュリティ対策が急務となっている.通信相手を限定する双方向ホワイトリストは,マルウェア感染リ... [more] IA2015-86
pp.43-48
LOIS, ISEC, SITE
(共催)
2015-11-06
16:20
神奈川 神奈川大学 1号館804会議室 自律分散型インターネットセキュリティ基盤の実現性検討
小林 浩八槇博史上野洋一郎佐野 香佐々木良一東京電機大ISEC2015-46 SITE2015-33 LOIS2015-40
年々過激化・巧妙化するサイバー攻撃が,大きな脅威になっている.これまでの自分を守るセキュリティでは限界がある.攻撃や不正... [more] ISEC2015-46 SITE2015-33 LOIS2015-40
pp.67-74
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2015-07-23
16:50
北海道 札幌市教育文化会館 データバインディングを利用したRIA UI設計のモデル検査
岩塚卓弥大島剛志榎本俊文NTTSS2015-28 KBSE2015-21
RIA はクライアントサイドスクリプトによる Web ページの部分的な書き換えによって,高い使用性を実 現している.一方... [more] SS2015-28 KBSE2015-21
pp.137-142
ICSS 2015-03-03
13:50
沖縄 名桜大学(沖縄県名護市) マルチレイヤ・バインディング(MLB)ルータによるサイバー攻撃対策技術 ~ 廃棄要請プロトコル(DRP)の提案とOpenFlowを用いた実装評価 ~
江口 健長友勝太横山裕士佐野 香八槇博史上野洋一郎小林 浩東京電機大ICSS2014-65
近年のサイバー攻撃はこれまでの「自分を守る」セキュリティ技術では防ぐことは難しく,「インターネット全体での取り組み」が必... [more] ICSS2014-65
pp.13-18
DC 2015-02-13
14:55
東京 機械振興会館 階層テスト容易化高位合成におけるスケジューリングの一手法
西間木 淳細川利典日大)・藤原秀雄阪学院大DC2014-84
著者らは先に,コントロールデータフローグラフを利用した階層テストにおいて,階層テスト可能演算器数を増加させるための階層テ... [more] DC2014-84
pp.37-42
IA 2014-09-12
10:00
東京 東工大蔵前会館 マルチレイヤ・バインディング・ルータによるサイバー攻撃対策の提案
小林 浩八槇博史末廣友貴上野洋一郎佐野 香佐々木良一東京電機大IA2014-14
サイバー攻撃パケットのインターネットへの流出/流入を阻止するマルチレイヤ・バインディング(MLB)ルータを提案する.ポイ... [more] IA2014-14
pp.1-6
DC 2014-06-20
16:00
東京 機械振興会館 テスト環境生成結果を用いた階層テスト容易化バインディング法
西間木 淳細川利典日大)・藤原秀雄阪学院大DC2014-16
効率的な順序回路テスト生成法として機能レジスタ転送レベルの回路情報を利用した階層テスト生成法が提案されている.機能レジス... [more] DC2014-16
pp.39-44
CPSY, RECONF, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2014-01-29
14:10
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス 不定サイクル演算に対応した分散制御における動的演算バインディング
山下真司石浦菜岐佐関西学院大VLD2013-128 CPSY2013-99 RECONF2013-82
オペランドや実行時の状況によって実行サイクル数が変動する不定サイクル演算器を含む回路を効率的に制御するための分散制御方式... [more] VLD2013-128 CPSY2013-99 RECONF2013-82
pp.155-160
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2012-11-27
13:25
福岡 九州大学百年講堂 耐過渡故障データパス合成における演算器バインディングのためのヒューリスティックアルゴリズム
中祖達也大窪涼子岩垣 剛市原英行井上智生広島市大VLD2012-84 DC2012-50
LSIの高集積化,高速化,利用範囲の複雑化などの背景を受けて,放射線衝突が原因でLSI内部に発生する一時故障が問題となっ... [more] VLD2012-84 DC2012-50
pp.147-152
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2010-11-29
14:50
福岡 九州大学医学部百年講堂 マルチサイクル故障に耐性を持つデータパスのためのバインディング法
邊見勇登吉川祐樹市原英行井上智生広島市大VLD2010-60 DC2010-27
近年,VLSI の高機能化,高集積化に伴い,放射線衝突によるソフトエラーの発生が懸念されている.特に近年の微細化と高速動... [more] VLD2010-60 DC2010-27
pp.25-30
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2010-12-01
11:25
福岡 九州大学医学部百年講堂 動作記述を用いた順序テスト生成およびテスト容易化バインディング
井上諒一藤原浩顕細川利典日大)・藤原秀雄奈良先端大VLD2010-76 DC2010-43
順序回路に対して多くのテスト生成アルゴリズムが提案されているが,組合せ回路に対するテスト生成と比べ困難な問題であり,現実... [more] VLD2010-76 DC2010-43
pp.143-148
HIP 2010-11-14
13:10
長崎 長崎総合科学大学 [招待講演]視覚認識における注意を要しない特徴統合過程
野口泰基神戸大HIP2010-75
あらゆる視覚刺激は形や色・運動方向などの特徴(feature)の組み合わせから成っており、それらの特徴を統合することによ... [more] HIP2010-75
pp.73-74
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2009-12-02
14:45
高知 高知市文化プラザ LSIのデータ通信消費電力を削減するリソースバインディング手法
世渡秀和・○伊藤和人埼玉大VLD2009-45 DC2009-32
LSI チップ上のモジュール間データ通信に伴う電力消費は、モジュールの配置だけでなくモジュール間のデータ通信状況にも依存... [more] VLD2009-45 DC2009-32
pp.25-30
SDM 2009-11-13
15:50
東京 機械振興会館 構造緩和したSiO2中のSiクラスタへのタイトバイディング計算の適用
川端研二市川尚志渡辺浩志東芝SDM2009-150
昨今の微細化の進展により、デバイスサイズはナノオーダーに突入しつつあり、これまで見過ごされてきた微細化極限物性的な問題が... [more] SDM2009-150
pp.85-90
DC 2009-02-16
15:45
東京 機械振興会館 RTLパス数最小化のためのリソースバインディング法
植本雄一大竹哲史井上美智子藤原秀雄奈良先端大DC2008-77
VLSI回路中の微小遅延を検出するテスト手法としてパス遅延故障テストがあるが,回路中の全パス数が膨大であるなど実用上の問... [more] DC2008-77
pp.55-60
VLD, IPSJ-SLDM
(共催)
2008-05-08
15:50
兵庫 神戸大学 マルチプレクサの削減を目的としたバインディング改善手法
小玉 翔松永裕介九大
リソース共有型の動作合成では,バインディングの結果としてレジスタや演算器の入力側に必要に応じてマルチプレクサが挿入される... [more] VLD2008-4
pp.19-24
NS, IN
(併催)
2008-03-07
15:20
沖縄 万国津梁館(沖縄) 動的サービスバインディング機構を用いたマルチベンダホームネットワークシステムの一実現手法
福岡佑介西岡隆司奈良先端大)・中村匡秀井垣 宏神戸大)・松本健一奈良先端大IN2007-208
本稿では,複数のベンダのネットワーク家電を収容可能なホームネットワークシステム(HNS)を構築する手法を提案する.まず,... [more] IN2007-208
pp.295-300
RECONF, CPSY, VLD, IPSJ-SLDM
(共催)
2008-01-17
09:40
神奈川 慶應義塾大学日吉キャンパス FPGA向け動作合成のためのメモリバインディングとスケジューリングアルゴリズムについて
佐川由己貞方 毅松永裕介九大VLD2007-120 CPSY2007-63 RECONF2007-66
FPGA(Field Programmable Gate Array) ではメモリのサイズや数、ポート数が決っている。そ... [more] VLD2007-120 CPSY2007-63 RECONF2007-66
pp.13-18
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会