お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MVE, IE, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2017-03-07
11:25
福岡 九州大学大橋キャンパス 5号館 遠隔ロボットシステムにおけるバイラテラル制御の安定化
黄 平国東京理科大)・三好孝典豊橋技科大)・○石橋 豊名工大CQ2016-125
本報告では, 利用者がビデオを見ながら触覚インタフェース装置を用いて, 力覚センサを有する遠隔の産業用ロボットを操作する... [more] CQ2016-125
pp.93-98
CQ 2015-09-01
09:50
京都 京都工芸繊維大学 力覚を用いたバイラテラル遠隔ロボット制御におけるネットワーク遅延が運筆に及ぼす影響
鈴木一弥前田慶博石橋 豊福嶋慶繁名工大CQ2015-42
本報告では, 触覚インタフェース装置を用いて, 遠隔の産業用ロボットを制御する, バイラテラル遠隔ロボット制御において,... [more] CQ2015-42
pp.13-18
HIP 2015-03-02
13:00
北海道 札幌市立大学 札幌駅前 サテライトキャンパス データ駆動型制御を用いたむだ時間を有するバイラテラル制御系の一設計法
矢代大祐三重大HIP2014-79
マスタロボットとスレーブロボットを用いるバイラテラル制御が遠隔操作の分野で注目されているが,マスタ・スレーブ間の通信遅延... [more] HIP2014-79
pp.1-6
HIP 2015-03-03
09:55
北海道 札幌市立大学 札幌駅前 サテライトキャンパス 1自由度飛行ロボットの速度・バイラテラル切り替え制御
遠山大輔矢代大祐弓場井一裕駒田 諭三重大HIP2014-90
本論文ではマスタシステムに1自由度リニアモータ,スレーブシステムに1自由度飛行ロボットを用いた速度・バイラテラル切り替え... [more] HIP2014-90
pp.57-62
MVE, IE, WIT, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2013-03-11
15:00
福岡 福岡工業大学 触覚伝送における客観品質評価法の提案
鈴木 希桂 誠一郎慶大CQ2012-85
近年,視覚情報や聴覚情報に続き触覚情報の伝送を目的とする研究が盛んに行われている.これまで触覚伝送の分野では,システムの... [more] CQ2012-85
pp.9-14
MVE, IE, WIT, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2013-03-11
15:25
福岡 福岡工業大学 通信制約下での視触覚通信のための画像処理
矢代大祐市川陽介弓場井一裕駒田 諭平井淳之三重大CQ2012-86
遠隔地にある未知物体の硬さをリアルタイムに再現可能な視触覚通信システムを提案する.物体の硬さを再現するためには視覚データ... [more] CQ2012-86
pp.15-20
CQ
(ワークショップ)
2012-11-02 東京 東京工業大学 大岡山キャンパス 東工大蔵前会館 触覚伝送におけるQoE評価
鈴木 希桂 誠一郎慶大
近年,視覚情報や聴覚情報に続き触覚情報の伝送を目的とする研究が盛んに行われている.触覚情報を遠隔地へ伝送するためには,ネ... [more]
USN, CQ, MoNA
(併催)
2008-01-25
11:20
静岡 浜松アクトシティ研修交流センター [技術展示]モバイル環境における触力覚伝送技術
林 宏樹高畑 実NTTドコモ)・名取賢二下野誠通大西公平慶大MoMuC2007-86 USN2007-79
触力覚の双方向伝送における課題の1つとして,通信遅延が変動するネットワーク上での安定制御があげられる.そこで,我々は通信... [more] MoMuC2007-86 USN2007-79
pp.87-88(MoMuC), pp.103-104(USN)
RECONF 2005-12-01
15:50
福岡 北九州国際会議場 リコンフィギャラブルデバイスを用いたバイラテラル鉗子ロボット用制御器の実装
石井恵奈西 宏章大西公平慶大
近年,内視鏡外科手術の急速な普及により内視鏡手術支援ロボットが注目されている.内視鏡手術支援ロボットの代表的な形であるマ... [more] RECONF2005-70
pp.67-72
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会