お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
OFT 2018-10-11
14:00
宮城 東北大学(電気通信研究所 本館1階(10/11)、3階 M331(10/12)) [ポスター講演]単一チャネル10.2 Tbit/s-300 km光ナイキストパルス伝送
平田綾也王 建平廣岡俊彦吉田真人中沢正隆東北大OFT2018-26
我々は、狭い帯域でも超高速伝送が可能な伝送方式として光ナイキストパルスを用いた TDM 伝送を提案している。これまでにノ... [more] OFT2018-26
pp.61-66
RCS, SIP
(共催)
2014-01-23
16:30
福岡 九州大学 加速度目標検出における信号対雑音尤度比に基づくノンコヒーレント信号検出法
山田哲太郎高林佑樹亀田洋志三菱電機SIP2013-108 RCS2013-278
ドップラーレーダを用いた高機動な目標の探知において,周波数解析後の信号スペクトルは,加速度によるドップラー周波数変化の影... [more] SIP2013-108 RCS2013-278
pp.133-138
NLP 2013-10-29
16:30
香川 サンポートホール高松 カオスダイナミクスの分離を利用した誤り訂正手法の送信信号数に対する性能評価
荒井伸太郎香川高専)・西尾芳文徳島大)・山里敬也名大NLP2013-108
カオス系列によって変調された信号のみを用いて復調を行うノンコヒーレントカオス通信システムは, カオスの特徴を活かした独特... [more] NLP2013-108
pp.205-209
NLP 2012-01-23
13:50
福島 會津稽古堂 確率ネットワークモデルを用いたマルチパス環境CDMA通信におけるディレイロックループの解析
永田啓介藤坂尚登神尾武司生岩量久広島市大NLP2011-126
擬似ランダム符号間の同期をとるディレイロックループ(DLL)はスペクトル拡散通信やCDMA通信の受信部における逆拡散過程... [more] NLP2011-126
pp.13-18
NLP 2011-05-26
14:15
香川 小豆島オリーブ公園オリーブ記念館大研修室 白色雑音と非白色多重アクセス干渉下における高階型ディレイロックループの解析
永田啓介藤坂尚登神尾武司生岩量久広島市大NLP2011-4
マルコフ符号を用いたDS/CDMA におけるディレイロックループ(DLL) の現実に即した解析は,通信路白色雑音と非白色... [more] NLP2011-4
pp.15-20
WBS 2007-12-18
13:40
東京 機械振興会館 DS-UWB無線伝送におけるノンコヒーレント分数間隔Rake受信の性能評価
川島泰智佐々木重信菊池久和新潟大WBS2007-51
本研究では,パルス型UWB方式の一つであるM-ary符号変調UWB(M-ary CSK-UWB)システムにおけるノンコヒ... [more] WBS2007-51
pp.25-30
RCS, MoNA, WBS, SR, MW
(併催)
2007-03-09
10:00
神奈川 YRP 低SNRに適した8PSK差動時空間符号
小西たつ美愛知工大RCS2006-271
低SNRのMIMO通信路で時空間符号の性能を評価するパラメータは,ユークリッド距離(行列のフロベニウスノルム)であること... [more] RCS2006-271
pp.147-150
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会