お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 4件中 1~4件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICM 2019-07-11
13:25
北海道 旭川市国際会議場 ネットワーク設定ルールの影響範囲特定技術のスケーラブル化に関する検討
瀧田 裕宮部正剛朝永 博小口直樹富士通研ICM2019-7
クラウド、5G、IoTといった技術の普及、柔軟な業務形態に対応するSoEシステムのオンデマンドな構築といった需要から、各... [more] ICM2019-7
pp.7-12
NS, IN
(併催)
2017-03-02
11:20
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル ネットワーク機器における設定情報の抽象化に関する研究
廣瀬真人明石邦夫篠田陽一北陸先端大
インターネット初期におけるネットワークは、現在と比べて単純な構造であった。
そのため、ネットワークオペレータがネットワ... [more]

NS, CQ, ICM, NV
(併催)
2016-11-24
11:25
山口 下関商工会議所 複数SDNアプリケーションにおけるフローエントリ競合検知手法の提案
西間木 哲引地謙治宗宮利夫山田亜紀子富士通研NS2016-105
SDN技術により、ネットワークをSDNアプリケーション(SDNアプリ)でプログラマブルに制御できるようになった。我々は、... [more] NS2016-105
pp.25-30
IA 2015-10-19
16:40
東京 東京大学先端知ビル 5F 武田ホール MDDを用いたハイパーキューブ探索によるネットワーク検証の高速化
チェン リチャード井上 武間野 暢水谷后宏永田尚志明石 修NTTIA2015-34
現在のネットワークは高度な機能を提供するために複雑に設定されており,それが障害の原因となっている.設定ミスを検出するネッ... [more] IA2015-34
pp.25-30
 4件中 1~4件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会