お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 20件中 1~20件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, IN
(併催)
2020-03-06
10:00
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬 [技術展示]ユーザ意図に基づくIoTネットワークの自動構築/管理のための機能指向ネットワークモデルの実装
宗宮利夫西島孝通杉野 譲水口 有松田英幸富士通NS2019-211 IN2019-102
デジタルトランスフォーメーション時代の迅速かつ柔軟なネットワーク構築・運用管理の実現に向け、ビジネスを行うユーザの意図を... [more] NS2019-211 IN2019-102
p.189(NS), p.149(IN)
NS, IN
(併催)
2020-03-06
11:20
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬 ユーザ意図に基づくネットワーク自動設計/設定に関する一検討 ~ 意図を満たす論理ネットワークの設計手法 ~
西島孝通瀧田 裕早野真史引地謙治宗宮利夫富士通研NS2019-227
迅速なネットワークインテグレーション実現に向けて、ユーザの意図をダイレクトにネットワークの設計/設定に反映できる Int... [more] NS2019-227
pp.277-282
IBISML 2019-03-05
14:00
東京 理研AIP 残差スキップ接続の表現力とネットワークの設計
長瀬准平石渡哲哉芝浦工大IBISML2018-106
深層学習の研究課題の一つとしてモデルの設計がある.より良いモデルの提案は活発に行われているが,モデル設計とモデル構造の体... [more] IBISML2018-106
pp.9-15
ICM, LOIS
(共催)
2019-01-24
14:00
鹿児島 鹿児島県文化センター 講演における聴講者の動作の分析(第3報)
渡邊栄治甲南大)・尾関孝史福山大)・小濱 剛近畿大ICM2018-39 LOIS2018-45
スライドを用いた講演において,講師は聴講者の非言語動作に基づいて聴講者の興味を把握し,講演の進行を調節する. しかしなが... [more] ICM2018-39 LOIS2018-45
pp.21-26
RECONF 2018-05-25
15:10
東京 ゲートシティ大崎 B1ルームD 二値化ニューラルネットワークに基づいたハードウェア指向高精度モデルの検討
大羽由華安藤洸太廣瀨一俊植吉晃大植松瞭太工藤 巧北大)・黒川圭一ソシオネクスト)・池辺将之浅井哲也本村真人高前田伸也北大RECONF2018-5
近年,深層学習の発展は著しく,畳み込みニューラルネットワーク(CNN: Convolutional Neural Net... [more] RECONF2018-5
pp.21-26
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(共催)
NC, IBISML
(併催)
(連催) [詳細]
2016-07-05
16:50
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 受容野相関モデルを利用した大脳皮質局所回路の大域的クラスタ性の解明
渡邉航平阪大)・寺前順之介若宮直紀阪大/CiNetNC2016-8
大脳皮質局所回路のシナプス結合は,非常に不均質かつ不規則であり,高いクラスタ性を示すことが知られている.クラスタ性は神経... [more] NC2016-8
pp.171-174
NS, IN
(併催)
2015-03-02
09:50
沖縄 沖縄コンベンションセンタ データセンタの温度分布予測のためのネットワークモデルの提案
田代晋也樽谷優弥長谷川 剛中村 泰阪大)・松田和浩NTT-AT)・松岡茂登阪大NS2014-190
本報告では、データセンタの消費電力を最小にするタスク配置及び空調機設定の導出を目的とし、実時間でデータセンタ内の温度分布... [more] NS2014-190
pp.81-86
TL 2013-10-19
15:00
東京 早稲田大学8号館 303/304/305会議室 動的文脈ネットワークモデルを用いた語の多義性解消とその改良
岡本 潤嘉悦大)・石崎 俊慶大TL2013-44
コンピュータが入力された文を理解するとき,語に関する常識や話題に関する背景知識が必要になる.本研究では人間の持つ基本的な... [more] TL2013-44
pp.19-24
ICD, ITE-IST
(連催)
2013-07-05
17:15
北海道 サン・リフレ函館 高周波能動素子における基板結合の評価とモデリング
東 直矢永田 真神戸大ICD2013-44
MOSFETの基板結合強度モデルを抵抗メッシュネットワークとMOSFET素子のバックゲート結合により広帯域で表現可能であ... [more] ICD2013-44
pp.125-128
WBS, SAT
(併催)
2013-05-17
09:50
栃木 宇都宮大学 陽東キャンパス フェージング環境におけるFrame Slotted ALOHA型ネットワーク符号化システムのパケット獲得時間解析
日向野泰幸・○羽渕裕真茨城大)・小澤佑介東京理科大WBS2013-9
本稿では、アクセス制御法としてFrame Slotted ALOHAを用いる無線ネットワーク符号化法において、無線通信路... [more] WBS2013-9
pp.49-54
SR, AN, USN, RCS
(併催)
2012-10-19
17:10
福岡 福岡大学 モバイルアドホックネットワークにおけるモビリティとデンシティを変化させるネットワークモデル
松金宏樹角田良明広島市大AN2012-43
モバイルアドホックネットワーク(以下,MANET)において,ノードの移動速度や移動方向(以下,モビリティ),ノードの分布... [more] AN2012-43
pp.107-112
DE 2011-08-02
11:30
京都 立命館大学 (朱雀キャンパス) 歩行空間ネットワークデータモデル ~ その整備支援システムと応用例 ~
小野喬彦上善恒雄阪電通大DE2011-30
我が国は,高齢者や障がい者などの移動制約者の安全性や利便性を向上するためにさらに努力が必要 である.また地球環境の観点か... [more] DE2011-30
pp.19-23
R 2010-07-30
15:55
山形 遊学館(山形市) 3目的を有するネットワークのパレート部分解算出方法の提案
秋葉知昭山形県立産技短大)・劉 丹沁山本久志首都大東京R2010-23
大規模なネットワークシステムにおける最適な通信ルーティング問題や生産情報システムにおける生産物流スケジューリング問題,ロ... [more] R2010-23
pp.37-41
NC, MBE
(併催)
2010-03-11
14:10
東京 玉川大学 時系列の逐次処理によって対称性(刺激等価性)の学習を行うニューラルネットワークモデル
内田 淳岡田浩之玉川大NC2009-168
「ある刺激(A)と対応する別の刺激(B)を選択する」という行動を強化する訓練によって刺激間の関係を学習した場合,人間はB... [more] NC2009-168
pp.473-478
ICSS 2009-11-13
10:40
宮崎 宮崎大学 ネットワークシステムにおけるCVSSを用いた脆弱性影響範囲特定手法の検討
原田敏樹金岡 晃岡本栄司筑波大)・加藤雅彦IIJテクノロジーICSS2009-54
脆弱性評価手法の手法としてCVSS(共通脆弱性評価システム)がある.CVSSは基本・現状・環境の3つの評価基準を持つが,... [more] ICSS2009-54
pp.1-6
ISEC, SITE, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC
(連催) [詳細]
2009-07-03
14:15
秋田 秋田大学 CVSSを用いたネットワークシステムの危険度測定手法の検討
原田敏樹金岡 晃岡本栄司筑波大)・加藤雅彦IIJテクノロジーISEC2009-34 SITE2009-26 ICSS2009-48
脆弱性評価手法の一般的な手法としてCVSS(共通脆弱性評価システム)がある.CVSS は基本・現状・環境の3 つの評価基... [more] ISEC2009-34 SITE2009-26 ICSS2009-48
pp.189-194
NLP 2009-02-28
16:35
神奈川 法政大学梶野町校舎西館W203教室 カオスニューラルネットワークモデルの記憶パターン断片に対する応答特性
濱田利行黒岩丈介小倉久和小高知宏白井治彦福井大NLP2008-149
本研究では,
3 種類のカオスニューラルネットワークモデルに発現するカオス的
遍歴現象の記憶パターン断片に対する応答... [more]
NLP2008-149
pp.101-106
NLP 2009-02-28
16:55
神奈川 法政大学梶野町校舎西館W203教室 カオスニューラルネットワークモデルの遅延制御
寺本晃太黒岩丈介小倉久和小高知宏白井治彦福井大NLP2008-150
本論文では,我々はカオスニューラルネットワークモデルに発現するカオス的遍歴現象の遅延制御について研究する.記憶探索問題に... [more] NLP2008-150
pp.107-111
NC 2008-01-15
16:30
北海道 北海道大学(100年記念会館) 小脳顆粒層のスパイキングネットワークモデルにおける状態遷移とタイミングメカニズムに関する研究
本多武尊電通大)・山崎 匡田中 繁理研)・西野哲朗電通大NC2007-95
研究では,小脳顆粒層のスパイキングネットワークモデルを構築し,その挙動を解析した.入力刺激が弱いときは,顆粒細胞は10H... [more] NC2007-95
pp.49-54
NC 2007-06-15
13:00
沖縄 沖縄科学技術研究基盤整備機構 ニューラルネットワークによる数独の解法
大谷哲広松田 聖日大NC2007-20
ホップフィールドモデルで組合せ最適化問題を解く際の特徴として,問題の規模に比例し求解が困難になることが知られている.本研... [more] NC2007-20
pp.69-74
 20件中 1~20件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会