電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 33件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NLP, MSS
(併催)
2019-03-15
14:55
福井 福井大学 文京キャンパス 準ニュートン法における慣性項の影響に関する研究
マハブービ シェヘラザード湘南工科大)・インドラプリヤダルシニ S静岡大)・二宮 洋湘南工科大)・浅井秀樹静岡大NLP2018-137
本研究では,慣性付2次近似勾配モデルで用いられているネステロフの加速勾配を近似した新たな準ニュートン法に基づく学習アルゴ... [more] NLP2018-137
pp.69-74
NLP 2018-04-27
14:45
熊本 熊本大学 マルチエージェントネットワークによるSandberg-Willson方程式の分散解法
武内雅章高橋規一岡山大NLP2018-23
本報告では,非線形回路理論の分野でよく知られたSandberg-Willson方程式のマルチエージェントネットワークによ... [more] NLP2018-23
pp.111-116
VLD, HWS
(併催)
2018-02-28
09:30
沖縄 沖縄県青年会館 FPGA実装によるRBF近似関数の高速計算について
増田祥吾永山 忍稲木雅人若林真一広島市大VLD2017-89
放射基底関数(RBF:Radial Basis Function) は機械学習やデータマイニング,機械制御などの様々な分... [more] VLD2017-89
pp.1-6
NLP 2017-07-13
13:00
沖縄 宮古島マリンターミナル大研修室 αダイバージェンスに基づく非負値行列因子分解のためのニュートン法型アルゴリズム
中津智史高橋規一岡山大NLP2017-31
非負値行列因子分解 (Nonnegative Matrix Factorizaton: NMF) は与えられた非負値行列... [more] NLP2017-31
pp.17-22
NLP 2017-07-13
13:25
沖縄 宮古島マリンターミナル大研修室 慣性付2次近似勾配モデルを用いた記憶制限準ニュートン法の有効性に関する研究
マハブービ シャヘラザード二宮 洋湘南工科大NLP2017-32
近年,大規模データ化に伴い,NNの規模も大規模になることが予想される.従って,学習時に使用するパラメータの規模が莫大とな... [more] NLP2017-32
pp.23-28
SIP, CAS, MSS, VLD
(共催)
2017-06-19
11:20
新潟 新潟大学五十嵐キャンパス 中央図書館ライブラリーホール 勾配法を用いた自動車エンジン制御パラメータの最適化手法
増田祥吾永山 忍稲木雅人若林真一広島市大CAS2017-6 VLD2017-9 SIP2017-30 MSS2017-6
本研究では,自動車エンジンの振舞いの一部を放射基底関数(RBF:Radial Basis Function)の線形結合に... [more] CAS2017-6 VLD2017-9 SIP2017-30 MSS2017-6
pp.31-36
EE 2016-11-29
14:40
東京 機械振興会館 太陽光発電MPPTの高速化と安定性解析
中村創一郎スマートエナジー研)・岩佐 稔JAXA)・中原正俊崇城大EE2016-46
人工衛星に必要な太陽電池制御の要求の一つに,高速MPPT(最大電力点追跡)がある.高速MPPTが実現すれば,負荷変動等に... [more] EE2016-46
pp.93-98
VLD, CAS, MSS, SIP
(共催)
2016-06-17
10:30
青森 弘前市立観光館 実時間オプティカルフロー推定プロセッサのFPGA実装
鈴木 悠伊藤雅人神田哲志松村哲哉日大)・今村幸祐松田吉雄金沢大CAS2016-21 VLD2016-27 SIP2016-55 MSS2016-21
実時間オプティカルフロープロセッサを1チップのFPGAに実装した.このプロセッサは新規手法として,逆数演算手法の改善,階... [more] CAS2016-21 VLD2016-27 SIP2016-55 MSS2016-21
pp.115-120
NC, NLP
(併催)
2016-01-29
12:10
福岡 九州工業大学 若松キャンパス ネステロフの加速準ニュートン法による学習アルゴリズムの提案
二宮 洋湘南工科大NLP2015-141
本研究では,ネステロフによる加速勾配法を準ニュートン法に応用した新たな勾配法を提案する.近年,ネステロフ加速勾配法をニュ... [more] NLP2015-141
pp.87-92
NLP, CAS
(共催)
2015-10-06
11:00
広島 アステールプラザ(広島市) 低遅延特性を有する通過域平たん阻止域Lp基準低域通過ディジタル微分器の設計
國井良介濱本清志郎吉田 嵩相川直幸東京理科大CAS2015-37 NLP2015-98
提案するディジタル微分器は低遅延特性により通過域の群遅延を低減する.提案する微分器は通過域の平たん性により高い微分精度を... [more] CAS2015-37 NLP2015-98
pp.87-90
AP, WPT
(併催)
2014-10-15
16:20
北海道 北大 クラーク会館 大会議室 脳血管障害の電波散乱逆問題による検出の検討 ~ 逆散乱問題による頭蓋内組織のイメージング ~
桑原義彦静岡大AP2014-112
逆散乱問題によって人体の複雑な組織構造を可視化できることを紹介する。本報告では解析を容易にするために,2次元モデルを使っ... [more] AP2014-112
pp.19-24
EMCJ, EST
(共催)
2014-09-12
13:50
北海道 北見工業大 透明溶液を用いた電波吸収材料の複素誘電率の解析
三浦 収安齋弘樹鶴岡高専EMCJ2014-38 EST2014-52
本研究では合わせガラスに透明電波吸収溶液を注入することによって、電波の減衰が実現されている。透明電波吸収体に使用する透明... [more] EMCJ2014-38 EST2014-52
pp.41-46
CAS, SIP, MSS, VLD, SIS
(共催) [詳細]
2014-07-09
15:50
北海道 北海道大学 圧縮センシングに基づく超解像処理の高速化
山下智博劉 載勲武内良典今井正治阪大CAS2014-16 VLD2014-25 SIP2014-37 MSS2014-16 SIS2014-16
本稿では圧縮センシングに基づく超解像処理の高速化手法を提案する.低解像
度の画像から高解像度の画像を生成する超解像処理... [more]
CAS2014-16 VLD2014-25 SIP2014-37 MSS2014-16 SIS2014-16
pp.75-80
EE, CPM
(共催)
2014-02-27
14:00
東京 機械振興会館 ニュートン法による人工衛星用高速MPPTについてのシミュレーション
中村創一郎スマートエナジー研)・岩佐 稔JAXA)・中原正俊崇城大EE2013-54 CPM2013-155
スピン制御型人工衛星における太陽光発電は,太陽電池が機体と共に回転し,最大電力点が非常に早く変化するため,太陽電池を制御... [more] EE2013-54 CPM2013-155
pp.31-35
AP, SAT
(併催)
2013-07-25
16:20
北海道 サン・リフレ函館 方位と周波数を同時推定する2次元MUSICの高速演算方式
鈴木信弘平田和史三菱電機AP2013-61
MUSIC法は方位や周波数推定の分解能向上に有効な手法であるが,演算量が比較的大きいという欠点がある.この欠点は,特に方... [more] AP2013-61
pp.81-86
NLP 2013-07-09
10:00
沖縄 宮古島マリンターミナル 動的サンプルサイズ選択法に基づく準ニュートン法による階層型ニューラルネットワークの学習
二宮 洋湘南工科大NLP2013-38
本研究では動的サンプルサイズ決定法を導入した階層型ニューラルネットワークの準ニュートン学習アルゴリズムに関して述べる.従... [more] NLP2013-38
pp.63-68
NC, NLP
(共催)
2013-01-24
12:50
北海道 北海道大学百年記念会館 分散並列環境における準ニュートン学習アルゴリズムの有効性
佐伯 誠坂下善彦二宮 洋湘南工科大NLP2012-111 NC2012-101
ニューラルネットワークの主な学習にはバックプロパゲーション法や準ニュートン法など、1次収束性や超1次収束性を持つ勾配法に... [more] NLP2012-111 NC2012-101
pp.43-48
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2012-11-27
09:25
福岡 九州大学百年講堂 GPGPUによる準ニュートン法を用いた解析的配置の高速化手法
小平行秀会津大)・高島康裕北九州市大VLD2012-74 DC2012-40
本稿では,準ニュートン法を用いた解析的配置手法をGPGPUにより高速化する手法を提案する.近年,ブロック数が多い回路に対... [more] VLD2012-74 DC2012-40
pp.87-92
NLP 2011-11-09
16:20
沖縄 宮古島マリンターミナル2F研修室 online/batchハイブリット型準ニュートン法による階層型ニューラルネットワークのロバスト学習に関する研究
阿部俊和坂下善彦二宮 洋湘南工科大NLP2011-105
ニューラルネットワークの学習に対して,勾配法に基づくアルゴリズムが様々提案されている.その中で,学習データの与え方に関す... [more] NLP2011-105
pp.75-80
IE 2011-04-22
15:25
東京 中央大学駿河台記念館 形状可変な連続関数群を用いた画像近似の試み
清水貴裕青森 久松田一朗伊東 晋東京理科大IE2011-5
信号波形を過完備な基底関数の線形結合で近似する手法として知られているMatching Pursuitsは,線形結合の重み... [more] IE2011-5
pp.25-30
 33件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会