お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
AP, WPT
(併催)
2022-01-21
14:05
鳥取 鳥取県立生涯学習センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ドップラーレーダを用いた非接触心拍数推定におけるLSTMの導入
藤田夏清笹岡直人モッシュミ タゼン岡本芳晴鳥取大AP2021-152
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] AP2021-152
pp.98-103
MW 2021-11-18
14:35
鹿児島 鹿児島大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ミリ波レーダによる複数人の非接触呼吸センシング
阪本卓也香田隆斗京大)・奥村成皓瀧 宏文マリMW2021-69
本稿ではミリ波レーダによる複数人を対象とした非接触呼吸センシング技術を提案する。静止した複数人からのレーダ信号を分離する... [more] MW2021-69
pp.15-18
NC, MBE
(併催)
2021-03-04
09:00
ONLINE オンライン開催 MIMOリモートセンシングシステムのための高階テンソル独立成分分析の提案
後藤征士郎夏秋 領廣瀬 明東大NC2020-54
本論文は,分離テンソルの軸カテゴリを有効利用するテンソルICAとして,高階独立成分分析(Higher-Order Ten... [more] NC2020-54
pp.65-70
ITS, WBS, RCC
(共催)
2020-12-15
13:50
ONLINE オンライン開催 ドップラーレーダを用いた歩行人体の可視・死角領域判別 ~ Long Short-Term Memoryによる解析アプローチ ~
林 空良磯部大揮立命館大)・佐保賢志富山県立大)・馬杉正男立命館大WBS2020-29 ITS2020-25 RCC2020-32
本報告では,ドップラーレーダを用いる方法により,観点から歩行者がレーダから直接確認できる可視領域にいるか,もしくは壁の裏... [more] WBS2020-29 ITS2020-25 RCC2020-32
pp.121-125
MICT, MI
(共催)
2020-11-04
14:20
ONLINE オンライン開催 LSTMによる波形解析に基づくドップラーレーダを用いた非接触血圧測定
石坂秀壮山本幸平大槻知明慶大MICT2020-15 MI2020-41
近年,日常生活で血圧を測定する方法として, 非接触血圧測定が関心を集めている.
非接触血圧測定法としてドップラーレーダ... [more]
MICT2020-15 MI2020-41
pp.36-41
NC, MBE
(併催)
2019-03-05
15:25
東京 電気通信大学 オンライン複素周波数領域独立成分分析によるマイクロ波人命探査レーダシステムの構築
中西貴大廣瀬 明東大NC2018-70
災害時において瓦礫等に阻まれ生存者の存在が視覚的に確認できない状況下で、人命探査レーダシステムが有効な場面がある。検出範... [more] NC2018-70
pp.139-143
SAT, RCS
(併催)
2018-08-09
14:10
岩手 岩手大学 [依頼講演]スパース適応アルゴリズムに基づく非接触心拍検出
葉 臣豊田健太郎大槻知明慶大SAT2018-34 RCS2018-137
非接触心拍検出法として, ドップラーレーダを用いた方法が注目を集めている. しかし, ドップラーレーダの受信信号に含まれ... [more] SAT2018-34 RCS2018-137
pp.29-34(SAT), pp.31-36(RCS)
MBE, BioX
(共催)
2018-07-27
10:00
鳥取 鳥取境港・みなとさかい交流館 適応ノッチフィルタおよびCSDによる非接触心拍推定に関する一検討
湖山将裕家森成哉笹岡直人伊藤良生鳥取大)・高原大介シャープBioX2018-13 MBE2018-21
非接触心拍検出として,ドップラーレーダを用いる手法が検討されている.しかし,ドップラーレーダの出力信号には,呼吸に起因す... [more] BioX2018-13 MBE2018-21
pp.33-38
EMCJ, MICT
(併催)
2018-03-16
11:20
東京 機械振興会館 ロバストスパース適応アルゴリズムに基づくドップラーレーダによる非接触心拍検出
葉 臣豊田健太郎大槻知明慶大MICT2017-52
非接触心拍検出法として, ドップラーレーダを用いた方法が注目を集めている. しかし, ドップラーレーダの受信信号に含まれ... [more] MICT2017-52
pp.5-10
AP 2017-02-16
13:00
栃木 栃木県総合文化センター [依頼講演]パルスドップラーレーダへの時間変調アレーアンテナの適用検討
松木 誠紀平一成山口 聡大塚昌孝深沢 徹宮下裕章三菱電機AP2016-159
フェーズドアレーアンテナにおいて求められる性能として低サイドローブ特性がある.この特性を低コストで実現する技術として著者... [more] AP2016-159
pp.17-22
ASN, MoNA, MICT
(併催)
2017-01-19
14:25
大分 別府 花菱ホテル スぺクトログラムを用いたドップラーレーダによる心拍検出
茂木瑛梨子大槻知明慶大ASN2016-73
心拍のピーク間隔であるR-R間隔の変動は精神状態を反映する.
ドップラーレーダを用いた非接触心拍検出は,被験者への負担... [more]
ASN2016-73
pp.25-30
RCS, RCC, ASN, NS, SR
(併催)
2016-07-22
09:50
愛知 名古屋工業大学 ビタビアルゴリズムを用いたドップラーレーダによる心拍検出におけるメトリックの検討
茂木瑛梨子大槻知明慶大ASN2016-41
非接触で心拍を検出する方法として,ドップラーレーダを用いた方法が多く研究されている.
心拍のピーク間隔であるR-R間隔... [more]
ASN2016-41
pp.85-89
MICT, ASN, MoNA
(併催)
2016-01-29
09:00
神奈川 箱根湯本温泉の旅館 ホテルおかだ ビタビアルゴリズムを用いた平均R-R間隔の推定に基づくドップラーレーダによる心拍検出
茂木瑛梨子大槻知明慶大ASN2015-91
心拍のピーク間隔であるR-R間隔の変動は,精神状態を反映するため,精神的ストレスの評価などに利用されている.
非接触で... [more]
ASN2015-91
pp.69-74
AP 2015-02-19
09:55
兵庫 尼崎市中小企業センター UWBマルチドップラーレーダ干渉計を用いた歩行人体の断面形状推定における虚像の除去
山崎宥記阪本卓也佐藤 亨京大AP2014-187
監視システムでの目標検知に, 高い距離分解能を持ち, 視界不良な場所でも使用可能なUWB(Ultra-Wideband)... [more] AP2014-187
pp.5-10
MW 2014-06-26
13:30
愛知 豊橋技科大 低周波ノイズ推定によるドップラーレーダの感度キャリブレーション手法
平本美智代前野蔵人OKIMW2014-48
ドップラーレーダには,レーダ素子やアナログ回路を構成する半導体から生じる熱雑音やショット雑音により,感度にばらつきが発生... [more] MW2014-48
pp.35-40
RCS, SR, SRW
(併催)
2014-03-05
09:45
東京 早稲田大学 ウェーブレット変換におけるスケールファクタの学習を用いたドップラーレーダによる心拍検出
冨井翔一朗大槻知明慶大RCS2013-375
近年,多くの研究機関がドップラーレーダを用いた生体情報検出に取り組んでいる.非接触で心拍や呼吸を検出できる有用な手法であ... [more] RCS2013-375
pp.419-424
RCS, SIP
(共催)
2014-01-23
16:30
福岡 九州大学 加速度目標検出における信号対雑音尤度比に基づくノンコヒーレント信号検出法
山田哲太郎高林佑樹亀田洋志三菱電機SIP2013-108 RCS2013-278
ドップラーレーダを用いた高機動な目標の探知において,周波数解析後の信号スペクトルは,加速度によるドップラー周波数変化の影... [more] SIP2013-108 RCS2013-278
pp.133-138
SR, RCS, SRW
(併催)
2012-03-09
10:25
神奈川 YRP ドップラーシフトに基づくバイスタティック3周波CWレーダによる人の位置推定アルゴリズム
岡本佳久大槻知明慶大RCS2011-361
近年,電波の反射によるドップラー効果を利用して物体の速度を推定するドップラーレーダが様々なアプリケーションで用いられてい... [more] RCS2011-361
pp.269-274
RCS, NS
(併催)
2010-07-16
15:20
北海道 網走市民会館 レーダイメージングにおける演算量低減を目的とした反復絞り込みアルゴリズムの提案
岡本佳久大槻知明慶大RCS2010-73
レーダイメージングは,目標上の各座標点におけるレーダ反射断面積に比例する複素振幅を推定するもので,2次元の映像として写し... [more] RCS2010-73
pp.149-154
RCS, SIP
(共催)
2007-01-26
11:20
沖縄 NICT沖縄亜熱帯計測技術センター The Optimum Approximation of Vector-Signals and its Application to Multi-Doppler Radar Systems
Yuichi KidaOhu Univ.)・Takuro KidaNihon Univ.SIP2006-165 RCS2006-223
スペクトルが所与の正数以下であるようなベクトル信号の集合に対して,近似誤差に対する様々な尺度の上限値を一斉に最小化するよ... [more] SIP2006-165 RCS2006-223
pp.41-46
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会