電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 68件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, IN
(併催)
2018-03-01
09:00
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート 人の脳情報処理プロセスに着想を得た動的な予測形トラヒックエンジニアリング手法
佐竹幸大大下裕一村田正幸阪大
インターネットを流れるトラヒックは、量・時間変動ともに増大しており、時間変動の大きなトラヒックを効率的に収容する技術が求... [more] IN2017-93
pp.21-26
NS, IN
(併催)
2018-03-01
09:20
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート 災害時のセルラーネットワークにおける不確実な観測情報に基づくトラヒックエンジニアリング
佐竹幸大・○大下裕一阪大)・石橋圭介星合擁湖NTT)・村田正幸阪大
災害時には、安否状態の確認、災害状況、避難情報等による通信トラヒック需要が急増するとともに、通常
との異なる人流発生が... [more]
IN2017-94
pp.27-32
NS, IN
(併催)
2018-03-01
09:40
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート スケールフリーネットワークにおけるTEのためのフロー配置アルゴリズム
嘉藤 学有明高専)・川原憲治九工大
ネットワークの利用状況に応じて送信トラヒックの要求品質を満たすための経路選択を行うトラヒックエンジニアリング(Traff... [more] IN2017-95
pp.33-38
NS, IN
(併催)
2017-03-02
09:10
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル 予測型トラヒックエンジニアリングのためのソーシャルメディアデータからトラヒック変動に関する情報の抽出
河島滉太大下裕一村田正幸阪大
モバイル端末の普及に伴い、通信ネットワークに流れるトラヒック量は、量・変動ともに増大している。これに対し、変動するトラヒ... [more] IN2016-98
pp.7-12
NS, IN
(併催)
2017-03-02
09:50
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル 予測分布を用いたネットワーク制御におけるトラヒックの観測スケジューリング手法
佐竹幸大大歳達也大下裕一村田正幸阪大
トラヒックの時間変動が激しい状況下においても、輻輳を生じずトラヒックを収容するためには、トラヒックエンジニアリング(TE... [more] IN2016-100
pp.19-24
CQ
(第二種研究会)
2017-01-21
12:30
大阪 大阪大学中之島センター [ポスター講演]コンテンツ配置を考慮したコンテンツ指向ルーチングの性能評価
速水祐作平田孝志山本 幹関西大
近年,インターネット上で転送されるコンテンツ配信トラヒックの割合の増加を受け,コンテンツ指向なネットワーキング手法が数多... [more]
IA, IN
(併催)
2016-12-15
14:55
広島 広島市立大学 講堂小ホール ネットワーク状況に対して即時的な制御を可能にする仮想MACアドレスの設計と実装
坪川浩之近藤賢郎寺岡文男金子晋丈慶大
OpenFlowに代表されるSDN技術の延長線上に,輻輳などネットワーク状況の変化とアプリケーションの要求に応じてルータ... [more] IN2016-71
pp.29-34
IN, RCS
(併催)
2016-05-19
14:20
東京 機械振興会館 広域SDNテストベッドにおけるプロアクティブネットワーク制御技術の実証実験
高橋洋介鈴木晃人石橋圭介塩本公平NTT)・大歳達也大下裕一村田正幸阪大
SDN/OpenFlow 技術の登場により,任意のトラヒック集合を制御粒度としたトラヒックエンジニアリン グ(TE) が... [more] IN2016-7 RCS2016-29
pp.37-42(IN), pp.31-36(RCS)
NS 2016-01-22
15:30
福岡 博多バスターミナル 貸ホール コンテンツ配置を考慮したコンテンツ指向トラヒックエンジニアリングの検討
速水祐作平田孝志山本 幹関西大
近年,ネットワーク上で転送されるコンテンツ配信トラヒックの占める割合が大きくなったことを受け,コンテンツ指向なネットワー... [more] NS2015-165
pp.109-114
MoNA, IN
(併催)
2015-11-18
13:30
熊本 熊本大学(黒髪南地区)(桜島の火山活動が活発なため鹿児島市から変更) 情報指向ネットワークの解くべき課題
浅見 徹高木 雅川原圭博東大)・田上敦士KDDI研)・中村健一パナソニック)・柳生智彦NEC)・中里秀則早大
本稿では,通信の秘密,トラヒックエンジニアリング,情報漏洩防止という観点から,現在主流となっているSSL/TLS による... [more] IN2015-67
pp.35-40
NS, OCS, PN
(併催)
2015-06-18
13:25
福井 福井市地域交流プラザ 輻輳を効率的に改善するオフローディングリンクの決定法に関する検討
篠﨑翔太橋本 仁秋田大
年々増加を続けるネットワークトラヒックを収容するための手法として,オフローディングが行われる.オフローディングでは,単純... [more] PN2015-2
pp.5-10
NS, IN
(併催)
2015-03-02
11:40
沖縄 沖縄コンベンションセンタ モデル予測制御を用いた階層型トラヒックエンジニアリング
大歳達也大下裕一村田正幸阪大)・高橋洋介石橋圭介塩本公平NTT)・橋本智明阪大
時間変動の大きなトラヒックに対して、大規模な経路変更の頻発を避けながら、変動に追随するためには、将来の変動傾向を予測しな... [more] IN2014-136
pp.91-96
NS, IN
(併催)
2015-03-03
13:20
沖縄 沖縄コンベンションセンタ IoTサービス提供のためのサーバ数を削減するNW機能の提案
木村明寛西山聡史大坂 健工藤伊知郎NTT
IoTでは時刻を契機とした通信の開始により,サーバへのトラヒックがスパイク状に急増する.IoT事業者がこのスパイクにあわ... [more] NS2014-242
pp.379-384
IN, MoNA
(併催)
2014-11-18
13:30
山口 下関市勤労福祉会館 確率的モデル予測制御に基づくトラヒックエンジニアリング
大歳達也大下裕一村田正幸阪大)・高橋洋介石橋圭介塩本公平NTT)・橋本智昭阪大
時間変動の大きなトラヒックを収容するには、トラヒックの時間変動やネットワークの状態変化に対して動的に経路を変更するトラヒ... [more] IN2014-81
pp.1-6
PN, NS, OCS
(併催)
2014-06-27
14:45
大分 ビーコンプラザ(別府) 経路制御のためのフロー集約法
上山憲昭阪大/NTT)・高橋洋介石橋圭介塩本公平NTT)・大歳達也大下裕一村田正幸阪大
SDNを用いることで,個別フローといった微小な粒度でのトラヒックエンジニアリング(TE)が可能となり,TEによるリンク負... [more] NS2014-44
pp.29-34
CS, CQ
(併催)
2014-04-25
14:15
広島 広島市立大学 ノードのIF設備量の削減に着目したトラヒック制御技術
源田浩一森 弘樹鎌村星平植松芳彦笹山浩二NTT
経済的なSDN等による集中管理型ネットワークの実現を目指して、ノード設備の使用効率を高めネットワークの総ノード設備量を抑... [more] CS2014-14
pp.67-71
NS 2014-04-17
09:50
沖縄 石垣市民会館 集中制御型の大規模IP網における経路最適化の検討
杉山隆太武田知典NTT
IP網の転送面においてIP転送を維持したまま,制御面においてSDN/OpenFlow等による集中型のIP経路制御方式を採... [more] NS2014-1
pp.1-4
NS, IN
(併催)
2014-03-07
13:40
宮崎 宮崎シーガイア モデル予測制御にもとづくトラヒックエンジニアリングの実ネットワークにおけるトラヒックデータを用いた評価
大歳達也大下裕一村田正幸阪大)・高橋洋介上山憲昭石橋圭介塩本公平NTT)・橋本智昭阪大
時間変動の大きなトラヒックを収容するには、トラヒックの時間変動やネットワークの状態の変化に対して動的に経路を変更するトラ... [more] IN2013-194
pp.299-304
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2014-02-27
14:05
石川 山代温泉 瑠璃光(石川県) フローベースネットワーク制御のためのマクロフロー構成手法
高橋洋介石橋圭介上山憲昭塩本公平NTT)・大歳達也大下裕一村田正幸阪大
近年,フロー単位のトラヒックエンジニアリングを可能にするネットワーキング技術として,OpenFlowに代表されるSDN ... [more] SITE2013-59 IA2013-84
pp.31-36
IN 2013-10-17
14:55
大阪 大阪大学 吹田キャンパス 銀杏会館 トラヒック予測を考慮したトラヒックエンジニアリングの検討と評価
大歳達也大下裕一村田正幸阪大)・高橋洋介上山憲昭石橋圭介塩本公平NTT)・橋本智昭阪大
時間変動の大きなトラヒックを収容するには、トラヒックの時間変動やネットワークの状態の変化に対して動的に経路を変更するトラ... [more] IN2013-78
pp.7-12
 68件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会