お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 100件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MWP 2021-05-26
13:20
ONLINE オンライン開催 [招待講演]周波数シフト帰還型レーザーを励起光源とした周波数シフトテラヘルツ波の発生
水津光司千葉工大MWP2021-1
光領域での距離計測では、FSF レーザー(Frequency Shifted Feedback laser:FSF レー... [more] MWP2021-1
pp.1-5
NS, RCS
(併催)
2020-12-18
11:15
ONLINE オンライン開催 高周波数帯超広帯域伝送による100 Gbps実現に向けた6G無線アクセス技術の一検討
須山 聡奥山達樹岸山祥久野中信秀浅井孝浩NTTドコモRCS2020-146
第6世代移動通信システム(6G)では,5Gで導入された28 GHz帯に代表されるミリ波帯を活用しつつ,さらに高い周波数帯... [more] RCS2020-146
pp.66-71
NS, RCS
(併催)
2020-12-18
13:25
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]6G時代に向けた高周波数帯分散アンテナシステムの検討について
内田大誠岩国辰彦北 直樹鬼沢 武NTT)・岸山祥久須山 聡永田 聡浅井孝浩NTTドコモNS2020-101 RCS2020-148
ビッグデータやAI普及にともなうサイバーフィジカル融合が進んでいる.XRデータやホログラフィ伝送などのデータ自体の大容量... [more] NS2020-101 RCS2020-148
pp.73-78
OPE, LQE
(共催)
2020-11-20
15:30
ONLINE オンライン開催 高指向性テラヘルツ波を用いた高セキュリティ無線通信の原理確認 ~ ホモダイン検波及びヘテロダイン検波によるアンド演算の実現 ~
河合優佑山内健太加藤和利九大OPE2020-55 LQE2020-35
我々は無線通信における物理層でのセキュリティ向上を目指した暗号化方式を検討している。その一手法として、指向性が高いテラヘ... [more] OPE2020-55 LQE2020-35
pp.53-57
OPE, LQE
(共催)
2020-11-20
15:30
ONLINE オンライン開催 テラヘルツ波自己相関計による繰り返し光波形の観測
山本留央加藤和利九大OPE2020-56 LQE2020-36
我々は高繰り返し光波形測定のために、光ディレイラインと高速フォトダイオードからなるテラヘルツ波自己相関計を提案し、最大3... [more] OPE2020-56 LQE2020-36
pp.58-61
OPE, LQE
(共催)
2020-11-20
15:30
ONLINE オンライン開催 光ファイバの波長分散特性を用いたテラヘルツ波ビームステアリング法
齋藤 匠加藤和利九大OPE2020-59 LQE2020-39
光ファイバの波長分散特性を用いたテラヘルツ波ビームステアリング法の検討を行った。この方法では2光波の波長変化によって2光... [more] OPE2020-59 LQE2020-39
pp.71-74
RCS 2020-10-22
13:30
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]第6世代移動通信システムにおけるテラヘルツ波帯利用に向けた電波伝搬特性
猪又 稔山田 渉久野伸晃佐々木元晴NTT)・北尾光司郎中村光貴石川博規小田恭弘NTTドコモRCS2020-98
現在,第6世代(6G)移動通信システムの実現に向けた検討が世界各国の各機関において精力的に進められており, 5Gを超える... [more] RCS2020-98
pp.36-41
RCS 2020-10-22
14:45
ONLINE オンライン開催 [招待講演]テラヘルツ波の通信への応用 ~ 6Gへ向けて何をするべきか ~
寳迫 巌NICTRCS2020-100
第5世代移動通信(5G)の実装が世界中で始まっています。研究開発では2030年代に実現する第6世代移動通信(6G)に注目... [more] RCS2020-100
pp.47-51
R, LQE, OPE, CPM, EMD
(共催)
2020-08-28
16:35
ONLINE オンライン開催 [招待講演]テラヘルツ波検出素子の新展開:フェルミレベル制御バリアダイオード
伊藤 弘北里大)・石橋忠夫NELテクノR2020-18 EMD2020-17 CPM2020-10 OPE2020-30 LQE2020-10
広帯域で低雑音な動作を実現するための新たなテラヘルツ波検出器,「フェルミレベル制御バリア(FMB)ダイオード」を開発した... [more] R2020-18 EMD2020-17 CPM2020-10 OPE2020-30 LQE2020-10
pp.43-46
SCE 2019-08-09
13:30
茨城 産業技術総合研究所 固有ジョセフソン接合テラヘルツ波発振素子の放射パターン測定系の構築
江口哲平立木 隆内田貴司防衛大SCE2019-14
固有ジョセフソン接合テラヘルツ波発振素子の放射パターンの実測に向けて,低温ローテータを用いた水平/鉛直回転機構を有する放... [more] SCE2019-14
pp.31-35
PN, EMT, OPE, EST, MWP, LQE
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2019-01-18
12:05
大阪 大阪大学中之島センター THz帯無線通信応用のための光コムベース信号源を用いた3THz帯信号生成
諸橋 功入交芳久菅野敦史川上 彰山本直克関根徳彦笠松章史寳迫 巌NICTPN2018-60 EMT2018-94 OPE2018-169 LQE2018-179 EST2018-107 MWP2018-78
本稿では,3THz帯無線通信システムの提案を行い,その基礎特性について報告する.提案するシステムは,光コムを用いたフォト... [more] PN2018-60 EMT2018-94 OPE2018-169 LQE2018-179 EST2018-107 MWP2018-78
pp.167-170
ED, THz
(共催)
2018-12-17
15:30
宮城 東北大・通研 [招待講演]ナノカーボン材料並びにプラズモニック構造によるテラヘルツ帯撮像素子 ~ マルチビュー計測と超解像計測 ~
河野行雄東工大ED2018-57
本講演では,カーボンナノチューブ膜を用いたフレキシブルなテラヘルツ帯カメラ,並びに共鳴周波数可変型プラズモニック構造を用... [more] ED2018-57
pp.15-18
ED, THz
(共催)
2018-12-17
17:00
宮城 東北大・通研 イメージング応用に向けた高平均出力テラヘルツ波パラメトリック光源
森口祥聖時実 悠縄田耕二瀧田佑馬理研)・永野繁憲トプコン)・南出泰亜理研ED2018-60
テラヘルツ波パラメトリック光源のパルス繰り返し周波数高速化に関する検討結果を報告する.これまでテラヘルツ波パラメトリック... [more] ED2018-60
pp.27-30
ED, THz
(共催)
2018-12-17
17:25
宮城 東北大・通研 有機非線形結晶を用いた高強度テラヘルツ波発生とその偏光制御
吉峯 功山下将嗣保科宏道齋藤美紀子南出泰亜大谷知行理研ED2018-61
DASTやOH1などの有機非線形結晶では2次の非線形光学効果(光整流)を用いた高強度のテラヘルツ波パルス発生が報告されて... [more] ED2018-61
pp.31-34
LQE, OPE, SIPH
(共催)
2018-12-06
17:10
東京 慶應義塾大学 光電変換によるテラヘルツ波パルス生成法の検討
光枝 健一山昂平加藤和利九大OPE2018-119 LQE2018-129 SIPH2018-35
我々は、無線通信システムの高速化技術として、テラヘルツ領域の繰り返し周期を持つパルス波キャリアの有効性を検討している。こ... [more] OPE2018-119 LQE2018-129 SIPH2018-35
pp.109-113
OFT 2018-10-11
16:00
宮城 東北大学(電気通信研究所 本館1階(10/11)、3階 M331(10/12)) [ポスター講演]時間領域分光法による誘電体内装テラヘルツ中空光ファイバの伝搬特性評価
柴田諒介片桐崇史松浦祐司東北大OFT2018-33
テラヘルツ領域において透明なポリエチレンで構成された薄肉チューブの外面に,銀薄膜をスパッタリング法により形成することで,... [more] OFT2018-33
pp.97-100
US 2018-07-31
13:55
京都 京都工繊大学 超イオン伝導体のイオンの振動モードと伝導モードの超高速制御
南 康夫徳島大)・片山郁文武田 淳横浜国大)・末元 徹豊田理研US2018-35
超(高)イオン導電体とは、イオンが電流を担う導電体の一種である。超イオン導電体に電場を印加すると可動イオンがポテンシャル... [more] US2018-35
pp.23-26
MWP 2018-05-18
15:45
東京 機械振興会館 200 GHz帯電力標準のための導波管カロリメータの開発
東島侑矢木下 基飯田仁志産総研)・藤井勝巳NICTMWP2018-3
近年,100 GHz以上の周波数帯を用いた通信応用研究が盛んに行われており,公共利用に向けて高周波電力を精密に測定する技... [more] MWP2018-3
pp.15-18
EMT, EST, LQE, MWP, OPE, PN
(共催)
PEM, IEE-EMT
(連催) [詳細]
2018-01-25
09:55
兵庫 姫路西はりま地場産業センター 高効率テラヘルツ光源への応用を目指した低群速度・低分散2次元GaAsフォトニック結晶導波路の構造最適化
中濱照之尾崎信彦和歌山大)・小田久哉千歳科技大)・池田直樹杉本喜正物質・材料研究機構PN2017-39 EMT2017-76 OPE2017-117 LQE2017-99 EST2017-75 MWP2017-52
テラヘルツ(THz)波は、分光センシング、非破壊イメージング、高速無線通信技術など様々な分野への応用が期待され、より高性... [more] PN2017-39 EMT2017-76 OPE2017-117 LQE2017-99 EST2017-75 MWP2017-52
pp.5-8
EMT, EST, LQE, MWP, OPE, PN
(共催)
PEM, IEE-EMT
(連催) [詳細]
2018-01-26
09:30
兵庫 姫路西はりま地場産業センター 光ビート法によるサブテラヘルツ波発生における光パルス圧縮を用いた出力の増大
山口剛史戸田裕之同志社大PN2017-79 EMT2017-116 OPE2017-157 LQE2017-139 EST2017-115 MWP2017-92
光ビート法を用いた高周波発生において,高周波出力は光検出器への入力平均光パワーによって制限される.そのためできるだけ高い... [more] PN2017-79 EMT2017-116 OPE2017-157 LQE2017-139 EST2017-115 MWP2017-92
pp.241-246
 100件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会