お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
CPM, ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2017-11-07
09:50
熊本 くまもと県民交流館パレア SATソルバを用いた低消費電力向けテストパタン圧縮手法について
松永裕介九大VLD2017-43 DC2017-49
本稿ではSATソルバを用いた低消費電力向けテストパタン圧縮手法の提案を行
う.
基本となるアイデアは,元の制... [more]
VLD2017-43 DC2017-49
pp.95-99
SIP, CAS, MSS, VLD
(共催)
2017-06-20
14:50
新潟 新潟大学五十嵐キャンパス 中央図書館ライブラリーホール 信号遷移回数を考慮したテストパタン生成のためのSAT問題のサンプリング手法について
松永裕介九大CAS2017-21 VLD2017-24 SIP2017-45 MSS2017-21
本稿では信号遷移回数を考慮した遷移故障向けテストパタンを生成する
SATソルバを用いた手法について考察を行う.
... [more]
CAS2017-21 VLD2017-24 SIP2017-45 MSS2017-21
pp.107-112
VLD, DC
(共催)
CPM, ICD, IE
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2016-11-30
09:50
大阪 立命館大学大阪いばらきキャンパス SATソルバを用いた信号遷移回数を考慮した遷移故障向けテストパタン生成手法について
松永裕介九大VLD2016-63 DC2016-57
本稿では信号遷移回数を考慮した遷移故障向けテストパタンを生成する
SATソルバを用いた手法について考察を行う.
... [more]
VLD2016-63 DC2016-57
pp.111-115
VLD, CAS, MSS, SIP
(共催)
2016-06-16
10:30
青森 弘前市立観光館 信号遷移回数を考慮したランダムテストパタン生成法について
松永裕介九大CAS2016-4 VLD2016-10 SIP2016-38 MSS2016-4
本稿ではランダムパタンを用いて遷移故障向けのテストパタン生成をする際に,
信号遷移回数を考慮する手法について提案する... [more]
CAS2016-4 VLD2016-10 SIP2016-38 MSS2016-4
pp.19-22
MSS, CAS, SIP, VLD
(共催)
2015-06-17
11:10
北海道 小樽商科大学 大規模回路向けテストパタン集合最小化手法の高速化について
松永裕介九大CAS2015-5 VLD2015-12 SIP2015-36 MSS2015-5
本稿では大規模回路に適用可能なテストパタン集合最小化手法の高速化技術につ
いて述べる.
具体的には,故障もしくは故障... [more]
CAS2015-5 VLD2015-12 SIP2015-36 MSS2015-5
pp.25-30
DC 2013-02-13
10:25
東京 機械振興会館 SATソルバを用いたテスト生成の高速化手法について
松永裕介九大DC2012-81
SAT ソルバを用いてテスト生成を行なう場合,単純な方法では1 つの故障に対するテスト生成問題を1 つ
の充足可能性判... [more]
DC2012-81
pp.7-12
VLD, IPSJ-SLDM
(連催)
2009-05-20
15:20
福岡 北九州国際会議場 テスト不可能故障の検出数の削減のためのスキャンテスト生成法
小河宏志日大)・吉村正義九大)・細川利典日大)・山崎浩二明大VLD2009-3
LSIの製造歩留まり向上策の一つとして過剰テストが重要となってきている.過剰テストの抑制策のひとつとして,テスト不可能故... [more] VLD2009-3
pp.13-18
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会