電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SS 2019-03-05
14:25
沖縄 沖縄産業支援センター ライブラリ進化への追随のためのソフトウェア修正の共有手法の提案
渥美紀寿京大)・桑原寛明南山大
ソフトウェア開発においてライブラリのバージョン進化に伴なう更新作業は,開発中のソフトウェアが提供すべき機能の本質的な問題... [more] SS2018-78
pp.157-162
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2018-07-18
14:25
北海道 北海道・帯広市 とかちプラザ 視聴覚室/大集会室 組み込みシステムに対する安全な機能追加手法の考察
土田真也中川博之土屋達弘阪大
特定の機能を実現する組み込みシステムに対して, 運用後の機能追加が必要な場合がある. しかし, 組み込みシステムが持つ特... [more] SS2018-8 KBSE2018-18
pp.43-48
KBSE 2018-01-25
13:35
東京 機械振興会館 MAPEループ構造に基づいた機能更新フレームワークに関する考察
土田真也中川博之土屋達弘阪大
特定の機能を実現する組み込みシステムは, 運用後の変更を考慮することが少なく, 一般的に外部からの機能変更は難しい. し... [more] KBSE2017-32
pp.1-6
MSS, SS
(共催)
2015-01-26
13:55
鳥取 ブランナールみささ 派生開発ソフトウェア群に対するコードクローン分析技術の適用事例
肥後芳樹堀田圭佑村上寛明楠本真二阪大)・中村伸裕住友電工)・加藤孝則牟田幸功西川憲二住友電工情報システム
近年盛んにコードクローンの検出および分析技術について研究が行われている
が,その技術の適用結果が報告されるのはオープン... [more]
MSS2014-70 SS2014-34
pp.7-12
SS, MSS
(共催)
2014-01-31
14:00
愛知 豊田中央研究所 ソースコードの自動進化に向けて
村上寛明堀田圭佑肥後芳樹楠本真二阪大
ソースコードの変更作業は難しく,誤った方法で変更してしまったり,変更すべき箇所を見逃してしまったりという人的過失が起こる... [more] MSS2013-69 SS2013-66
pp.107-112
KBSE 2013-09-13
13:15
東京 電気通信大学 [チュートリアル招待講演]要求工学の現状と展望 ~ ソフトウェア進化と自己適応にむけて ~
中川博之電通大
本講演では,7月にリオ・デ・ジャネイロで開催された第21回要求工学国際会議(RE2013)の内容に基づき,要求工学分野に... [more] KBSE2013-50
p.83
SS, IPSJ-SE
(連催)
2012-11-02
11:10
広島 広島市立大学、講堂 小ホール オープンソースソフトウェアにおけるコードクローンの消失に関する調査
堀田圭佑肥後芳樹楠本真二阪大
ソフトウェアの保守を困難にするおそれのある要因の一つとして,コードクローンの存在が指摘されている.その一方で,コードクロ... [more] SS2012-42
pp.111-116
SS 2012-03-14
09:50
沖縄 てんぶす那覇 ソフトウェア進化研究に関する動向調査 ~ IWPSEシリーズを題材に ~
大森隆行丸山勝久立命館大)・林 晋平東工大)・沢田篤史南山大
著者らが実施したソフトウェア進化研究に関する動向調査について紹介する.本稿ではまず,ソフトウェア進化研究を分類するための... [more] SS2011-77
pp.121-126
KBSE, SS
(共催)
2011-07-29
14:30
北海道 北海道情報大学 ソースコードの構造に対する体系的変更内容の復元
畑 秀明阪大)・水野 修京都工繊大)・菊野 亨阪大
リファクタリングなどのソースコード構造の変更はソフトウェア開発において不可避な活動であり,保守性向上の面で推奨もされてい... [more] SS2011-18 KBSE2011-15
pp.31-36
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会