お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 28件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS, SR, SRW
(併催)
2022-03-02
15:00
ONLINE オンライン開催 ダイナミック周波数共用における観測結果の広がりを考慮した二段階無線チャネル観測法の提案
宗 秀哉見口健太湘南工科大)・征矢隼人neko 9
周波数利用効率向上のため,同一無線リソースを複数の無線システムで共用するダイナミック周波数共用(DSS: Dynamic... [more] SR2021-96
pp.49-54
SR 2021-11-05
14:15
ONLINE オンライン開催 逐次型雑音電力推定法の初期パラメータ設定についての一検討
Leow Yau Hong梅林健太東京農工大)・Janne Lehtomakiオウル大SR2021-57
周波数逼迫問題を解決するには, 空き周波数を発見する電力検出が重要な技術である. 電力検出の性能は閾値設定にあるが, 一... [more] SR2021-57
pp.98-103
SR 2021-05-20
10:25
ONLINE オンライン開催 直角位相振幅変調(QAM)信号のための電力検出法の一検討
石原 俊梅林健太東京農工大)・Janne Lehtomakiオウル大SR2021-2
本論文では,フェージングチャネル環境下での直角位相振幅変調(QAM)信号のための電力検出法のいくつかの理論解析法について... [more] SR2021-2
pp.8-15
SR 2021-01-25
10:25
ONLINE オンライン開催 動的・自律分散を指向した周波数共用システムの一検討
小國治也前山利幸拓殖大)・吉岡達哉ATR)・鈴木信雄近畿大)・長谷川晃朗横山浩之ATRSR2020-48
近年の移動通信システムの発展に伴い,周波数資源のひっ迫が懸念されている.そのため,周波数を効率的に使用すべく,様々な技術... [more] SR2020-48
pp.9-14
SR 2020-11-18
14:20
ONLINE オンライン開催 適合度に基づく雑音電力推定法
岩田大輝梅林健太東京農工大SR2020-28
本稿では,電力検出器を用いたスペクトラムセンシングや周波数利用観測に着目する.この場合,電力検出閾値の適切な設定のために... [more] SR2020-28
pp.37-43
SR 2019-12-06
10:50
沖縄 石垣市民会館(石垣島) SNR推定を伴う電力検出閾値の設定に関する一検討
岩田大輝梅林健太東京農工大SR2019-102
電力検出は計算量や検出に必要な事前情報の観点からスペクトラムセンシングや周波数利用観測によく用
いられる検出法である.... [more]
SR2019-102
pp.75-82
SR 2019-12-06
11:15
沖縄 石垣市民会館(石垣島) 直角位相振幅変調(QAM)信号のための電力検出法の一検討
石原 俊梅林健太東京農工大)・Janne Lehtomakiオウル大SR2019-103
本発表では、直角位相振幅変調(QAM)信号のための電力検出法について検討を行う。
受信信号の振幅にランダム性がある場合... [more]
SR2019-103
pp.83-86
RISING
(第二種研究会)
2019-11-26
10:30
東京 東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター [ポスター講演]直角位相振幅変調(QAM)信号のための電力検出法の一検討
石原 俊梅林健太東京農工大)・Janne Lehtomakiオウル大
本発表では,直角位相振幅変調(QAM)信号のための電力検出法について検討を行う.受信信号の振幅にランダム性がある場合,信... [more]
RCS, SR, SRW
(併催)
2019-03-08
10:55
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク [依頼講演]高速クロック切り替えを用いた無線IoTリアルタイムスペクトラムモニタ用ダイレクトRFアンダーサンプリング受信機
古市朋之本良瑞樹亀田 卓末松憲治東北大SR2018-139
近年,産業界などを中心に無線IoT(Internet of Things)の普及が加速しており,異種の無線システム間の電... [more] SR2018-139
pp.103-109
RCS 2018-04-23
09:30
山口 湯田温泉 ホテルニュータナカ 移動伝送用FPUにおける干渉回避のためのスペクトラムセンシング方式の検討
須藤浩章小坂和裕金本英樹下条則之安永 毅上杉 充パナソニックRCS2018-1
近年Time Division Duplex(TDD)方式を用いた双方向の移動伝送用Field Pick-up Unit... [more] RCS2018-1
pp.1-6
RCS, CCS, SR, SRW
(併催)
2016-03-03
10:15
東京 東京工業大学 フェージング環境におけるプライマリユーザ信号の時間的変化を考慮したデータベース精度向上法の検討
王 昊佐藤光哉藤井威生電通大SR2015-99
周波数枯渇問題の解決に向け,コグニティブ無線を用いた周波数共用による実用的な電波環境推定技術として電波環境データベースが... [more] SR2015-99
pp.65-70
SR 2015-05-28
13:00
兵庫 明石市立産業交流センター 重み付け協調センシングおよび電波環境データベースを用いたプライマリユーザの状態遷移検出法の一検討法
王 昊藤井威生電通大SR2015-1
%和文あらまし
コグニティブ無線を用いた周波数共用において,周波数の二次利用者(SU: Secondary User... [more]
SR2015-1
pp.1-6
RCS, NS
(併催)
2014-12-18
10:50
三重 伊勢市観光文化会館(三重) QoE志向型無線LANにおける遅延を考慮したアクセス制御の性能評価
関口真理子矢野一人有吉正行熊谷智明ATRRCS2014-224
筆者らは,複数の無線システムが共存している周波数帯域において,運用品質を充足するアプリケーションを最大化するようアクセス... [more] RCS2014-224
pp.25-29
SR 2014-10-30
13:00
海外 I2R, シンガポール [ポスター講演]FFTを用いた非所望信号のスペクトル検出に関する一検討
東 亮太・○太田真衣福岡大)・田久 修信州大)・藤井威生電通大)・太郎丸 真福岡大SR2014-65
コグニティブ無線システムにおいて,無線環境を認知するためのスペクトルセンシングは重要な技術の一つである.電力検出器を用い... [more] SR2014-65
pp.33-34
SR 2014-10-30
13:00
海外 I2R, シンガポール [ポスター講演]Prediction of Next ON/OFF State of Primary System by N-order Markov Chain
Ryota NakanishiMai OhtaMakoto TaromaruFukuoka Univ.SR2014-66
本研究では, センシング回数を抑制するために, N重マルコフ連鎖を用いた最尤推定法により次におこるプライマリシステム(P... [more] SR2014-66
pp.35-36
SR 2014-05-23
14:10
神奈川 東芝研修センター フィルタバンクを用いた遅延相関によるOFDM信号の検出特性
小田二弘之内田翔也高井 涼眞田幸俊慶大SR2014-17
OFDM信号の検出方式としてサイクリックプレフィックスを利用した遅延相関による方式が検討されてきた.
周波数オフセット... [more]
SR2014-17
pp.111-117
ASN, RCS, NS, SR
(併催)
2013-07-18
15:45
静岡 アクトシティ浜松 [ポスター講演]GNU Radioを用いたFFT解析による信号検出時間の検討
水谷祐基佐藤 学川喜田佑介市川晴久電通大NS2013-52 RCS2013-103 SR2013-41 ASN2013-70
自立給電型ワイヤレスセンサの発信周波数の検出を目的とし, GNU Radioを用いたFFT解析にかかる処理時間の定式化と... [more] NS2013-52 RCS2013-103 SR2013-41 ASN2013-70
pp.103-108(NS), pp.145-150(RCS), pp.119-124(SR), pp.131-136(ASN)
SR, AN, USN, RCS
(併催)
2012-10-19
13:30
福岡 福岡大学 ホワイトスペースを用いた自律分散マルチホップ車車間通信システム(Part2) ~ スペクトラムセンシングおよびホップ間干渉低減 ~
井原 隆クレモ ハリスアルトゥンタシュ オヌル田中英明トヨタIT開発センター)・安藤圭佑吉村 力塚本和也鶴 正人尾家祐二九工大)・大竹賢明北村優行藤井威生電通大SR2012-71
本稿は,2012年1-2月にかけて宮崎県美郷町で実施した自律分散マルチホップ車車間通信システムの実証実験における,スペク... [more] SR2012-71
pp.211-217
SR, RCS, SRW
(併催)
2012-03-07
13:00
神奈川 YRP 有限ランダム行列理論を用いたスペクトラムセンシングアルゴリズム
張 文勝慶大)・Giuseppe AbreuUniv. of Oulu)・○稲森真美子眞田幸俊慶大SR2011-112
本報告では,コグニティブ無線における有限ランダム行列理論を用いたプライマリ信号検出法を検討する.
プライマリ信号の存在... [more]
SR2011-112
pp.57-63
MW 2012-03-02
15:15
佐賀 佐賀大学 RF直交アンダーサンプリング法によるスペクトラムセンシング技術の検討
奥泉良一東京理科大)・山口 陽NTT)・村口正弘東京理科大MW2011-188
無線システムの多様化に伴い注目されてきているコグニティブ無線では、バンドの使用状態を把握するスペクトラムセンシングがキー... [more] MW2011-188
pp.115-120
 28件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会