お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 27件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EMT, IEE-EMT
(連催)
2020-11-05
14:30
ONLINE オンライン開催 2次元MDMプラズモニック導波路により構成される共振器構造の特性解析
中 良弘横田光広宮崎大)・西本昌彦熊本大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
EMT, IEE-EMT
(連催)
2019-11-08
10:35
佐賀 ホテル春慶屋 共振器を有する2次元MDMプラズモニック光素子の特性解析
中 良弘九州保健福祉大)・西本昌彦熊本大EMT2019-65
2次元Metal-Dielectric-Metal (MDM)プラズモニック導波路により構成される共振器を有する光素子の... [more] EMT2019-65
pp.183-187
OCS, LQE, OPE
(共催)
2019-10-18
15:30
鹿児島 サンプラザ天文館(鹿児島) 光トポロジーを利用したSi基板上における光渦スプリッタに関する研究
岡田 祥雨宮智宏齋藤孝一各務 響田中真琴西山伸彦東工大)・胡 暁物質・材料研究機構OCS2019-49 OPE2019-87 LQE2019-65
従来のシリコンフォトニクス光回路に集積可能な光渦スプリッタの提案を行う. 素子は, 蜂の巣格子状に配置された C6 対称... [more] OCS2019-49 OPE2019-87 LQE2019-65
pp.113-118
OPE
(共催)
OFT, OCS
(併催) [詳細]
2019-02-14
16:30
福岡 リファレンス 大博多貸会議室 光ファイバ側方出力装置の適用心線拡大に向けた基礎検討
植松卓威廣田栄伸飯田裕之安部直嗣NTTOFT2018-74 OPE2018-199
光アクセス網の線路保守作業の高効率化に向けて,所外8分岐スプリッタ下部の光ファイバ素線およびルースチューブで覆われた光フ... [more] OFT2018-74 OPE2018-199
pp.23-26(OFT), pp.39-42(OPE)
IT 2018-07-19
15:05
奈良 やまと会議室 コヒーレント状態から作られる基底状態とビームスプリッターを用いた量子テレポーテーションの定式化について
松原優香渡邉 昇東京理科大IT2018-15
先行研究では,エンタングルド状態を数学的に用意した量子テレポーテーションの定式化が行われた. 本 研究では,コヒーレン... [more] IT2018-15
pp.15-18
OPE 2017-12-07
13:15
沖縄 まりんぴあみやこ [ポスター講演]方向性結合器を用いた導波路型偏波スプリッタの消光比向上に向けた設計と評価
三津野翔哉丸山武男金沢大OPE2017-100
Si/SiO2導波路のように高い屈折率差は高密度集積を可能にするが、一方強い偏波依存性の原因となり、設計を複雑化させる要... [more] OPE2017-100
pp.59-62
OPE 2017-12-08
10:40
沖縄 まりんぴあみやこ [招待講演]光接続技術の信頼性
鹿間光太荒武 淳NTTOPE2017-112
光コネクタや光スプリッタなどに代表されるパッシブ光デバイスでは、屋外などの過酷な環境下においても、20年レベルの長期的な... [more] OPE2017-112
pp.115-119
CPM, OPE, LQE, R, EMD
(共催)
2015-08-27
11:25
青森 青森県観光物産館アスパム [招待講演]FTTHを支える石英系PLC型光スプリッタの実装方法とフィールドにおける信頼性
荒武 淳NTTR2015-25 EMD2015-33 CPM2015-49 OPE2015-64 LQE2015-33
石英系プレーナ光波回路(PLC : Planar Lightwave Circuit)技術は、現在のPON(Passiv... [more] R2015-25 EMD2015-33 CPM2015-49 OPE2015-64 LQE2015-33
pp.13-16
IT 2015-07-13
13:25
東京 東京工業大学 Fichtner-Freudenberg表現による一般化ビームスプリッターを用いた量子論理回路の定式化について
小平慶太渡邉 昇東京理科大IT2015-22
近年,量子コンピュータにつて研究されている.量子コンピュータは現在使われているコンピュータに比べ,計算速度が圧倒的に速い... [more] IT2015-22
pp.29-34
EMCJ 2015-05-15
13:50
香川 ネクスト香川 30 MHz以下における標準磁界発生器の開発
藤井勝巳和氣加奈子NICT)・石居正典産総研EMCJ2015-13
磁界アンテナ係数が既知のループアンテナを用いて標準磁界を発生させることが可能な「標準磁界発生器」について検討を行った.提... [more] EMCJ2015-13
pp.31-36
IT 2013-07-26
13:25
東京 早稲田大学 西早稲田キャンパス ビームスプリッターによって生成された量子エンタングルド状態を用いた量子テレポーテーションの定式化
大倉隆輔渡邉 昇東京理科大IT2013-24
今回扱う量子テレポーテーションは,送り手側の持っている量子状態をそのままの状態で受け手側に送る量子通信である.この量子通... [more] IT2013-24
pp.65-68
OCS, OFT
(併催)
2010-08-26
17:20
北海道 旭川ときわ市民ホール エバネッセント場の相互作用によるエネルギー伝搬を用いた光学系の、光通信デバイスへの応用 ~ マクスウェル方程式の厳密解に基づく予言 ~
狐崎直文水澤純一狐崎晶雄青学大OCS2010-43
幅dの真空(空気)ギャップを屈折率(n>1)が同じ誘電体領域で挟んだ光学系の電磁気特性を調べた。この光学系に2つの光を両... [more] OCS2010-43
pp.41-46
IT 2010-07-23
15:20
東京 工学院大学 4ビームスプリッターを用いた量子論理ゲートの誤り確率について
高尾裕亮佐藤弘基渡邉 昇東京理科大IT2010-32
現在のコンピューターを動作させるための原理の一つである論理ゲートは入力線と出力線の数が異なるため入力と出力の関係を可逆的... [more] IT2010-32
pp.119-123
OPE, OFT
(共催)
2010-02-26
16:50
東京 機械振興会館 所外光スプリッタ下部心線のフィルタ有無判別ツールの開発
山根俊和荒木則幸藤本 久NTTOFT2009-93 OPE2009-234
PON を用いた光アクセス網においては,所外光スプリッタ下部区間において,各分岐線路に光パワーが等配分されるため,従来の... [more] OFT2009-93 OPE2009-234
pp.53-57
OPE, EMT, MW
(共催)
2009-07-30
13:00
北海道 旭川市民文化会館 高RF出力PDアレイモジュール
板倉成孝永塚 勉大塚浩志森 一富酒井清秀平野嘉仁三菱電機MW2009-34 OPE2009-34
裏面入射型InGaAs pinフォトダイオード(PD)素子を用いた高RF出力PDアレイモジュールを開発した.このモジュー... [more] MW2009-34 OPE2009-34
pp.25-30
OFT 2009-01-22
16:40
高知 高知工科大学 故障率に基づきCAPEXとOPEXの最小化を実現する光アクセスネットワークの光機能部品選択方法
渡辺 汎荒木則幸東 裕司NTTOFT2008-78
光アクセスネットワークの建設費用(CAPEX)と保守費用(OPEX)の合計であるトータルコストを最小化する光機能部品選択... [more] OFT2008-78
pp.35-38
MW, EMCJ
(共催)
2008-10-23
15:55
山形 山形大学(米沢) 二次元ショットキーCRLH線路を用いた空間的孤立波生成と応用
中道 徹楢原浩一山形大EMCJ2008-65 MW2008-109
本稿は、ショットキーバラクタを周期的に装荷した二次元右手左手系混合 (CRLH)線路による空間的孤立波を用いた適応型パル... [more] EMCJ2008-65 MW2008-109
pp.35-40
IN 2008-06-20
11:00
北海道 北海道大学 Flexcast多地点映像配信システムにおけるSplitterとGatewayの機能拡張
豊島 鑑室岡孝宏高橋宏和上松 仁石田 修NTTIN2008-18
映像音声ストリームを多地点配信することが以前より普通に行われるようになってきている。ルータにIP Multicast設定... [more] IN2008-18
pp.51-56
OPE, OCS
(併催)
2008-05-16
13:20
東京 機械振興会館 石英基板上のPLC型1x64スプリッタの開発
津田寿昭長谷川淳一奈良一孝古河電工OPE2008-10
最近,日本国内ではブロードバンドサービスが急速に普及しており,光ファイバを使ったFTTH(Fiber To The Ho... [more] OPE2008-10
pp.7-10
OFT 2008-01-25
09:55
広島 広島工業大学 石英基板上のPLC型2x32スプリッタの開発
内田泰芳奈良一孝津田寿昭古河電工OFT2007-57
近年、世界的にFTTH(Fiber To The Home)に向けた光アクセス網の整備が進められており、それに伴って中国... [more] OFT2007-57
pp.41-44
 27件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会