お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 30件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICSS 2019-11-13
14:55
宮崎 MRTテラス(宮崎市) 悪性メールに含まれるURLのリダイレクト及びその地理的情報の調査
山崎慎治落合秀也江崎 浩東大ICSS2019-63
電子メールはインターネットの普及初期から現在に至るまでに,コンピュータを用いる通信手段として最も利用されるツールの一つと... [more] ICSS2019-63
pp.19-23
ISEC, SITE, ICSS, EMM, HWS, BioX
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2019-07-23
13:35
高知 高知工科大学 破滅的忘却を軽減するニューラルネットワークを用いたスパムフィルタの提案
川原秀一シン ルー稲葉宏幸京都工繊大ISEC2019-32 SITE2019-26 BioX2019-24 HWS2019-27 ICSS2019-30 EMM2019-35
スパムメールの傾向は年々変化している.近年の傾向として,海外のメールサーバーから送信されたスパムメールが増加しており,送... [more] ISEC2019-32 SITE2019-26 BioX2019-24 HWS2019-27 ICSS2019-30 EMM2019-35
pp.171-178
LOIS 2019-03-08
11:15
沖縄 宮古島市中央公民館 視聴覚室 複数レビューサイト間の整合性を利用したスパムレビュー検出法と性能評価
姚 楚豪王 家宏児玉英一郎岩手県立大LOIS2018-71
近年,アマゾンや楽天市場,食べログに代表されるユーザのレビュー情報を記載したサイトが広く普及している.購買行動に影響を与... [more] LOIS2018-71
pp.91-96
KBSE 2019-01-26
16:05
東京 国立情報学研究所 複数レビューサイト間の整合性を利用したスパムレビュー検出法
姚 楚豪王 家宏児玉英一郎岩手県立大KBSE2018-51
近年,アマゾンや楽天市場,食べログに代表とされるユーザのレビュー情報を記載したサイトが広く普及している.購買行動に影響を... [more] KBSE2018-51
pp.49-54
KBSE 2018-03-01
10:00
沖縄 石垣市民会館 中ホール センチメント分析を用いたスパムレビューの検出手法
姚 楚豪王 家宏児玉英一郎岩手県立大KBSE2017-39
近年,楽天市場や食べログを代表とするユーザのレビューを載せているサイトが広く普及している.購買行動に影響を与える重要な要... [more] KBSE2017-39
pp.1-6
IA, ICSS
(共催)
2017-06-08
14:50
高知 高知工科大学 永国寺キャンパス おとりを利用した無料サービスによるメールアドレスの漏洩調査に関する研究
橋田啓佑川北 将島 成佳NECIA2017-5 ICSS2017-5
近年、電子メールを利用したサイバー攻撃は社会的に大きな問題となっている。攻撃メールの送信先となるメールアドレスの収集につ... [more] IA2017-5 ICSS2017-5
pp.25-29
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2016-03-03
12:40
京都 京都大学 学術情報メディアセンター 南館 自律学習能力を有する悪性スパムメール検出システム
小坂翔吾北園 淳小澤誠一神戸大)・班 涛中里純二NICT)・島村隼平クルウィットICSS2015-50
近年,悪性なWebページに受信者を誘導するスパムメールによる被害が深刻化している.本研究では,それらの悪性なスパムメール... [more] ICSS2015-50
pp.19-24
NC, MBE
(共催)
2015-03-16
14:00
東京 玉川大学 グレーSOMを用いたスパムメールフィルタリング
宮本直樹六井 淳島根大MBE2014-165 NC2014-116
近年のスパムメール増加に伴い、ハムメールかスパムメールかの識別は重要な課題となっている。判定の曖昧なメールデータはグレー... [more] MBE2014-165 NC2014-116
pp.271-276
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2014-03-28
09:25
沖縄 名桜大学(沖縄県名護市) メール転送経路に着目したスパムメール分析
中里純二班 涛NICT)・島村隼平クルウィット)・衛藤将史井上大介中尾康二NICTICSS2013-75
スパムメール本文を用いた特徴分析では,スパムメールの目的(キャンペーン)により特徴が変化する.そこで本論文では,キャンペ... [more] ICSS2013-75
pp.101-106
CS 2013-11-15
10:35
北海道 登別温泉 第一滝本館(北海道) ハイジャックされたアカウントからの音声スパム発信防止手法
豊田健太郎笹瀬 巌慶大CS2013-56
SNS (Social Networking Service)にVoIP (Voice over IP)を統合する動きが... [more] CS2013-56
pp.93-98
IA, ICSS
(共催)
2011-06-16
13:05
福岡 九州工業大学 IPレピュテーションの統合方法
森 達哉佐藤一道高橋洋介木村達明石橋圭介NTTIA2011-1 ICSS2011-1
IP レピュテーションシステムは,過去の観測に基づいてIPアドレスの格付けを行い,外部からの問い合わせに応じて格付の結果... [more] IA2011-1 ICSS2011-1
pp.1-6
IN, NS
(併催)
2011-03-04
09:10
沖縄 沖縄コンベンションセンター 編集距離の最近傍探索を用いたインネットワーク・スパムフィルタリング手法
塚島洋介中尾彰宏東大NS2010-244
近年,スパムメールは増加の一途を辿り,インターネットメールの80\%以上はスパムであるという統計がある.
従来,スパム... [more]
NS2010-244
pp.449-454
ISEC, SITE, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC
(連催) [詳細]
2010-07-01
15:05
青森 弘前大学 電子メール送信元認証技術の正しい利用と誤用の分析
森 達哉NTTISEC2010-22 SITE2010-18 ICSS2010-28
電子メール送信者認証はメッセージ送信元に関する正当性の検証を実現する有望な技術である.今日の主要な電子メール送信者認証技... [more] ISEC2010-22 SITE2010-18 ICSS2010-28
pp.101-106
NLC 2010-01-25
14:20
広島 広島市まちづくり市民交流プラザ 個人適応型Splogフィルタリングシステムの実現に向けて ~ Splog判定データセットの構築と機械学習を用いたシステムの実装 ~
芳中隆幸東京電機大)・福原知宏東大)・増田英孝東京電機大)・中川裕志東大NLC2009-38
ブログはその特性上, ユーザの嗜好により必要とする情報が異なる.
また, スパムブログ(スプログ, Splog)はメ... [more]
NLC2009-38
pp.31-36
NS, OCS, PN
(併催)
2009-06-26
13:25
長崎 長崎歴史文化博物館 [奨励講演]SMTPサーバにおけるDATAコマンド受信時でのスパムメール判定に関する検討と大規模データによる評価
澤谷雪子三宅 優KDDI研NS2009-41
近年,スパムメールはメール全体の約85%を占めていると言われており,SMTPサーバには深刻な負荷が生じている.これに対し... [more] NS2009-41
pp.61-66
ICSS 2009-05-15
13:40
兵庫 神戸大学 [特別講演]ITU-T SG17 (Security)における国際標準化動向 ~ ネットワークセキュリティとID管理に関する標準化動向 ~
三宅 優・○渡辺 龍KDDI研ICSS2009-2
本稿では、電気通信に関わる標準化団体であるITU-Tにおいて検討されているセキュリティに関わる検討状況を説明する。ITU... [more] ICSS2009-2
pp.3-8
ICSS 2009-05-15
15:10
兵庫 神戸大学 スパムメールに起因するWeb型受動攻撃の実態調査
川古谷裕平秋山満昭青木一史伊藤光恭NTT)・高倉弘喜京大ICSS2009-5
近年、スパムメールを利用してインターネットユーザを悪意のあるWebサイトに誘導し、ユーザのブラウザを攻撃することでマルウ... [more] ICSS2009-5
pp.21-26
IN, NS
(併催)
2009-03-03
09:20
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル PrBL:スパムメールのための確率的なブラックリストの提案
森 達哉NTTNS2008-146
スパムメールの急増に伴い,メール配送処理系の負荷集中が顕著な問題となって
いる.スパムメールに要する配送処理負荷を軽減... [more]
NS2008-146
pp.15-20
DE 2008-12-01 東京 学習院 創立百周年記念会館 [ポスター講演]ユーザ適応型Splogフィルタリングのためのユーザ固有Splog空間の分析
芳中隆幸東京電機大)・福原知宏東大)・増田英孝東京電機大)・中川裕志東大DE2008-51
今日のスパムブログ(Splog) は増加の一途を辿っており, Web やブログ空間におけるノイズとなっている.
本研究... [more]
DE2008-51
pp.1-2
ICM, CQ, NS
(併催)
2008-11-14
14:40
福島 日本大学(郡山) SMTPサーバにおけるDATAコマンド受信時でのスパムメール判定に関する検討
澤谷雪子三宅 優KDDI研NS2008-107
近年,スパムメールはメール全体の約80%を占めていると言われており,増加の一途を辿っており,SMTPサーバには深刻な負荷... [more] NS2008-107
pp.109-114
 30件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会