お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 59件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
WBS, IT, ISEC
(共催)
2021-03-04
10:15
ONLINE オンライン開催 Salsa20の入力/出力差分の新たな線形バイアスの解析
渡辺 瞭宮地充子阪大IT2020-120 ISEC2020-50 WBS2020-39
暗号技術の中でもストリーム暗号であるSalsa20は,TLS 1.3に選定されたChaCha20の前身であり,その安全性... [more] IT2020-120 ISEC2020-50 WBS2020-39
pp.52-57
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2021-03-02
15:20
ONLINE オンライン開催(ハイブリッド開催から変更) ストリーム暗号Salsaの線形確率について
李 君如阪大)・宮地充子阪大/北陸先端大ICSS2020-51
Salsa20 は 2005 年に D.J.Bernstein によって設計されたストリーム暗号である.Salsa20 ... [more] ICSS2020-51
pp.150-153
ISEC, IT, WBS
(共催)
2020-03-11
09:30
兵庫 兵庫県立大学 神戸情報科学キャンパス(神戸ポートアイランド)
(開催中止,技報発行あり)
KCipher-2に対する差分攻撃への耐性評価
寶木 仁阪本光星兵庫県立大)・峯松一彦NEC)・五十部孝典兵庫県立大/NICTIT2019-108 ISEC2019-104 WBS2019-57
本稿では, CYPTREC暗号リストの電子政府推奨暗号にストリーム暗号としては唯一選定されているKCipher-2の差分... [more] IT2019-108 ISEC2019-104 WBS2019-57
pp.121-126
NLP, NC
(併催)
2019-01-24
09:50
北海道 北海道大学 百年記念会館 間歇結合型カオス振動子群の部分同期に基づくメッセージ転送
長 憲一郎大西真史・○宮野尚哉立命館大NLP2018-110
間歇的に相互拡散結合される星形カオスネットワーク振動子間の部分同期を利用すると、送信者から受信者へのメッセージ転送が可能... [more] NLP2018-110
pp.77-82
SITE, ISEC, LOIS
(共催)
2018-11-03
11:00
福岡 九州大学 大橋キャンパス ストリーム暗号のバイアス探索に関する統計的な評価手法
棚本清也大東俊博東海大)・五十部孝典兵庫県立大ISEC2018-64 SITE2018-42 LOIS2018-24
キーストリームの偏り(バイアス)を用いた平文回復攻撃がストリーム暗号で提案されている.攻撃に使用されるバイアスは実験的に... [more] ISEC2018-64 SITE2018-42 LOIS2018-24
pp.1-6
SITE, ISEC, LOIS
(共催)
2018-11-03
11:30
福岡 九州大学 大橋キャンパス ニューラルネットワークを用いた擬似乱数検証ツールに関する検討
木村隼人東海大)・五十部孝典兵庫県立大)・大東俊博東海大ISEC2018-65 SITE2018-43 LOIS2018-25
ストリーム暗号の安全性は,使用されている擬似乱数生成器の安全性に依存する.擬似乱数生成器の安全性を評価する際には,各種暗... [more] ISEC2018-65 SITE2018-43 LOIS2018-25
pp.7-12
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2018-03-07
14:50
北海道 沖縄北部雇用能力開発総合センター ストリーム暗号Salsa20/ChaCha20のdiffusionの再設計による安全性評価
松岡勇介宮地充子阪大ICSS2017-62
2016 年4 月現在,新しく提案されたTLS 1.3~cite{TLS}では,共通鍵暗号の暗号化方式として,ブロック暗... [more] ICSS2017-62
pp.67-72
ISEC, WBS, IT
(共催)
2017-03-09
10:25
東京 東海大学 高輪キャンパス ストリーム暗号Grain v1の出力の鍵依存度に関する考察
城所賢史東海大)・五十部孝典神戸大)・大東俊博東海大IT2016-99 ISEC2016-89 WBS2016-75
中間一致攻撃はブロック暗号の強力な攻撃法の一つである.近年,ブロック暗号用の解読手法がストリーム暗号に適用されて解読に結... [more] IT2016-99 ISEC2016-89 WBS2016-75
pp.1-6
EMM, ISEC, SITE, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2016-07-15
09:55
山口 中市コミュニティーホール Nac Vector Stream Cipherのさらなる安全性の向上について
岩崎 淳梅野 健京大ISEC2016-28 SITE2016-22 ICSS2016-28 EMM2016-36
Vector Stream Cipher (VSC) は,速度や実装の軽量さの面で優れたストリーム暗号であるが,安全性の... [more] ISEC2016-28 SITE2016-22 ICSS2016-28 EMM2016-36
pp.115-120
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2016-03-04
13:30
京都 京都大学 学術情報メディアセンター 南館 ストリーム暗号RC4における新しい鍵相関
道廣大喜北陸先端大)・宮地充子阪大/北陸先端大/JSTICSS2015-65
ストリーム暗号RC4は1994年にアルゴリズムが判明して以来,様々な解析がなされてきた.特に,既知鍵ストリーム攻撃を想定... [more] ICSS2015-65
pp.111-116
ISEC, SITE, ICSS, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2015-07-02
11:05
愛知 名古屋市中小企業振興会館 吹上ホール 擬似乱数生成器QP-DYNに対する選択初期値攻撃
荒井研一五十嵐保隆金子敏信東京理科大ISEC2015-11 SITE2015-9 ICSS2015-21 EMM2015-19
QP--DYNは大矢及びAccardiらによって提案された擬似乱数生成器である.
2014年に入山及び大矢らによってQ... [more]
ISEC2015-11 SITE2015-9 ICSS2015-21 EMM2015-19
pp.15-21
ISEC, IT, WBS
(共催)
2015-03-02
10:30
福岡 北九州市立大学 ひびきのキャンパス GPUによるOptimal Extension Fieldを用いたQUADストリーム暗号の高速化
田中哲士ISIT/九大)・鄭 振牟九大)・安田貴徳九州先端科学技研)・櫻井幸一ISIT/九大IT2014-62 ISEC2014-75 WBS2014-54
鍵ストリームの生成に多変数二次多項式の付値を用いるQUADストリーム暗号において,有限体上の乗算はコアな計算である.
... [more]
IT2014-62 ISEC2014-75 WBS2014-54
pp.1-4
ISEC, LOIS, SITE
(共催)
2014-11-21
13:25
兵庫 兵庫県立大学 神戸情報科学キャンパス Graphics Processing Unitによるマルチストリーム方式を用いたQUADストリーム暗号の高速化
田中哲士九州先端科学技研/九大)・鄭 振牟九大)・安田貴徳九州先端科学技研)・櫻井幸一九州先端科学技研/九大ISEC2014-56 SITE2014-47 LOIS2014-26
QUADストリーム暗号は多変数公開鍵暗号の理論をベースとしており,数学的に安全性を証明できる暗号である.一方で,この暗号... [more] ISEC2014-56 SITE2014-47 LOIS2014-26
pp.1-6
ISEC 2014-05-09
14:00
東京 機械振興会館 RC4のLong-Term Glimpseにおける新しいNegative Biases
伊藤竜馬宮地充子北陸先端大ISEC2014-3
RC4は1987年にRon Rivestによって提案され,SSL/TLS,WEP,WPA等の標準プロトコルに広く利用され... [more] ISEC2014-3
pp.13-19
ISEC, IT, WBS
(共催)
2014-03-10
11:00
愛知 名古屋大学 東山キャンパス ZigBee評価用マイコン上に実装されたKCipher-2に対する相関電磁波解析の検討
宇野 甫遠藤 翔本間尚文青木孝文東北大)・仲野有登清本晋作三宅 優KDDI研IT2013-59 ISEC2013-88 WBS2013-48
ソフトウェア実装されたストリーム暗号KCipher-2に対する相関電磁波解析について述べる.ストリーム暗号の場合,攻撃者... [more] IT2013-59 ISEC2013-88 WBS2013-48
pp.35-40
NS 2014-01-23
13:10
沖縄 琉球大学 [招待講演]高信頼ディザスタリカバリ技術の研究開発
宮保憲治東京電機大NS2013-163
現在の高度情報化社会では,殆どの社会情報活動が電子情報基盤上で実現され,地震や火災等の自然災害発生時やテロ活動等の場合に... [more] NS2013-163
pp.1-6
ISEC 2011-12-14
11:00
東京 機械振興会館 ストリーム暗号Enocoro-128 v2に対する相関電力解析
三上修吾渡辺 大日立ISEC2011-62
本論文では,ストリーム暗号Enocoro-128 v2(以下,Enocoro)へのサイドチャネル攻撃手法の提案を目的とし... [more] ISEC2011-62
pp.1-6
IT 2011-07-21
14:25
岡山 岡山大学 確率推論アルゴリズムに基づくストリーム暗号の鍵推定に関する一考察
飯窪祐二堀井俊佑松嶋敏泰早大IT2011-11
共通鍵暗号の一種であるストリーム暗号は,鍵を擬似乱数生成器に入力することで得られる鍵系列と平文系列との排他的論理和をとる... [more] IT2011-11
pp.7-12
ISEC 2011-05-13
14:20
東京 機械振興会館 多変数多項式暗号のGPUによる高速実装と評価
田中哲士櫻井幸一九大ISEC2011-3
QUADと呼ばれるストリーム暗号は,多変数多項式を利用することにより他の秘密鍵暗号にはない数学問題の解決困難性に基づいた... [more] ISEC2011-3
pp.17-22
NLP 2011-03-10
13:30
東京 東京理科大学森戸記念館 非線形関数とVolterraフィルタを組み合わせたカオスシステムの研究
川西義明渡辺大貴中山有洋佐藤泰智・○吉田大希鎌田弘之明大NLP2010-171
本研究ではこれまで、2次の線形/非線形ディジタルフィルタをもとに同期をとるカオス変調システムについて検討している。2次フ... [more] NLP2010-171
pp.47-52
 59件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会