お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 12件中 1~12件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EA 2020-12-14
11:35
ONLINE オンライン開催 Filtered-x法のための高周囲騒音下における低減効果向上法に関する検討
藤井健作コダウェイ研)・棟安実治関西大)・苣木禎史千葉工大EA2020-51
本報告では,騒音検出マイクロホンに混入する周囲騒音によって生じるバイアス誤差の補正法の1つを提案する.学習同定法の1次巡... [more] EA2020-51
pp.31-38
SP, EA, SIP
(共催)
2020-03-03
09:00
沖縄 沖縄産業支援センター
(開催中止,技報発行あり)
フィードバック型能動騒音制御システムにおける事前推定適応フィルタのステップサイズ制御法に関する検討
藤井健作コダウェイ研)・棟安実治関西大)・苣木禎史千葉工大EA2019-143 SIP2019-145 SP2019-92
本報告では,フィードバック型能動騒音制御システムで構成される帰還系を推定する適応フィルタの所要推定誤差による収束判定法の... [more] EA2019-143 SIP2019-145 SP2019-92
pp.243-250
EA 2018-12-14
10:55
福岡 九州大学 未知の音響系を推定する適応フィルタの収束判定法に関する検討
藤井健作コダウェイ研)・棟安実治関西大EA2018-90
スピーカとマイクロホンを同一空間内に設置するシステムでは,両者の間に音響結合が生じることは避けられない.その結合の低減に... [more] EA2018-90
pp.59-66
EA 2018-10-12
11:15
福島 いわき産業創造館(いわき市) 騒音制御下における帰還系の再推定法に関する検討
藤井健作コダウェイ研)・棟安実治関西大EA2018-61
本検討では,騒音制御下おいて帰還系を再推定する方法の1つを提案する.騒音低減効果を高く維持するためには帰還系の相殺誤差は... [more] EA2018-61
pp.53-58
EA, ASJ-H
(共催)
2018-08-23
12:30
宮城 東北学院大学 連立方程式法に適用される補助フィルタの係数収束判定法に関する検討
藤井健作コダウェイ研)・棟安実治関西大EA2018-28
能動騒音制御に適用される連立方程式法では,騒音制御フィルタの入力から誤差マイクロホンの出力に至る総合系が補助フィルタで推... [more] EA2018-28
pp.1-6
EA 2018-02-15
15:00
広島 県立広島大学 能動騒音制御のための事前推定フィルタの係数収束判定法に関する検討
藤井健作コダウェイ研)・棟安実治関西大EA2017-94
制御対象騒音をマイクロホンで採取する構造のフィードフォワード型能動騒音制御システムでは制御開始前に2次系と帰還系を適応フ... [more] EA2017-94
pp.7-12
EA, US
(併催)
2014-01-28
13:25
大阪 関西大学 100周年記念会館 音響エコーキャンセラにおける減衰量制御法に関する検討
澤田拓也吉岡拓人藤井健作兵庫県立大)・棟安実治関西大)・森本雅和兵庫県立大EA2013-114
適応フィルタを用いた音響エコーキャンセラにおける音声スイッチの減衰量を制御する方法を提案する.
本論文では,シミュレー... [more]
EA2013-114
pp.63-68
US, EA
(併催)
2013-01-25
14:40
京都 同志社大学 室町キャンパス 寒梅館 車載用音響エコーキャンセラに関する検討
澤田拓也藤井健作兵庫県立大)・棟安実治関西大)・森本雅和兵庫県立大EA2012-140
本論文では,非再帰型と再帰型フィルタ縦続接続として構成される適応フィルタで未知系の同定を行う新しい手法の一つを提案する.... [more] EA2012-140
pp.121-126
SIP, EA
(共催)
2008-05-30
11:25
大阪 関西大学 ダブルトーク環境下で音響エコーを安定的に低減する方法
岡 竜一藤井健作兵庫県立大)・棟安実治関西大EA2008-21 SIP2008-30
本報告では,ダブルトークとエコー経路変動の識別を必要としないステップサイズの制御法を提案する.音響エコーキャンセラには適... [more] EA2008-21 SIP2008-30
pp.19-26
SIS 2007-12-11
14:25
兵庫 兵庫県民会館 ALE及びNEFを用いた正弦波騒音及び広帯域騒音抑圧法のステップサイズ制御に関する検討
渡辺匡哉笹岡直人伊藤良生鳥取大)・藤井健作兵庫県立大SIS2007-67
従来から筆者らは,広帯域騒音及び正弦波騒音の重畳する音声から騒音を抑圧する手法として,ALE(Adaptive Line... [more] SIS2007-67
pp.53-58
EA, SIP
(共催)
2006-05-26
09:40
兵庫 イーグレひめじ サブ適応フィルタを用いた音響エコーキャンセラの改善手法
太田 聡梶川嘉延野村康雄関西大
音響エコーキャンセラにおいては,一般に推定が進むにつれ,適応フィルタの更新を小さく設定していくのが望ましい.しかしながら... [more] EA2006-16 SIP2006-20
pp.1-6
EA, US
(併催)
2006-01-26
14:00
京都 同志社大学 今出川キャンパス ダブルトークとエコー経路変動に関する一提案
木原義規藤井健作姫路工大)・棟安実治関西大
音響エコーキャンセラにおいて推定誤差が増加する原因としては,参照信号対
外乱のパワー比の低下とエコー経路の変動の2つが... [more]
EA2005-90
pp.13-18
 12件中 1~12件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会