電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 18件中 1~18件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MSS, CAS, SIP, VLD
(共催)
2019-07-31
15:20
岩手 岩手大学 イベント構造の再合成可能性に関する一考察
伊澤茉莉花・○宮本俊幸阪大CAS2019-19 VLD2019-25 SIP2019-35 MSS2019-19
サービス指向アーキテクチャに基づくシステムの設計問題としてコレオグラフィ実現問題がある.我々は,コレオグラフィが事象の非... [more] CAS2019-19 VLD2019-25 SIP2019-35 MSS2019-19
pp.83-88
MSS, SS
(共催)
2017-01-26
13:30
京都 京都工芸繊維大学 60周年記念館 2階大セミナー室 二つのコミュニケーション図からなるコレオグラフィの実現可能性の検討 ~ 仕様間に競合がある場合の考察 ~
木下聖基宮本俊幸阪大MSS2016-61 SS2016-40
サービス指向アーキテクチャにおいて,コレオグラフィと呼ばれる抽象的な仕様から具体的な振舞いモデルを合成する問題はコレオグ... [more] MSS2016-61 SS2016-40
pp.25-30
SS, MSS
(共催)
2016-01-25
10:20
石川 しいのき迎賓館 セミナールームB 非循環関係の再合成可能な分割によるコレオグラフィ実現 ~ パレート最適な状態機械の合成について ~
宮本俊幸阪大MSS2015-37 SS2015-46
与えられた分散システムの抽象的仕様(コレオグラフィ)に対して,分散システムの構成要素(サービス)の振る舞いモデルを合成す... [more] MSS2015-37 SS2015-46
pp.13-18
MSS, CAS, SIP, VLD
(共催)
2015-06-17
09:45
北海道 小樽商科大学 非循環関係の再合成可能な分割によるコレオグラフィ実現
宮本俊幸阪大CAS2015-2 VLD2015-9 SIP2015-33 MSS2015-2
与えられた分散システムの抽象的仕様(コレオグラフィ)に対して,分散システムの構成要素の振る舞いモデルを合成する問題はコレ... [more] CAS2015-2 VLD2015-9 SIP2015-33 MSS2015-2
pp.7-12
MSS, SS
(共催)
2013-03-06
14:40
福岡 休暇村志賀島 MetricsViewer: サービス指向リポジトリマイニングを活用したソフトウェアメトリクス可視化ツール
坂元康好柗本真佑中村匡秀神戸大MSS2012-81 SS2012-81
我々は先行研究においてサービス指向の考えを取り入れたリポジトリマイニングの実行フレームワーク
SO-MSR(Servi... [more]
MSS2012-81 SS2012-81
pp.127-132
IN 2013-01-25
10:00
鹿児島 鹿児島県産業会館 サービス指向ホームネットワークにおけるタイミング制約を用いたセンサ連携サービスの性能評価
丸尾彰宏柗本真佑中村匡秀神戸大IN2012-143
我々の研究グループでは,ホームネットワークにおける様々なセンサデバイスをWebサービスでラップし,コンテキストアウェアサ... [more] IN2012-143
pp.27-32
IN, NS, CS
(併催)
2012-09-21
09:30
宮城 東北大学 電気通信研究所 2号館 サービス指向ホームネットワークにおけるタイミング制約を用いたセンサ連携サービスの実装
丸尾彰宏柗本真佑中村匡秀神戸大IN2012-65
我々の研究グループでは,ホームネットワークにおける様々なセンサデバイスをWebサービスでラップし,コンテキストアウェアサ... [more] IN2012-65
pp.81-86
IN, NS
(併催)
2011-03-03
09:20
沖縄 沖縄コンベンションセンター サービス指向ホームネットワークにおける複数センサとタイミング制約を用いた高度コンテキストの抽出
丸尾彰宏松尾周平柗本真佑中村匡秀神戸大IN2010-175
我々の研究グループでは,ホームネットワークにおける様々なセンサデバイスをWebサービスでラップし,コンテキストアウェアサ... [more] IN2010-175
pp.187-192
MSS, CAS
(共催)
2010-11-18
14:55
大阪 関西大学 T-Tブリッジ除去によるUMLコミュニケーション図からUML状態機械図への変換手法について
長谷川泰央宮本俊幸阪大CAS2010-72 CST2010-45
情報システムを開発する際サービスと呼ばれるシステムの部品単位を組み合わせ,要求仕様を実現する方法論をサービス指向アーキテ... [more] CAS2010-72 CST2010-45
pp.41-46
MSS, CAS
(共催)
2009-11-27
16:40
愛知 名古屋大学 ペトリネットを用いたコレオグラフィ実現について
宮本俊幸阪大)・藤井 拓オージス総研CAS2009-62 CST2009-35
複数のWebサービス間で実行される連携フロー定義はコレオグラフィと呼ばれる.
コレオグラフィ実現問題とはコレオグラフィ... [more]
CAS2009-62 CST2009-35
pp.99-104
SWIM 2009-03-27
14:30
東京 機械振興会館 [特別講演][特別講演]情報システム開発技術の限界と進展 ~ 構造化技法、オブジェクト指向技法、サービス指向アーキテクチャ ~
宮西洋太郎宮城大SWIM2008-28
ビジネスにおける情報システムの役割は,ビジネスプロセスの円滑かつ効率的な遂行を情報の面から支援することである.そのために... [more] SWIM2008-28
pp.15-20
KBSE 2009-03-06
14:15
愛知 南山大学 サテライトキャンパス SOAに基づく自動車組込みソフトウェアアーキテクチャの提案
田邊隼希近藤貴大生駒光平中道 上青山幹雄南山大KBSE2008-62
サービス指向アーキテクチャ(SOA)に基づき,自動車組込みソフトウェアの協調制御のモデル化を行い,その有効性を示す.近年... [more] KBSE2008-62
pp.61-66
IN, NS
(併催)
2009-03-04
09:40
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル IMS環境におけるサービス指向トラフィック品質制御のためのポリシー制御アーキテクチャ
松本延孝宮本崇弘林 通秋田中英明KDDI研NS2008-188
次世代サービスでは,アプリケーションに応じて通信品質を制御し,必要な帯域やQoSが異なる様々な要求に対してネットワーク側... [more] NS2008-188
pp.257-262
NS, IN
(併催)
2008-03-07
16:00
沖縄 万国津梁館(沖縄) エンドツーエンドサービス制御のための異種ネットワーク資源管理機構
松本延孝宮本崇弘林 通秋田中英明KDDI研NS2007-211
次世代のネットワーク環境では,ユーザやアプリケーションに応じた適切な通信品質を,柔軟かつ迅速に提供することが求められる.... [more] NS2007-211
pp.441-446
NS, IN
(併催)
2007-03-09
12:50
沖縄 沖縄コンベンションセンター 時間駆動型Webサービス呼び出しフレームワークWS-Schedule Managerの提案と実装
大西洋司前島弘敬西澤茂隆田中秀一郎中村匡秀松本健一奈良先端大IN2006-257
近年Webサービスを何らかのイベントをきっかけとして呼び出す,イベント駆動型アーキテクチャ(EDA)の技術が研究・開発さ... [more] IN2006-257
pp.459-464
NS, IN
(併催)
2007-03-09
13:30
沖縄 沖縄コンベンションセンター SOAシステム構築のための既存システムの再利用性評価
田中秀一郎西澤茂隆田中章弘中村匡秀松本健一奈良先端大IN2006-259
レガシーシステムをサービス指向アーキテクチャ(SOA)化する場合の再利用性を性質付ける新たなメトリクスとそのメトリクスの... [more] IN2006-259
pp.471-476
IN, NS
(併催)
2006-03-02
09:10
沖縄 リザンシーパークホテル谷茶ベイ(沖縄) Webサービスを用いた従来家電のホームネットワークへの適応
田中章弘中村匡秀井垣 宏松本健一奈良先端大
本稿では,赤外線リモコンで操作する従来の家電を,ホームネットワークシステム(HNS) に適応させるた
めの枠組みを提案... [more]
IN2005-167
pp.67-72
SS 2005-10-13
14:00
埼玉 十文字学園 6号館 データ依存解析に基づくレガシーソフトウェアからのサービス抽出法
木村隆洋中村匡秀井垣 宏松本健一奈良先端大
レガシーソフトウェアにサービス指向アーキテクチャ(SOA)を適用するための一手段として,本論文では,手続き型言語で書かれ... [more] SS2005-42
pp.13-18
 18件中 1~18件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会