お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CPSY, RECONF, VLD
(共催)
IPSJ-ARC, IPSJ-SLDM
(共催)
(連催) [詳細]
2021-01-26
09:00
ONLINE オンライン開催 FPGAを用いたデータベースクエリ処理の高速化
尾作洋彦電通大)・吉見真聡TIS)・策力木格吉永 努電通大VLD2020-55 CPSY2020-38 RECONF2020-74
ビッグデータ解析は演算あたりのデータ量が多く,主記憶へのデータ転送がボトルネックになりやすい.そこで,FPGAで構成した... [more] VLD2020-55 CPSY2020-38 RECONF2020-74
pp.90-95
IPSJ-SLDM, IPSJ-ARC
(共催)
RECONF, VLD, CPSY
(共催)
(連催) [詳細]
2020-01-23
15:25
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 FPGAを用いたストリームデータ集約演算のウィンドウサイズ拡大
大坂誠樹電通大)・吉見真聡TIS)・策力木格吉永 努電通大VLD2019-76 CPSY2019-74 RECONF2019-66
本稿では,ストリームデータ集約演算を対象とした専用ハードウェアCQPH(Configurable Query Proce... [more] VLD2019-76 CPSY2019-74 RECONF2019-66
pp.141-146
VLD, CPSY, RECONF
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2016-01-19
17:45
神奈川 慶應義塾大学 日吉キャンパス データストリーム集約演算HWの並列化
小川芳光オゲ ヤースィン吉見真聡策力木格吉永 努電通大VLD2015-86 CPSY2015-118 RECONF2015-68
リアルタイム性が要求されるデータストリームを処理するシステムにおいて,重要な演算の一つにスライディングウィンドウを用いた... [more] VLD2015-86 CPSY2015-118 RECONF2015-68
pp.79-84
AI, SC
(共催)
2014-08-20
15:40
東京 国立情報学研究所 LOD検索の高速化のための機構を備えたSPARQLエンドポイントにおけるクエリ実行性能の解析
山形祐史福田直樹静岡大AI2014-15 SC2014-12
SPARQLクエリを用いたLOD検索は,複雑なクエリを扱う場合には,横断的検索や推論による計算の複雑性の高さや予測の困難... [more] AI2014-15 SC2014-12
pp.25-30
RECONF 2013-09-18
15:30
石川 北陸先端科学技術大学院大学 リコンフィギュラブルハードウェアを用いた高速ストリーム処理の一検討
福田エリック駿北大)・川島英之筑波大)・井上浩明NEC)・藤井太郎古田浩一朗ルネサス エレクトロニクス)・浅井哲也本村真人北大RECONF2013-21
リコンフィギュラブルハードウェアの有力な応用先としてストリーム処理が注目されている。本研究では、ストリーム処理のオペレー... [more] RECONF2013-21
pp.7-12
COMP 2013-06-24
10:35
奈良 奈良女子大学 道路ネットワークでの枝刈りパスラベリングによる最短路クエリ
河田祐樹秋葉拓哉岩田陽一東大COMP2013-20
道路ネットワークにおける最短路問題は基本的な問題で様々な手法が提案されている。その中でもラベリングによる手法は非常に高速... [more] COMP2013-20
pp.7-15
COMP 2013-04-24
10:00
兵庫 神戸大学 枝刈り探索のパスへの拡張による到達可能性クエリ
矢野洋祐秋葉拓哉岩田陽一東大COMP2013-1
グラフの到達可能性は理論と応用の両方において基礎となる問題であるが,大規模なグラフ上で大量の到達可能性クエリに答えるのは... [more] COMP2013-1
pp.1-8
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会