お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 22件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ET 2019-12-07
15:00
東京 東京農工大学 教員アバターと受講者のインタラクションを実現させるVR授業配信システムの試作
中村修也東京理科大)・卯木輝彦フォトロン)・赤倉貴子東京理科大ET2019-66
本稿では,非同期型eラーニングを想定し,ヘッドマウントディスプレイ型VRを用いた授業配信システムについて述べる.本システ... [more] ET2019-66
pp.43-46
ITE-HI, ITE-SIP
(共催)
MVE
(連催) [詳細]
2019-06-10
13:30
東京 東京大学 山上会館2F VRにおける他者アバタとのインタラクションに基づく自己効力感がスポーツパフォーマンスに与える影響の基礎的検討
宮村和志吉田成朗成瀬加菜鳴海拓志谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2019-2
スポーツで最大限のパフォーマンスを発揮するには,心技体のバランスが欠かせない.これに対して、バーチャルリアリティ技術を用... [more] MVE2019-2
pp.19-24
ET 2019-03-15
10:40
徳島 鳴門教育大学 eラーニングで他者と一緒に演習問題に取り組んでいると感じられるVRシステムの開発と評価
中村修也松本崇志赤倉貴子東京理科大ET2018-106
本研究では,他者と演習問題に取り組んでいると感じられるVR環境をeラーニングシステムとして開発・評価した.
本システム... [more]
ET2018-106
pp.111-116
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2017-12-13
- 2017-12-15
石川 金沢歌劇座(金沢) Palco:紙工作可能なアバタシステムによる緩やかなつながりの実現
遠藤慎一藤波香織東京農工大
SNSの利用目的の一つとして他者とのつながりによる安心感を求めることがある.そのつながりが強いほどかえって不安や孤独感が... [more]
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2017-05-16
15:45
沖縄 沖縄産業支援センター プロテウス効果:仮想空間上のアバタの外見が自己の外向性評価に及ぼす影響分析
小栗良介・○神田智子阪工大HCS2017-12 HIP2017-12
オンラインコミュニケーションで使用されるアバタの外見が,そのユーザの行動特性や外向性に影響を与える可能性があることが示さ... [more] HCS2017-12 HIP2017-12
pp.101-106
MVE, ITE-HI, HI-SIG-VR
(連催)
2015-07-02
11:30
東京 東京大学山上会館 眼球形状の切り替えにより視線効果を調節可能なテレプレゼンスアバターの基礎検討
木下由貴東大)・横山正典NTT)・鈴木啓太東大)・望月崇由山田智広NTT)・櫻井 翔鳴海拓志谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2015-10
本研究では直視,逸視双方の効果を利用可能な目玉アバターを提案する.通常の目と同形状の凸型の目と,リバースパースペクティブ... [more] MVE2015-10
pp.17-22
HCS 2015-03-17
17:30
石川 山代温泉 瑠璃光 3D仮想空間におけるアバタ同士の個体距離の文化比較に関する検討
橋田佳奈川内里紗神田智子阪工大HCS2014-119
私たちは,無意識にパーソナルスペース(以降,PS)を変形させ,円滑にコミュニケーションを行っており,またPSは文化によっ... [more] HCS2014-119
pp.55-56
HCS 2015-01-30
15:00
香川 ベイリゾート小豆島(香川県) [ポスター講演]複数アバターを用いたコミュニケーション状態表示のための空間配置パラメータ設計
中谷友香梨米澤朋子関西大HCS2014-88
複数アバターをWeb 上画面に3 次元配置することにより,SNS でのユーザ同士の繋がりを元にしたコミュニケーション状態... [more] HCS2014-88
pp.85-90
CNR 2014-09-26
13:30
北海道 北海道地区 広角カメラと肩乗りアバタを用いた多人数参加型双方向映像配信手法の提案
渡邉 哲小池京太郎尾形正泰慶大)・篠沢一彦阪教大)・今井倫太慶大CNR2014-9
インターネットを使った配信において、不特定多数の視聴者と、配信者側の人たちのコミュニケーションを実現する上で肩乗りアバタ... [more] CNR2014-9
pp.1-4
HCS 2014-02-02
16:35
鹿児島 鹿児島大学 (郡元キャンパス) SNSにおける社会的関係性のクラスターに基づくエージェント提示手法および場の設定
中谷友香梨米澤朋子関西大HCS2013-102
SNSは複数のコミュニティの存在するネットワーク上の社会的な場であり,ユーザはコミュニティに属している状況である.このよ... [more] HCS2013-102
pp.181-185
HCS 2013-03-05
10:45
静岡 ホテルウェルシーズン浜名湖 web上テキストコミュニケーションへのアバター付与による場の共有に関する検討
中谷友香梨米澤朋子関西大HCS2012-101
web上コミュニケーションシステムは,実世界でのコミュニケーションの場合と違い,相手の都合に合わせることなく,個人のタイ... [more] HCS2012-101
pp.131-136
HCS 2013-01-24
16:00
高知 高知市文化プラザ かるぽーと 高校生を対象としたアバタデザインでの対人要因の検討
石崎優美風井浩志片寄晴弘関西学院大HCS2012-62
SNS(Social Networking Service)の普及に伴い,インターネットを介したコミュニケーションの機会... [more] HCS2012-62
pp.49-54
PRMU, MVE
(共催)
CQ, IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2012-01-20
10:00
大阪 大阪電気通信大学 寝屋川駅前キャンパス 対人インタラクションアバタの作成に必要な再生技術の検討
原 健太武村紀子阪大)・岩井儀雄鳥取大)・佐藤宏介阪大PRMU2011-168 MVE2011-77
本研究では,人間とディスプレイに表示されたアバタがインタラクションを行うシステムにおいて,アバタの再生技術に焦点を当て,... [more] PRMU2011-168 MVE2011-77
pp.227-232
MVE, ITE-HI, HI-SIG-VR
(連催)
2011-06-29
10:50
東京 東京大学山上会館 アバタの形状変化が身体感覚に与える影響の評価
木山 亮笠田和宏泉原厚史東大)・阿部浩二首都大東京)・谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2011-22
VR空間における身体であるアバタに没入して動作する際,現実空間の物理的制約により動作できる範囲が限られる.動作範囲を広げ... [more] MVE2011-22
pp.35-40
MVE, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2011-03-08
10:50
長崎 やすらぎ伊王島 サイバーシアターにおける観客効果に関する検討 ~ 観客が実人間・アバターの場合の特性の違いに関する検討 ~
張 勇大谷 淳早大)・米村俊一NTT/早大)・徳永幸生芝浦工大IE2010-169 MVE2010-157
筆者らの研究室ではネットワークで接続された仮想環境であるサイバーシアターにおける観客効果について検討を行っているが.仮想... [more] IE2010-169 MVE2010-157
pp.135-140
MVE, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2011-03-08
11:15
長崎 やすらぎ伊王島 配信王国 ~ アバターを介したストリーミング動画配信によるコミュニケーションサービスの実現 ~
鈴木翔太上村大輔久野琢也濱川 礼中京大IE2010-170 MVE2010-158
本論文では,アバターと仮想空間を用いることで,既存のリアルタイム型配信サービスの問題点を改善した,「配信王国」について述... [more] IE2010-170 MVE2010-158
pp.141-146
MVE 2010-10-22
14:15
北海道 とかちプラザ(帯広) サイバーシアターにおいて多数の観客アバターが存在する場合の演技者と観客との間の観客効果に関する基礎的検討
張 勇大谷 淳早大)・米村俊一NTT/早大MVE2010-70
筆者らの研究室でサイバーシアター上での演技者と観客との観客効果についての研究が進められていたが,仮想劇場空間に配置される... [more] MVE2010-70
pp.103-104
IE 2010-03-15
14:30
宮城 東北大学 電気通信研究所 MBIにおけるアバタ制御方式の実験的評価法
吉田直樹大神慶久三宅芳博荒屋真二福岡工大IE2009-188
仮想空間内でユーザが必要な情報や移動方法をわかりやすく提供する手段にマップベースインタフェース(MBI)がある。本研究で... [more] IE2009-188
pp.53-57
HCS 2010-03-08
- 2010-03-09
静岡 ウェルシーズン浜名湖 生活支援ロボットの実用化を目指して
廣井 富阪工大)・伊藤彰則東北大HCS2009-70
本稿では,まず日常生活支援ロボットを定義する.日常生活支援ロボットは「安全性」への配慮と人間との自然な「コミュニケーショ... [more] HCS2009-70
pp.21-22
HCS 2008-08-26
- 2008-08-27
兵庫 神戸大学瀧川会館 身体的アバタを介したコミュニケーション特性の検討
石井 裕神戸大HCS2008-30
本稿では,対話者を視覚的にバーチャルな対話空間に位置付け,遠隔の対話者と空間を共有したインタラクションを実現するための身... [more] HCS2008-30
pp.1-6
 22件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会