電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 6件中 1~6件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
OFT 2020-01-17
09:00
愛知 自然科学研究機構 岡崎コンファレンスセンター ひずみ変化を考慮した辞書学習によるブリルアンゲインスペクトルのノイズ除去
清水省吾北村祥太成枝秀介成瀬 央三重大OFT2019-52
ブリルアン散乱現象を利用した光ファイバひずみ計測では、センサとして用いられる光ファイバで観測されたブリルアンゲインスペク... [more] OFT2019-52
pp.29-34
OFT 2019-05-16
14:00
大阪 I-siteなんば [ポスター講演]ブリルアンゲインスペクトルモデルあてはめによる円環の周方向ひずみ計測の環状構造物への拡張
北村祥太成枝秀介成瀬 央三重大OFT2019-3
円環周上に設置された光ファイバで分布的に観測されたブリルアンゲインスペクトル(BGS)に、求めるべきひずみがフーリエ級数... [more] OFT2019-3
pp.11-16
OPE
(共催)
OFT, OCS
(併催) [詳細]
2019-02-15
14:00
福岡 リファレンス 大博多貸会議室 実観測ブリルアンゲインスペクトルからの円環円周方向ひずみの計測
西村研人成枝秀介成瀬 央三重大OFT2018-80 OPE2018-209
円環周上に設置された光ファイバで観測されるブリルアンゲインスペクトル(BGS)をモデル化し、そのモデルに観測されたBGS... [more] OFT2018-80 OPE2018-209
pp.53-56(OFT), pp.85-88(OPE)
OPE
(共催)
OFT, OCS
(併催) [詳細]
2019-02-15
14:25
福岡 リファレンス 大博多貸会議室 ノイズと光損失を含むBGS観測値に対する非負値行列因子分解を用いた最大・最小ひずみの抽出
藤本拓哉成瀬 央三重大)・西野隆典名城大OFT2018-81 OPE2018-210
これまでに, ブリルアンゲインスペクトル(BGS)観測位置すなわちひずみ計測位置を中心とするBGS観測区間に生じている,... [more] OFT2018-81 OPE2018-210
pp.57-62(OFT), pp.89-94(OPE)
OFT 2018-10-11
16:00
宮城 東北大学(電気通信研究所 本館1階(10/11)、3階 M331(10/12)) [ポスター講演]非負値行列因子分解を用いたブリルアンゲインスペクトルからの最大・最小ひずみの抽出
藤本拓哉成瀬 央三重大)・西野隆典名城大OFT2018-48
ブリルアン散乱現象に基づく光ファイバひずみ計測は, 光ファイバに沿って分布的にひずみを計測することが可能である. ひずみ... [more] OFT2018-48
pp.157-161
MVE 2008-03-23
11:25
福岡 北九州学術研究都市 産学連携センター Strinoインタフェース化技術の無線化と安定化
天野 翔飯田 誠苗村 健東大)・太田裕之日立MVE2007-92
筆者らは,ひずみ計測技術に基づき身の回りの実物体をユーザインタフェースに転用する技術Strinoについて研究を行っている... [more] MVE2007-92
pp.67-72
 6件中 1~6件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会