お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 39件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IN, IA
(併催)
2021-12-16
15:05
広島 サテライトキャンパスひろしま
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]撮影状況を考慮したリアルタイムAR積雪可視化システムの検討
小林靖明川上朋也福井大)・松本 哲義久智樹阪大)・寺西裕一NICT/阪大)・下條真司阪大
 [more]
IN, IA
(併催)
2021-12-16
15:20
広島 サテライトキャンパスひろしま
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]同世界放送システムにおける映像収集合成時間短縮方式の検討
牧田航輝川上朋也福井大)・松本 哲義久智樹阪大)・寺西裕一NICT/阪大)・下條真司阪大
 [more]
IN, IA
(併催)
2021-12-17
13:25
広島 サテライトキャンパスひろしま
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]プライバシー指向映像管理のためのライブ映像加工時間短縮方式の検討
松本 哲義久智樹阪大)・川上朋也福井大)・寺西裕一NICT
 [more]
IN, IA
(併催)
2021-12-17
13:40
広島 サテライトキャンパスひろしま
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]拡張現実のための推定深度に基づくリアルタイム背景除去手法の実装
坪木良宏川上朋也福井大)・松本 哲義久智樹阪大)・寺西裕一NICT/阪大)・下條真司阪大
 [more]
CQ, CBE
(併催)
2021-01-22
09:30
ONLINE オンライン開催 実験環境構築が容易なエッジコンピューティングテストベッドの実装と評価
山中広明寺西裕一河合栄治永野秀尚原井洋明NICTCQ2020-91
エッジコンピューティングのアプリケーションの動作検証を行うには,サーバの応答遅延要件に応じた実験環境を構築する必要がある... [more] CQ2020-91
pp.104-109
CQ, CBE
(併催)
2021-01-22
13:40
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]モバイル網発展途上領域への適用が可能なコネクテッドカーデータ収集プラットフォーム
寺西裕一木全 崇河合栄治原井洋明NICTCQ2020-98
 [more] CQ2020-98
pp.140-144
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2019-11-22
14:30
兵庫 神戸大学 六甲台第2キャンパス エッジコンピューティングインフラにおけるマイグレーショントラフィック管理手法の検討
山中広明寺西裕一河合栄治原井洋明NICTCQ2019-103
エッジコンピューティングでは,無線基地局等エンドユーザデバイス近隣に配置した仮想サーバ(VMやコンテナ)を用いることで,... [more] CQ2019-103
pp.83-88
CQ, ICM, NS, NV
(併催)
2018-11-16
10:05
石川 金沢工業大学 扇が丘キャンパス エッジコンピューティングにおけるモビリティを考慮したサーバ仮想化の考察
山中広明河合栄治寺西裕一原井洋明NICTCQ2018-71
エッジコンピューティングでは,低遅延応答性を実現するため,エンドユーザデバイスの近隣のサーバを利用する必要がある.エンド... [more] CQ2018-71
pp.43-48
CQ, CS
(併催)
2018-04-20
09:20
広島 広島工業大学 エッジコンピューティングにおけるスケーラブルなサービスマイグレーションの検討
山中広明河合栄治寺西裕一原井洋明NICTCQ2018-7
エッジコンピューティングによる低遅延応答性を生かした様々なアプリケーションサービスの普及が期待されている.サービス例とし... [more] CQ2018-7
pp.35-40
NS, IN
(併催)
2018-03-02
10:30
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート 省電力無線マルチホップネットワークにおける親ノード探索時間短縮アルゴリズムのフィールド評価
土江康太八百健嗣OKI)・寺西裕一NICTIN2017-125
省電力マルチホップセンサネットワークの課題の1つに,ネットワーク加入時の親ノード探索時間の短縮がある.この課題に対し,我... [more] IN2017-125
pp.213-218
NS 2018-01-18
18:00
沖縄 石垣市商工会館 [招待講演]将来IoTのためのエッジコンピューティング技術
寺西裕一NICTNS2017-154
 [more] NS2017-154
pp.59-64
IA 2017-11-10
13:35
熊本 グリーンピア南阿蘇 SDNを活用したPub/Sub基盤における複数管理ドメインを考慮したBroker間配送方式の検討
新納和樹秋山豊和京都産大)・寺西裕一NICTIA2017-28
 [more] IA2017-28
pp.31-35
IA 2017-08-28
15:45
東京 IIJセミナールーム 分散型MQTT brokerの基礎評価とプロファイリングに基づく性能改善の検討
福井浩貴秋山豊和京都産大)・寺西裕一NICTIA2017-17
 [more] IA2017-17
pp.31-35
IA, ICSS
(共催)
2017-06-08
13:00
高知 高知工科大学 永国寺キャンパス 分散センサデータストリーム配信における位相調整を用いた負荷均等化手法の検討
川上朋也奈良先端大)・石 芳正義久智樹阪大)・寺西裕一NICT/阪大IA2017-1 ICSS2017-1
本研究では,周期的なセンサデータを複数の処理コンピュータ(ノード)が中継するセンサデータストリーム配信において,配信周期... [more] IA2017-1 ICSS2017-1
pp.1-6
NS, RCS
(併催)
2016-12-21
10:45
石川 金沢勤労者プラザ 必要十分な資源利用を可能にするエッジコンピューティングIaaSの検討
山中広明河合栄治寺西裕一NICTNS2016-121
エッジコンピューティングにおけるInfrastructure-as-a-Service (IaaS)では,アプリ事業者は... [more] NS2016-121
pp.19-24
IA, IN
(併催)
2016-12-15
14:30
広島 広島市立大学 講堂小ホール 高いChurn耐性と検索性能を持つキー順序保存型構造化オーバレイネットワークSuzakuの提案と評価
安倍広多阪市大)・寺西裕一NICTIA2016-65
キーの値による範囲検索が可能なキー順序保存型構造化オーバレイネットワークは多くの応用があり,重要性が高い.本研究では,新... [more] IA2016-65
pp.11-16
IA 2016-11-09
17:30
北海道 大沼国際セミナーハウス センサデータストリーム収集システムにおける中継ノードを用いた負荷均等化手法の検討
川上朋也奈良先端大)・石 芳正義久智樹阪大)・寺西裕一NICT/阪大IA2016-62
本研究では,周期的なセンサデータ収集システムにおける,中継ノードを用いた負荷均等化手法ついて検討する.一般的にセンサデー... [more] IA2016-62
pp.35-39
RCS, RCC, ASN, NS, SR
(併催)
2016-07-21
14:10
愛知 名古屋工業大学 無線マルチホップネットワークにおけるネットワークアクセス認証時間のフィールド評価
土江康太八百健嗣OKI)・寺西裕一中内清秀NICTNS2016-65
無線マルチホップセンサネットワークにおけるネットワークアクセス認証方式として,認証相手の異なる2つの認証方式を実フィール... [more] NS2016-65
pp.81-86
IA 2016-01-29
15:15
東京 機械振興会館 B3 研修2号室 範囲検索可能なクラウドストレージにおける低コスト・高効率負荷分散機構
Xun Shao地引昌弘寺西裕一西永 望NICTIA2015-85
近年、ソーシャルネットワーク、IoTなどによるビッグデータ処理のため、範囲検索可能なクラウドストレージが注目されつつある... [more] IA2015-85
pp.37-42
IA 2015-11-12
17:00
千葉 成田ビューホテル [ポスター講演]Implementation of cross layer Pub/Sub middleware and evaluation of join and leave performance
Masahiro FujitaToyokazu AkiyamaKyoto Sangyo Univ.)・Yuuichi TeranishiNICT)・Ryohei bannoKatsuyoshi IidaTokyo TechIA2015-55
Pub/Sub基盤におけるBroeker間通信の主な方法としてApplication Layer Multicast (... [more] IA2015-55
pp.95-96
 39件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会