お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 40件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NLP 2020-09-10
10:30
ONLINE オンライン開催 決定論的非線形力学系からのマーク付点過程の生成と力学系の特徴保存に関する検討
澤田和弥東京理科大)・島田 裕埼玉大)・池口 徹東京理科大NLP2020-22
様々な時系列データが観測されるようになっている. また,時系列データにはマーク付き点過程として観測されるものも存在する.... [more] NLP2020-22
pp.1-6
CCS, NLP
(共催)
2020-06-05
13:25
ONLINE オンライン開催 ネットワーク構造が情報拡散に与える影響の解析
ジョ ロエン澤田和弥東京理科大)・島田 裕埼玉大)・池口 徹東京理科大NLP2020-15 CCS2020-5
本稿では,固有ベクトル中心性を考慮した情報拡散の数理モデルを提案する.また,提案モデルを用いて,情報の影響力が情報拡散に... [more] NLP2020-15 CCS2020-5
pp.23-26
CCS, NLP
(共催)
2020-06-05
13:50
ONLINE オンライン開催 新約聖書を対象とした言語ネットワークの解析
眞岸祈平松本朋子東京理科大)・島田 裕埼玉大)・池口 徹東京理科大NLP2020-16 CCS2020-6
 [more] NLP2020-16 CCS2020-6
pp.27-32
MSS, NLP
(併催)
2020-03-10
09:55
愛知 やすらぎの宿 蒲郡荘 複数データを用いた遺伝子制御ネットワークの推定手法に関する検討
常 峰閣島田 裕重原孝臣埼玉大NLP2019-124
細胞内では,多数のタンパク質が化学反応によって遺伝子の発現を相互に促進$cdot$抑制することで複雑な情報処理$cdot... [more] NLP2019-124
pp.65-70
MSS, NLP
(併催)
2020-03-10
10:20
愛知 やすらぎの宿 蒲郡荘 時系列データを用いたネットワーク構造推定における未観測頂点の検出とその結合推定に関する検討
榊原有貴島田 裕重原孝臣埼玉大NLP2019-125
現実の世界には多数の要素が相互に影響しあうことで複雑な振る舞いを示すシステムが数多く存在する.
したがって, これら... [more]
NLP2019-125
pp.71-76
MSS, NLP
(併催)
2020-03-10
10:45
愛知 やすらぎの宿 蒲郡荘 日本語訳と英語訳の新約聖書を対象にした言語ネットワークの解析
眞岸祈平松本朋子東京理科大)・島田 裕埼玉大)・池口 徹東京理科大NLP2019-126
本稿では,日本語と英語の文章を,単語の共起ネットワークへ変更することで,構造的な差異について調査した.
解析対象は,同... [more]
NLP2019-126
pp.77-82
MSS, NLP
(併催)
2020-03-10
11:10
愛知 やすらぎの宿 蒲郡荘 ネットワーク中心性とコミュニティ性を考慮した情報拡散モデル
ジョ ロエン澤田和弥東京理科大)・島田 裕埼玉大)・池口 徹東京理科大NLP2019-127
本稿では,従来の情報拡散モデルをベースに,新しい情報拡散モデルを2つ提案している.具体的には,固有ベクトル中心性を考慮す... [more] NLP2019-127
pp.83-88
MSS, NLP
(併催)
2020-03-10
13:30
愛知 やすらぎの宿 蒲郡荘 時系列データの解像度が因果性検出に及ぼす影響
澤田和弥東京理科大)・島田 裕埼玉大)・池口 徹東京理科大NLP2019-128
本稿では,時系列データの解像度がConvergent Cross Mapping~(CCM)~による因果性検出に与える影... [more] NLP2019-128
pp.89-94
NLP 2019-05-10
13:50
大分 J:COM ホルトホール大分 スパイク間隔時系列を用いたニューラルネットワークの構造推定
澤田和弥東京理科大)・島田 裕埼玉大)・池口 徹東京理科大NLP2019-3
本稿では,Gap結合したニューロンの数理モデルに対して,
因果推定手法のConvergent Cross Mappin... [more]
NLP2019-3
pp.13-18
NLP 2019-05-10
14:55
大分 J:COM ホルトホール大分 リカレンスプロットの閾値変動による非線形時系列信号の特徴抽出
金丸志生東京理科大)・島田 裕埼玉大)・池口 徹東京理科大NLP2019-5
本稿では,非線形時系列解析手法の一つであるリカレンスプロットとそれを拡張した同方向的近傍プロットを適用した解析対象時系列... [more] NLP2019-5
pp.23-28
NLP 2019-05-10
16:50
大分 J:COM ホルトホール大分 マーク付点過程に対する拡張Visibility Graphの提案と楽曲構造解析への応用
毛 福佳東京理科大)・島田 裕埼玉大)・池口 徹東京理科大NLP2019-9
時系列解析の手法としてVisibility Graph (以下,VG法) がある.VG法を用いることにより,時系列データ... [more] NLP2019-9
pp.47-52
NLP, NC
(併催)
2019-01-23
11:00
北海道 北海道大学 百年記念会館 整数ロジスティック写像を用いたカオス乱数とNIST検定による性能評価
金丸志生東京理科大)・島田 裕埼玉大)・藤原寛太郎東大)・池口 徹東京理科大NLP2018-100
本稿では,長期予測が不可能とされるカオスダイナミクスを利用したカオス乱数を排他的論理和演算により後処理した乱数列の性能が... [more] NLP2018-100
pp.23-28
NLP, NC
(併催)
2019-01-23
11:20
北海道 北海道大学 百年記念会館 制約付ランダムシャッフルサロゲートデータを用いたカオス的マーク付き点過程の解析法について
山本紘平東京理科大)・島田 裕埼玉大)・池口 徹東京理科大NLP2018-101
マーク付き点過程データとは,離散的なイベント時系列に何らかの情報が付与された点過程である.
具体的には,地震活動,... [more]
NLP2018-101
pp.29-34
NLP, NC
(併催)
2019-01-23
11:40
北海道 北海道大学 百年記念会館 ビット情報の効果的な利用を考慮したカオスMIMOシステムとその性能解析
山崎 凌東京理科大)・島田 裕埼玉大)・池口 徹東京理科大NLP2018-102
無線通信の手法として, 複数のアンテナを用いて通信を行う Multiple-Input Multiple-Output ... [more] NLP2018-102
pp.35-40
CAS, NLP
(共催)
2018-10-18
14:15
宮城 東北大学 ネットワーク構造の違いが因果関係の推定精度に与える影響について
澤田和弥東京理科大)・島田 裕埼玉大)・池口 徹東京理科大CAS2018-43 NLP2018-78
本稿では,力学系の埋め込み理論に基づく因果性の推定手法であるConvergent Cross Mappingを結合ロジス... [more] CAS2018-43 NLP2018-78
pp.33-38
CAS, NLP
(共催)
2018-10-18
15:05
宮城 東北大学 カオス乱数の性能に与える数値計算精度の影響
金丸志生東京理科大)・島田 裕埼玉大)・藤原寛太郎東大)・池口 徹東京理科大CAS2018-45 NLP2018-80
本稿では, 長期予測が不可能とされるカオスダイナミクスを利用することで, 性能の良い乱数列が作れるかを調査している. 具... [more] CAS2018-45 NLP2018-80
pp.45-50
NLP 2017-11-05
17:00
宮城 東北大学電気通信研究所 ナノ・スピン総合研究棟 カンファレンスルーム A40 メトロノーム数が同期に与える影響
塩見優介島田 裕藤原寛太郎池口 徹東京理科大NLP2017-73
私たちの身の回りには様々なリズムが存在する.相互作用や 外力によってこれらのリズムが揃う同期現象を観測することも可能であ... [more] NLP2017-73
pp.47-52
NLP 2017-11-06
10:00
宮城 東北大学電気通信研究所 ナノ・スピン総合研究棟 カンファレンスルーム A40 神経活動リズムと神経雪崩現象の関係
青木舞優東京理科大)・加藤秀行東京工科大)・島田 裕藤原寛太郎池口 徹東京理科大NLP2017-75
 [more] NLP2017-75
pp.59-64
NLP 2017-11-06
10:50
宮城 東北大学電気通信研究所 ナノ・スピン総合研究棟 カンファレンスルーム A40 ドーパミンの作用と抑制性シナプスの学習による低周波リズムの生成
頼 さくら島田 裕藤原寛太郎池口 徹東京理科大NLP2017-77
 [more] NLP2017-77
pp.69-74
NLP 2017-03-15
11:00
青森 ねぶたの家 ワ・ラッセ(青森市) 環境ノイズを加えた資源収支モデルによる隔年結実現象
栗田いずみ島田 裕藤原寛太郎池口 徹東京理科大NLP2016-122
ある種の果樹では,生り年と不生り年を交互に繰り返す現象を呈するものがある.このような現象... [more] NLP2016-122
pp.81-86
 40件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会