お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 17件中 1~17件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SIP, IT, RCS
(共催)
2021-01-21
10:55
ONLINE オンライン開催 2元AIFV-m符号の最悪冗長度が1/mである予想の反例と改良
中村優太植田大智岩田賢一福井大)・山本博資東大IT2020-73 SIP2020-51 RCS2020-164
Hu, Yamamoto, Honda は,2 元 AIFV-m 符号を定義し,m = 2, 3, 4 に対して,2 元... [more] IT2020-73 SIP2020-51 RCS2020-164
pp.58-63
NLC, IPSJ-DC
(連催)
2019-09-28
10:20
東京 フューチャー株式会社 Twitter上の懸賞企画における捨てアカウントの特徴とそれを使うユーザの動機の考察
石井秀昌中村優太能代達希三戸大輝大知正直鈴木凱亜中元雪絵浅谷公威東大)・榊 剛史ホットリンク)・坂田一郎東大NLC2019-19
2019年1月に、前澤友作氏がTwitter上で懸賞企画「前澤お年玉企画」を実施した。これに関連する697万件の投稿の約... [more] NLC2019-19
pp.59-64
IN, NS
(併催)
2019-03-05
10:50
沖縄 沖縄コンベンションセンター IoTに向けたEthereumブロックチェーンを用いたCapability-Based Access Controlの実装 ~ アクションレベルでのCapabilityの構築 ~
中村優太張 元玉笹部昌弘笠原正治奈良先端大NS2018-252
Society5.0の最も基本的なプラットフォームであるInternet of Things (IoT) は,権限のない... [more] NS2018-252
pp.349-354
ET 2018-03-03
15:25
高知 高知工科大学(永国寺キャンパス) ソフトウェアメトリクスを用いた高可読性コーディング能力の定量的評価
中村優太上野秀剛奈良高専ET2017-116
ソースコードを読む作業の時間的コストは大きく,ソフトウェア開発現場では可読性の高いソースコードを実装することが求められる... [more] ET2017-116
pp.159-164
EMD 2016-10-21
15:45
神奈川 レンタルホール湘南平塚 金めっき接触部の高温劣化とコンタクトオイルの有効性
玉井輝雄エルコンテック)・山川真弘中村佑太テトラ)・鷹野一郎工学院大EMD2016-49
コネクタ接触部の微小化に伴う低接触加重化や経済性の観点からの金めっき層の薄膜化など解決を迫られる重要な問題が生じている。... [more] EMD2016-49
pp.19-27
EMD 2015-11-05
16:50
宮城 東北大学工学部青葉記念会館 Effect of Contact Lubricant on Contact Resistance Characteristics -- Contact Resistance of Lubricated Surface and Observation of Lubricant Molecules --
Terutaka TamaiElcontech)・Masahiro YamakawaYuta NakamuraTETRAEMD2015-73
 [more] EMD2015-73
pp.35-40
SS 2015-05-12
08:45
熊本 熊本大学 パターンマイニング技術を用いたC言語プログラムからのコーディングパターン抽出
中村勇太崔 恩瀞阪大)・吉田則裕名大)・春名修介井上克郎阪大SS2015-9
コーディングパターンとは複数のモジュールに分散する定型的なコードである.コーディングパターンは守らなければいけないルール... [more] SS2015-9
pp.41-46
MICT, ASN, MoNA
(併催)
2015-01-26
16:45
和歌山 南紀白浜温泉 ホテルむさし [ポスター講演]耐災害メッシュネットワークNerveNetを用いたテストベッドの構築
藤原孝洋中村優吾中村勇太小泉僚平函館高専)・大和田泰伯井上真杉浜口 清NICTMoNA2014-72 ASN2014-128 MICT2014-59
 [more] MoNA2014-72 ASN2014-128 MICT2014-59
pp.71-72(MoNA), pp.115-116(ASN), pp.31-32(MICT)
MICT, ASN, MoNA
(併催)
2015-01-27
14:20
和歌山 南紀白浜温泉 ホテルむさし 高専を活用した災害時通信システムの社会実装に関する提案
藤原孝洋中村優吾中村勇太小泉僚平函館高専)・井上真杉大和田泰伯浜口 清NICTASN2014-149
 [more] ASN2014-149
pp.215-218
ED 2013-12-17
11:00
宮城 東北大通研 テラヘルツ波方式による絶縁被覆電線の素線断線可視化技術
高橋星也中村悠太田邉匡生前田健作中嶋かおり浜野知行小山 裕東北大ED2013-104
電線は日常生活に欠くことのできない重要な製品の一つであるが、一般的な電力用電線は黒色不透明な被覆で覆われているため、品質... [more] ED2013-104
pp.81-86
DE, IPSJ-DBS, IPSJ-IFAT
(連催)
2013-07-23
09:10
北海道 北海道大学 Android OSのI/Oスケジューリングに関する一考察
中村優太永田恭介野村 駿山口実靖工学院大DE2013-22
近年,フラッシュメモリ,SSDが普及し,その性能の向上は情報システムの重要な課題の一つとなっている.一般にI/Oの処理の... [more] DE2013-22
pp.95-100
NC, NLP
(共催)
2013-01-25
17:40
北海道 北海道大学百年記念会館 1入力EM級増幅器にみられる分岐現象について
中村竜太大分大)・魏 秀欽福岡大)・高坂拓司大分大)・関屋大雄千葉大NLP2012-143 NC2012-133
E$_{\textrm M}$級増幅器は,様々な電力増幅器に対応する増幅器として注目を集めている.先に我々は,理想的では... [more] NLP2012-143 NC2012-133
pp.223-226
NLP 2011-07-02
09:35
北海道 斜里町公民館ゆめホール知床 理想的ではないパラメータにおける1入力EM級増幅器の動的挙動
中村竜太大分大)・関屋大雄千葉大)・高坂拓司大分大NLP2011-53
EM級増幅器は高効率を維持し,かつ高周波帯に対応する電力増幅器として注目を集めつつある.先に関屋らは 1 入力EM級増幅... [more] NLP2011-53
pp.161-164
NS, IN
(併催)
2010-03-05
09:50
宮崎 宮崎シーガイア ターゲット捕捉センサネットワークにおけるセンサノード省電力化のためのメッセージ送信エリア径制御手法
中村勇太田村 瞳塚本和也川原憲治尾家祐二九工大IN2009-175
無線通信機能を有するセンサを広範囲・大量に配置して人や物の動きを検知するターゲット捕捉センサネットワークでは,独立電源に... [more] IN2009-175
pp.187-192
MW, SCE
(共催)
2009-04-23
11:35
東京 機械振興会館 800M/2GHz帯デュアルバンド小型アンテナの開発
占部裕樹中村優太ポカレル ラメシュ金谷晴一吉田啓二九大)・石川 晶深川秀午多比良明弘九州テンSCE2009-5 MW2009-5
我々はアンテナ小型化のため,フィルタを整合回路として用いる設計法を提案し,整合回路一体型アンテナの研究を進めてきた.今回... [more] SCE2009-5 MW2009-5
pp.23-28
SCE, MW
(共催)
2008-04-22
10:30
東京 機械振興会館 片面指向性をもつ整合回路一体型平面アンテナの開発
中村優太鍋嶋隆介ポカレル ラメシュ金谷晴一吉田啓二九大SCE2008-5 MW2008-5
我々はマイクロ波帯における送受信機の小型化・高性能化のため、アンテナとフィルタを設計しフィルタを整合回路として用いる設計... [more] SCE2008-5 MW2008-5
pp.25-30
EMD 2007-03-09
13:35
千葉 千葉工業大学(津田沼キャンパス 6号館3階631教室) 超音波干渉法における骨の音響インピーダンス計測のための軟部組織の減衰補正
中村祐太都立高専)・吉沢昌純都立産技高専
超音波干渉法によって生体の骨の音響インピーダンスを計測する際に、軟部組織での超音波の減衰が誤差の要因となる。この減衰を補... [more] EMD2006-76
pp.9-12
 17件中 1~17件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会