お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HWS 2021-04-12
13:30
東京 東京大学 武田先端知ビル(武田ホール)/オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]PFB: Tweakableブロック暗号ベースの軽量認証暗号モード
内藤祐介三菱電機)・○菅原 健電通大HWS2021-6
本稿は,同著者らによる論文に基づく.ブロック長を短くすることは,軽量なブロック暗号の設計における一般的な設計方針であり,... [more] HWS2021-6
p.26
ISEC 2018-05-16
12:00
東京 東京工業大学 大岡山キャンパス [招待講演]Blockcipher-Based MACs: Beyond the Birthday Bound Without Message Length
内藤祐介三菱電機ISEC2018-5
 [more] ISEC2018-5
p.27
ISEC, IT, WBS
(共催)
2015-03-02
13:15
福岡 北九州市立大学 ひびきのキャンパス 非線形関数ベースのストリーム暗号の構成に関する一考察
反町 亨内藤祐介三菱電機IT2014-65 ISEC2014-78 WBS2014-57
 [more] IT2014-65 ISEC2014-78 WBS2014-57
pp.19-24
OPE, LQE, OCS
(共催)
2012-10-26
09:50
宮崎 ホテルメリージュ(宮崎) ループバック装荷半導体モノリシック集積SOA-MZI型全光フリップ・フロップ回路の動作特性検討
内藤佑介清水 智加藤智行小林功郎・○植之原裕行東工大OCS2012-61 OPE2012-112 LQE2012-78
 [more] OCS2012-61 OPE2012-112 LQE2012-78
pp.103-108
ISEC, SITE, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC
(連催) [詳細]
2009-07-03
09:55
秋田 秋田大学 How to Construct Cryptosystems and Hash Functions in Weakened Random Oracle Models
Yusuke NaitoMitsubishi Electric)・Lei WangKazuo OhtaUniv. of Electro-Comm.ISEC2009-26 SITE2009-18 ICSS2009-40
 [more] ISEC2009-26 SITE2009-18 ICSS2009-40
pp.131-138
ISEC, LOIS
(共催)
2005-11-15
13:15
福岡 北九州学術研究都市 Improved Collision Attack on MD5
Yu SasakiYusuke NaitoNoboru KunihiroKazuo OhtaUniv. of Electro-Comm.
EUROCRYPT2005でWangらによりMD5への攻撃が提案された.この攻撃はコリジョンを作るための十分条件 (su... [more] ISEC2005-104 OIS2005-67
pp.35-42
ISEC, IPSJ-CSEC, SITE
(共催)
2005-07-22
14:40
岩手 岩手県立大学 MD4に対するコリジョンアタックの改良
内藤祐介佐々木 悠國廣 昇太田和夫電通大
EUROCRYPT2005でWangらによって,MD4への攻撃手法が提案された.
Wangらの論文中ではこの攻撃は確率... [more]
ISEC2005-58
pp.109-116
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会