お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 13件中 1~13件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ITS 2021-07-02
13:30
ONLINE オンライン開催 視野が重ならない複数カメラのレーザポインタと鏡によるキャリブレーション法
西村隆之中西 功鳥取大ITS2021-2
本論文では,レーザポインタと平面鏡を用いて重複視野のない2台の固定カメラの相対位置を算出する手法を提案する.まず,レーザ... [more] ITS2021-2
pp.7-12
EMT, IEE-EMT
(連催)
2016-11-17
- 2016-11-19
和歌山 白浜古賀の井リゾート&スパ(南紀白浜) 遮断TM・TEモードによる右手/左手系複合方形漏洩導波管の放射特性
鵜山和哉西村茂幸出口博之辻 幹男同志社大
著者らは遮断周波数以下において実効的に負の誘電率を示す遮断TEモードと負の透磁率を示すTMモードを組み合わせた右手/左手... [more]
AP 2016-01-15
16:05
東京 拓殖大 八王子キャンパス FDTD法による有理関数モデルを用いたkHz帯電磁界解析の高速化
浅野慶太宇野 亨有馬卓司東京農工大)・古川洋之西村裕之IHIAP2015-187
本研究では,FDTD法によるkHz帯電磁界解析の解析時間短縮を目的とし,伝達関数を一度求め,その伝達関数から低周波成分を... [more] AP2015-187
pp.111-114
MW 2015-12-17
16:40
東京 東京理科大 葛飾キャンパス 遮断TMモードと仕切り板装荷遮断TEモードを用いた右手/左手複合方形導波管の伝送特性
鵜山和哉西村茂幸出口博之辻 幹男同志社大MW2015-145
遮断周波数以下において実効的に負の透磁率を示す遮断TMモードと負の誘電率を示す遮断TEモードを組み合わせた右手/左手系複... [more] MW2015-145
pp.69-74
MW 2015-05-29
16:20
東京 電気通信大 右手/左手系複合円筒導波管の伝送特性
西村茂幸出口博之辻 幹男同志社大MW2015-36
本稿は右手/左手系複合円筒導波管の構成法及びその伝送特性について調査した.円筒導波管において,遮断TMモードとしてTM0... [more] MW2015-36
pp.87-92
MW 2014-12-19
15:10
東京 青山学院大 青山キャンパス リッジを部分的装荷した右手左手系複合円筒導波管の一検討
西村茂幸出口博之辻 幹男同志社大MW2014-177
 [more] MW2014-177
pp.159-164
NLP 2014-11-06
15:00
新潟 燕三条地場産業振興センター 積分入力状態安定性の見本過程的定義とリアプノフ関数
伊藤 博九工大)・西村悠樹鹿児島大NLP2014-84
本稿は伊藤型の確率非線形微分方程式を取り扱い,見本過程毎の時間全体にわたる見積もり基づいて積分入力状態安定性と入力状態安... [more] NLP2014-84
pp.17-22
NLP 2014-11-06
15:25
新潟 燕三条地場産業振興センター 確率Lyapunov安定論に基づくノイズによる安定化
西村悠樹鹿児島大NLP2014-85
本稿では,確定システムに白色雑音を加えてStratonovich 型確率システムとなる場合に,白色雑音が原点の安定化に貢... [more] NLP2014-85
pp.23-28
US 2014-05-26
15:50
東京 機械振興会館 超音波照射用音響窓付き付着細胞培養フラスコの開発と適用性に関する検討
岩城咲乃桐蔭横浜大)・渡邉晶子福岡大)・小野塚善文精電舎電子工業)・薬袋正恒西村裕之竹内真一桐蔭横浜大US2014-13
 [more] US2014-13
pp.31-36
US 2013-05-27
14:00
東京 機械振興会館 超音波照射用音響窓付き付着細胞培養フラスコの開発
岩城咲乃渡邉晶子薬袋正恒西村裕之竹内真一桐蔭横浜大US2013-9
近年、脳腫瘍治療に経頭蓋HIFU(High Intensity Focused Ultrasound)治療装置が用いられ... [more] US2013-9
pp.7-12
EA 2008-11-20
16:30
大分 大分大学 音声時間波形の狭帯域包絡線間相関を用いた話者識別システム
末廣一美高山泰典波々伯部龍人青木岳志日本文理大)・西村一行千葉工大)・福島 学日本文理大)・柳川博文千葉工大)・黒岩和治日本文理大EA2008-90
著者等は,音声時間波形を1/4オクターブバンドの狭帯域に分割した信号の包絡線から狭帯域包絡線間相関係数を求め,それを特徴... [more] EA2008-90
pp.35-40
NLP 2007-12-19
17:05
福井 福井工業大学 Markov過程の量子化を用いた確率的Lyapunov関数の構築
西村悠樹山下 裕北大NLP2007-117
本稿では,確率システムにおけるLyapunov関数を近似的に設計する新しい手法を提案する.まず,Kushnerによる有限... [more] NLP2007-117
pp.47-52
EA 2007-11-16
11:00
熊本 熊本大学 狭帯域包絡線間相関を用いた話者識別における帯域と識別率の検討
小橋川美共末廣一美高岡 創高山泰典日本文理大)・西村一行千葉工大)・福島 学岡本壽夫日本文理大)・柳川博文千葉工大EA2007-82
著者等は,音声時間波形を1/4オクターブバンドの狭帯域に分割した信号の包絡線から狭帯域包絡線間相関係数を求め,それを特徴... [more] EA2007-82
pp.13-18
 13件中 1~13件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会