お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 155件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RECONF, VLD, CPSY
(共催)
IPSJ-ARC, IPSJ-SLDM
(共催)
(連催) [詳細]
2022-01-25
10:20
ONLINE オンライン開催 マイクロ波レーダを用いたウォークスルーセキュリティ検査システムにおけるイメージング処理のFPGA実装
住谷達哉小林悠記有吉正行NEC
 [more]
EMCJ 2022-01-21
13:00
福岡 九州工業大学+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
センサー式アルコール自動噴射装置におけるEMC対策
小林雅幸江口慎一郎江口友樹照本達也田中俊幸石塚洋一長崎大
 [more]
IEE-CMN, ITE-BCT
(共催)
OFT, OCS
(併催)
(連催) [詳細]
2021-11-18
13:45
ONLINE オンライン開催 [招待講演]PPLN導波路モジュールによる光パラメトリック増幅中継器を用いた大容量・長距離WDM伝送
小林孝行清水新平中村政則風間拓志梅木毅司笠原亮一濱岡福太郎宮本 裕NTTOCS2021-29
シングルモードファイバを用いた光ファイバ伝送システムの大容量化に向けて、波長多重に用いる光帯域の拡大が検討されている.我... [more] OCS2021-29
pp.5-8
CPM 2021-10-27
13:20
ONLINE オンライン開催 プラズマ化学気相成長法によるSi及びN添加ダイヤモンドライクカーボン膜の光学的特性および電気的特性に及ぼすH₂及びAr希釈の効果
佐々木祐弥長内公哉大谷優介室野優太佐藤聖能小林康之遠田義晴鈴木裕史中澤日出樹弘前大CPM2021-26
希釈ガスにAr及びH₂を用いたプラズマ化学気相成長法によりケイ素(Si)及び窒素(N)を添加したダイヤモンドライクカーボ... [more] CPM2021-26
pp.23-28
SDM, ICD
(共催)
ITE-IST
(連催) [詳細]
2021-08-18
09:30
ONLINE オンライン開催 [招待講演]ハフニウム系強誘電体薄膜を用いた1T1R型アレイを使ったアナログインメモリコンピューティング ~ VLSI2021報告内容 ~
齋藤大輔小林俊之古賀洋貴ソニー)・周藤悠介奥野 潤小西健太ソニーセミコンダクタソリューションズ)・塚本雅則大栗一敦ソニー)・梅林 拓ソニーセミコンダクタソリューションズ)・江崎孝之ソニーSDM2021-36 ICD2021-7
エッジデバイスにおけるディープニューラルネットワーク(DNN)を用いた認識実現のためには、低電力動作が求められている。こ... [more] SDM2021-36 ICD2021-7
pp.33-37
AP, SANE, SAT
(併催)
2021-07-30
11:15
ONLINE オンライン開催 28GHz帯メタ・サーフェス反射板による受信電力改善とKファクタについて
杉村独歩芳野真弓工藤友章小林敏幸日本電業工作AP2021-40
次世代移動体通信システムでは,直進性が高く,障害物で反射や回折による減衰が大きい高周波数帯が割り当てられているため,サー... [more] AP2021-40
pp.92-96
AP
(第二種研究会)
2021-06-18
11:30
ONLINE オンライン開催 メタサーフェス反射板における散乱パターンの測定系の一検討
陸田裕子王 琳萩原弘樹小林敏幸日本電業工作
第5世代移動通信システムで用いられる28 GHz帯の電波は,直進性にすぐれており,回折波の伝搬損失が大きい.
このため... [more]

PN 2021-03-01
14:30
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]PPLN導波路モジュールを用いた光パラメトリック増幅による広帯域波長多重光増幅中継伝送
小林孝行清水新平中村政則梅木毅伺風間拓志笠原亮一濱岡福太郎長谷宗彦山崎裕史野坂秀之宮本 裕NTTPN2020-44
光伝送システムの大容量化においては,信号の多値化による周波数利用効率の向上に加えて,波長多重に用いる光帯域の拡張が有効で... [more] PN2020-44
pp.15-19
SANE 2021-01-28
15:20
ONLINE オンライン開催 電磁波による地中埋設物の特定領域探査に関する基礎研究
小林雅幸平田直哉田中俊幸長崎大SANE2020-42
地中埋設物の検出を非破壊検査で行うことは土木事業にとって作業の効率化を図るために重要な技術である.本研究では電磁波を利用... [more] SANE2020-42
pp.26-31
CPM 2020-10-29
15:10
ONLINE オンライン開催 マグネトロンスパッタ法を用いて作製したBCN膜特性への水素の効果
谷口 颯郡山春人小林康之遠田義晴弘前大)・吹留博一東北大)・中澤日出樹弘前大CPM2020-17
 [more] CPM2020-17
pp.23-26
OPE, OCS, LQE
(共催)
2020-10-23
10:35
ONLINE オンライン開催 [招待講演]PPLNを用いた光パラメトリック増幅による広帯域WDM伝送
小林孝行清水新平中村政則梅木 毅風間拓志笠原亮一濱岡福太郎長谷宗彦山崎裕史野坂秀之宮本 裕NTTOCS2020-11 OPE2020-34 LQE2020-14
光ファイバ伝送システムにおいて,波長多重に用いる光帯域の拡張は大容量化に有効である.本稿では,周期分極反転LiNbO3 ... [more] OCS2020-11 OPE2020-34 LQE2020-14
pp.17-20
ET 2020-10-17
15:10
ONLINE オンライン開催 項目反応理論を用いた情報リテラシー教育の検証
大川内隆朗小林貴之毒島雄二田中絵里子日大ET2020-26
大学教育においては継続的な講義の改善活動が求められるが,その教育効果を測定するための方法や分析についての議論が行われるこ... [more] ET2020-26
pp.24-27
EMCJ, EMD, WPT
(併催) [詳細]
2020-07-03
16:05
ONLINE オンライン開催 基本的なノイズ対策とその効果について
小林雅幸中村賢太田中俊幸長崎大EMCJ2020-18
電子機器の高性能化,大規模化に伴って機器の動作不良が問題とされてきた.これは,主として回路図に記載されない寄生成分が考慮... [more] EMCJ2020-18
pp.1-6
IPSJ-AVM, ITE-3DIT
(共催)
SIS
(連催) [詳細]
2020-06-04
13:20
ONLINE オンライン開催 JPEG XSと互換性を有する二層ロスレス画像符号化
小林弘幸都立産技高専)・貴家仁志都立大SIS2020-7
 [more] SIS2020-7
pp.37-41
AP 2020-04-24
10:20
三重 神宮会館(伊勢)
(開催中止,技報発行あり)
メタ・サーフェス反射板によるL字型廊下見通し外環境の受信電力の改善
芳野真弓杉村独歩工藤友章小林敏幸日本電業工作)・松野宏己伊藤智史KDDI総合研究所AP2020-5
次世代移動通信システムでは高周波数帯を利用するため,見通し外(NLoS:Non Line of Sight)環境における... [more] AP2020-5
pp.23-26
SDM, OME
(共催)
2020-04-13
16:50
沖縄 沖縄県青年会館
(開催中止,技報発行なし)
[招待講演]化学溶液堆積法によるMoS2, WS2膜の形成と薄膜トランジスタ応用
キム ジュウナン中嶋崇博小林祐貴羽賀健一・○徳光永輔北陸先端大
 [more]
CAS, MSS
(共催)
IPSJ-AL
(連催) [詳細]
2019-11-28
11:15
福岡 旧大連航路上屋(北九州門司) 組合せ最適化問題における制約条件を考慮したQUBOソルバ
鷹野芙美代鈴木基己小林悠記荒木拓也NECCAS2019-47 MSS2019-26
制約なし二値変数二次計画問題(QUBO)にマッピングされた組合せ最適化問題は、量子コンピュータを用いて高速に求解できると... [more] CAS2019-47 MSS2019-26
pp.15-20
CPM 2019-11-07
15:00
福井 福井大学 文京キャンパス 窒素を添加したDLC膜特性へのアニール効果
長内公哉中村和樹郡山春人小林康之遠田義晴鈴木裕史弘前大)・末光眞希東北大)・中澤日出樹弘前大CPM2019-46
希釈ガスにH2を用いたプラズマ化学気相成長法により窒素を添加したダイヤモンドライクカーボン(N-DLC)膜を作製し、真空... [more] CPM2019-46
pp.9-14
LQE, OPE, CPM, EMD, R
(共催)
2019-08-22
14:15
宮城 東北大学 電気通信研究 本館オープンセミナールーム(M153) [招待講演]1Tb/s超の高速チャネルを実現する超広帯域デジタルコヒーレント技術
小林孝行NTTR2019-23 EMD2019-21 CPM2019-22 OPE2019-50 LQE2019-28
高速化の一途をたどるEthernet等のクライアント信号を効率的・経済的に光トランスポートネットワークに収容するために1... [more] R2019-23 EMD2019-21 CPM2019-22 OPE2019-50 LQE2019-28
pp.21-24
AP, SANE, SAT
(併催)
2019-07-18
15:20
宮城 東北大学 [依頼講演]28 GHz帯におけるL字型廊下でのアンテナ指向性による伝搬特性
芳野真弓杉村独歩萩原弘樹工藤友章小林敏幸日本電業工作AP2019-36
次世代移動通信システムの実現のために,高周波数帯による伝搬特性の把握が重要とされている.著者らは,28 GHz 帯におけ... [more] AP2019-36
pp.79-82
 155件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会