お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 34件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICM 2021-07-16
10:00
ONLINE オンライン開催 ベイジアンネットワークによるアラームコリレーション技術の検討
高田 篤林 直輝佐藤亮介関 登志彦山越恭子NTTICM2021-15
近年,AIやオーケストレータを用いて,ITサービスの運用を自動化する研究がおこなわれている.ITサービスの運用では,装置... [more] ICM2021-15
pp.28-33
R 2021-06-12
14:25
ONLINE オンライン開催 残存寿命予測のためのDual-task型ワイブル拡張VAEの提案と航空機エンジンデータへの適用
佐藤利鷹理木村光宏法政大R2021-12
Remaining Useful Life (RUL) は信頼性工学における最も重要な評価指標の一つである.
現在広く... [more]
R2021-12
pp.7-12
ICM 2021-03-19
14:45
ONLINE オンライン開催 AIを用いた自動化のためのワークフローエンジンの方式検討と提案
佐藤亮介中村瑞人高田 篤関 登志彦山越恭子NTTICM2020-76
キャリアネットワークの運用保守オペレーションにおいてAI の導入が検討されており, 特に定型的なオペレーションを自動化す... [more] ICM2020-76
pp.92-97
SANE 2021-01-29
14:35
ONLINE オンライン開催 96 GHz帯ミリ波レーダを用いた滑走路異物探知システムの各種異物探知率推定 ~ 空港環境測定およびレーダ反射断面積測定による探知率推定 ~
二ッ森俊一米本成人電子航法研)・柴垣信彦佐藤洋介加島謙一日立国際電気SANE2020-53
 [more] SANE2020-53
pp.78-83
ICM 2020-07-16
14:00
ONLINE オンライン開催 通信キャリアにおけるネットワーク故障対応業務自動化に向けたオーケストレータの提案
尾居愛子佐藤亮介須藤侑一坂田浩亮中島 求古川 毅NTTICM2020-10
昨今,業務効率化に向けた取り組みが市中で多く見られ,通信キャリアにおいても,構築や保守業務のオペレーションを効率化するた... [more] ICM2020-10
pp.13-18
ICM 2020-07-16
14:25
ONLINE オンライン開催 タイマ機構による複数ワークフロー間の工程集約方式
須藤侑一佐藤亮介尾居愛子坂田浩亮萩原宜和古川 毅NTTICM2020-11
近年,通信キャリアにおいては,ワークフローエンジン(WFE)など自動化システムを用いた業務効率化を推進している.キャリア... [more] ICM2020-11
pp.19-24
SS 2020-03-04
13:25
沖縄 てんぶす那覇
(開催中止,技報発行あり)
OSSプロジェクトにおけるREADME.mdファイルの作成の支援
清水一輝亀井靖高佐藤亮介鵜林尚靖九大SS2019-42
GitHub といったホスティングサービスで公開されている OSS 開発プロジェクトにおいて,README.md ファイ... [more] SS2019-42
pp.7-12
SS 2020-03-04
15:40
沖縄 てんぶす那覇
(開催中止,技報発行あり)
文法エラーに対する自動バグ修正ツールの性能評価
松尾春紀池田 翔亀井靖高佐藤亮介鵜林尚靖九大SS2019-47
近年,様々な自動バグ修正ツールが開発されている.その中でも,プログラムの文法エラーを修正する DeepFix は深層学習... [more] SS2019-47
pp.37-42
SS 2020-03-04
16:05
沖縄 てんぶす那覇
(開催中止,技報発行あり)
開発者によるバグ限局を考慮した自動バグ修正への影響分析
山手響介首藤 巧浅田 翔佐藤亮介亀井靖高鵜林尚靖九大SS2019-48
ソフトウェア開発におけるデバッグコストの削減を目的として,自動バグ修正の研究が盛んに行われている.
自動バグ修正ではバ... [more]
SS2019-48
pp.43-48
ICM 2020-03-03
16:00
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島)
(開催中止,技報発行あり)
ネットワーク構成情報を用いたNW装置警報群の関連付け及び主要因警報分析方式の提案
佐藤亮介尾居愛子須藤侑一NTT)・伊藤良太NTTネオメイト)・中島 求古川 毅坂田浩亮NTTICM2019-64
キャリアネットワークの監視オペレーションにおいて,装置故障の際,当該装置からの警報(主要因ALM)に加え,周辺の装置から... [more] ICM2019-64
pp.129-134
RCS 2019-04-18
15:20
北海道 登別グランドホテル [依頼講演]100GHz帯ミリ波による対列車通信システムのフィールド試験
中村一城・○岩澤永照岩城詞也竹内恵一川﨑邦弘鉄道総研)・柴垣信彦梁取勝也佐藤洋介藤井誠人加島謙一日立国際電気)・菅野敦史山本直克NICT)・川西哲也NICT/早大RCS2019-10
鉄道においては,走行する列車と地上間の連絡手段として,古くから列車無線システムが導入されている.しかし,現在の列車無線シ... [more] RCS2019-10
p.45
SS 2019-03-05
15:25
沖縄 沖縄産業支援センター 関数型プログラムの条件式のための反例を用いた自動修正
松井 健佐藤亮介鵜林尚靖亀井靖高九大SS2018-80
ソフトウェア開発において,手動によるバグ修正には多くの手間と時間がかかる.開発者の負担を減らすため自動バグ修正の研究が行... [more] SS2018-80
pp.169-174
SS 2019-03-05
17:15
沖縄 沖縄産業支援センター 企業内ソースコードに対する自動バグ修正技術適用の試み
池田 翔中野大扉亀井靖高佐藤亮介鵜林尚靖九大)・吉武 浩矢川博文富士通九州ネットワークテクノロジーズSS2018-84
バグ修正の時間削減による生産性の向上を目的として,自動バグ修正の研究は盛んに行われている.
自動バグ修正は自動でバグ修... [more]
SS2018-84
pp.193-198
MWP 2018-11-26
14:25
東京 機械振興会館 100GHz帯を用いた高速鉄道システム向けGbit/s級無線伝送システム
佐藤洋介簗取勝也原本亮喜加島謙一柴垣信彦日立国際電気MWP2018-44
我々はRadio over Fiber技術とW帯ミリ波通信を組み合わせる事で列車あたり1Gb/s以上の伝送速度を実現する... [more] MWP2018-44
pp.5-8
RCS 2018-04-24
11:15
山口 湯田温泉 ホテルニュータナカ RoF接続型90GHz帯滑走路異物監視用レーダーシステムの検討(I) ~ RoFとミリ波を利用した新しい電波システム ~
柴垣信彦佐藤洋介加島謙一日立国際電気RCS2018-19
 [more] RCS2018-19
pp.97-102
SS 2018-03-07
12:30
沖縄 南大東島 関数型言語における停止性検証のためのランキング関数の回帰推定
村本大起佐藤亮介鵜林尚靖亀井靖高九大SS2017-75
 [more] SS2017-75
pp.63-68
MI, MICT
(共催)
2017-11-06
16:00
香川 サンポートホール高松 [ショートペーパー]低線量肺がんCT検診におけるコンピュータ支援システムのワークフロー解析
守本達郎佐藤良祐松廣幹雄鈴木秀宣河田佳樹仁木 登徳島大)・楠本昌彦国立がん研究センター東病院)・松元祐司土田敬明国立がん研究センター中央病院)・江口研二帝京大)・金子昌弘東京都予防医学協会MICT2017-39 MI2017-61
 [more] MICT2017-39 MI2017-61
pp.65-66
RCS 2017-10-20
16:10
宮城 東北工業大学 90GHz帯ミリ波による対列車通信システムの開発
中村一城川﨑邦弘岩澤永照鉄道総研)・柴垣信彦佐藤洋介加島謙一日立国際電気RCS2017-200
鉄道においては,走行する列車と地上間の連絡手段として,古くから列車無線システムが導入されている.近年,走行する車両の動作... [more] RCS2017-200
pp.177-180
RCS 2017-10-20
17:10
宮城 東北工業大学 RoFと90GHz帯を利用した電波システムの検討
柴垣信彦佐藤洋介梁取勝也原本亮喜加島謙一日立国際電気RCS2017-203
 [more] RCS2017-203
pp.193-198
SANE 2017-08-25
13:55
大阪 大阪工業大学梅田キャンパス ワッフルアイアンアレイを用いた79GHz帯UWB MIMOレーダ
三好壮人加茂宏幸羽根井瑞貴松本正彦佐藤洋介日本電産)・桐野秀樹WGRSANE2017-40
ワッフルアイアン導波路を用いたアレイアンテナを採用した79GHz帯ミリ波レーダ装置を開発した. 本装置は帯域幅約3.5G... [more] SANE2017-40
pp.65-70
 34件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会