お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 27件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PRMU, IPSJ-CVIM
(連催)
2020-03-17
11:00
京都 京都大学 GANを用いたk匿名性を持つ顔画像と奥行画像の生成
小林良輔中島悠太馬場口 登阪大PRMU2019-93
 [more] PRMU2019-93
pp.145-150
EA 2019-12-13
11:20
福岡 九州工業大学戸畑キャンパス(北九州市) STOI型客観了解度指標を用いた屋外拡声音の聴き取りにくさ予測モデルの評価
野口啓太小林洋介岸上順一室蘭工大)・栗栖清浩TOAEA2019-76
屋外拡声システムは日常生活での放送で利用されるだけでなく,緊急時に避難の呼びかけをする重要なシステムである。本稿では,屋... [more] EA2019-76
pp.71-78
EA, ASJ-H
(共催)
2018-08-24
14:40
宮城 東北学院大学 拡声音声への環境情報フィードバックシステムの基礎検討
小林洋介野口啓太室蘭工大)・栗栖清浩TOA
本研究では,屋外拡声装置の放送品質を改善するために,拡声フィールドからの品質予測値のフィードバックを提案する。フィードバ... [more] EA2018-49
pp.133-138
EA, ASJ-H, ASJ-AA
(共催)
2018-07-24
10:30
北海道 北海道大学 雑音下音声了解度と客観的音声了解度指標との関係
小林洋介室蘭工大EA2018-1
屋内での8種類の雑音環境下での主観的な音声了解度を客観予測する指標を検討した。特に近年広く用いられているSTOI(Sho... [more] EA2018-1
pp.1-6
EA, ASJ-H, ASJ-AA
(共催)
2018-07-24
11:20
北海道 北海道大学 自転車用ナビゲーションに向けたDNNを用いた風雑音除去の改良
北川冬弥近藤和弘山形大)・小林洋介室蘭工大EA2018-3
自転車での拡張音響現実を用いた音声ナビゲーションをするにあたり,イヤホンなどの提示デバイスで耳を塞いでしまうことによる環... [more] EA2018-3
pp.13-18
LOIS, ISEC, SITE
(共催)
2017-11-09
11:10
京都 京都産業大学むすびわざ館 電子チラシアプリ利用履歴の個人性に関する検証
西山双輝鈴木宏哉小林良輔山口利恵東大ISEC2017-53 SITE2017-35 LOIS2017-30
近年,移動履歴や購買履歴といった行動履歴を解析し活用する動きが盛んになっている.
一方で,行動履歴にはプライバシ情報が... [more]
ISEC2017-53 SITE2017-35 LOIS2017-30
pp.27-32
EA, ASJ-H
(共催)
2017-07-21
13:40
北海道 北海道大学 [ポスター講演]音環境センシングシステムの開発
児島悠太小林洋介室蘭工大EA2017-22
東日本大震災のような大規模災害では,同報系防災行政無線の屋外拡声器が住民の避難誘導に大きく貢献した.
一方で,地震後の... [more]
EA2017-22
pp.125-130
PRMU, CNR
(共催)
2017-02-19
11:20
北海道 北海道大学 [ポスター講演]車車間通信を利用した歩行者検出性能向上手法の検討
小林亮介榎並直子高木由美鎌田十三郎太田 能神戸大PRMU2016-185 CNR2016-52
本稿では,車車間通信を利用した歩行者検出性能向上手法の検討を行う.歩行者検出では,歩行者との距離やオクルージョンにより精... [more] PRMU2016-185 CNR2016-52
pp.167-168
EA, EMM
(共催)
2016-11-18
10:45
大分 コンパルホール (大分) 主観・客観評価値を用いたスピーチマスキングシステムの品質推定
小林洋介室蘭工大)・近藤和弘山形大EA2016-59 EMM2016-65
スピーチプライバシー保護のために,本人の音声から合成した聴取妨害音(マスカー)は妨害効果が高いことが示されている。本研究... [more] EA2016-59 EMM2016-65
pp.67-72
ASJ-H
(共催)
EA, IPSJ-MUS
(連催) [詳細]
2016-10-15
00:30
石川 国民宿舎能登小牧台 (七尾) [ポスター講演]雑音下での少数サンプルによる了解度推定法
小林洋介室蘭工大)・近藤和弘山形大)・坂本修一東北大EA2016-42
 [more] EA2016-42
pp.65-70
EA, EMM
(共催)
2015-11-12
14:00
熊本 熊本大学 判別器を用いた屋外拡声音声了解度の予測法
小林洋介都城高専)・近藤和弘山形大EA2015-26 EMM2015-47
東日本大震災以後に仙台市で録音された屋外拡声器のインパルス応答を10地点分用いた音声了解度の主観評価とその予測を行った。... [more] EA2015-26 EMM2015-47
pp.13-18
ASN 2015-11-06
11:35
東京 NICT小金井本部 UAVからの無線給電によるバッテリーレス農業用センサシステムにおける最適給電点追跡手法
繁田 亮小林亮介川原圭博浅見 徹東大ASN2015-73
本研究では大規模農業用センサシステムをUAVからの無線給電によって,電池交換を不要で運用することを目指している.近年,U... [more] ASN2015-73
pp.127-132
EA, ASJ-H
(共催)
2015-08-04
14:15
宮城 東北大学 電気通信研究所 スピーチマスキングシステムに用いるブートストラップ型マスカーの品質評価
小林洋介都城高専)・近藤和弘山形大EA2015-23
スピーチプライバシー保護のために,本人の音声から合成した聴取妨害音(マスカー)は妨害効果が高いことが示されている。本研究... [more] EA2015-23
pp.77-82
MW, ICD
(共催)
2015-03-05
13:45
福井 福井大学 LC並列結合回路を用いて帯域幅偏差を抑制したリコンフィギャラブルバンドパスフィルタ
加藤 匠小林綾介齋藤哲成山尾 泰電通大MW2014-209 ICD2014-122
近年,携帯通信端末は通信システムの国際化および大容量化の対応が求められ,割当られた広い範囲の周波数帯に対応できるよう,複... [more] MW2014-209 ICD2014-122
pp.37-42
EA 2014-08-19
13:30
宮城 東北学院大学 多賀城キャンパス ロングパスエコー下を想定した文章了解度評価法と伝送パラメータを用いない推定の基礎検討
小林洋介都城高専)・高橋憲敬近藤和弘山形大EA2014-13
遠方の拡声器から到来する主音声との時間差が大きい屋外拡声器によるロングパスエコー環境下での主観品質評価には,ある程度の長... [more] EA2014-13
pp.7-12
EA 2014-08-19
14:00
宮城 東北学院大学 多賀城キャンパス ITU-T P.563標準の特徴量を用いた音声了解度客観推定の検討
近藤和弘阪野俊洋山形大)・小林洋介都城高専EA2014-14
原音を用いずに総合音質を推定するITU-T 標準P.563 の特徴量を応用して,原音不要な音声了解度推定方法を検討した.... [more] EA2014-14
pp.13-18
MW 2014-03-05
10:30
愛媛 愛媛大学 集中定数化2段3ビットリコンフィギャラブルバンドパスフィルタ
小林綾介加藤 匠山尾 泰電通大MW2013-213
 [more] MW2013-213
pp.95-100
MW 2013-11-21
13:30
鹿児島 鹿児島県文化センター Jインバータを用いたリコンフィギャラブルバンドパスフィルタの帯域幅制御設計
加藤 匠小林綾介山尾 泰電通大MW2013-136
近年,携帯端末は国際化および大容量化のために通信システムの拡充・進化への対応が求められ,割当られた広い範囲の周波数帯に対... [more] MW2013-136
pp.29-34
EMM, EA
(共催)
2013-11-15
11:00
広島 県立広島大学 サテライトキャンパスひろしま 拡張音響現実に用いる2種の音響デバイスの音声了解度比較
小林洋介穴沢直也近藤和弘山形大EA2013-80 EMM2013-80
本稿では音響拡張現実システムに利用するヒアスルー環境を実現するために,ステレオ骨伝導ヘッドホン(BCH)とバイノーラルイ... [more] EA2013-80 EMM2013-80
pp.71-76
MW 2013-03-07
10:35
広島 広島大学 Ku/Ka帯高耐電力直交2偏波2周波数帯共用導波管給電回路
湯川秀憲三菱電機)・小林亮介三菱電機エンジニアリング)・吉田幸司水野友宏大和田 哲宮崎守泰三菱電機MW2012-171
異なる周波数帯の右旋/左旋円偏波信号あるいは垂直/水平直線偏波信号を分離する直交2偏波2周波数帯共用導波管給電回路(以下... [more] MW2012-171
pp.63-68
 27件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会