お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 87件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SANE 2021-01-29
16:10
ONLINE オンライン開催 広域マルチラテレーションにおけるGPS障害対策の改善
宮崎裕己長縄潤一田嶋裕久小菅義夫電子航法研)・田中俊幸長崎大SANE2020-56
広域マルチラテレーション(WAM)は,航空機が送信する信号を複数の受信局で検出して,信号の到達時間差(TDOA)から測位... [more] SANE2020-56
pp.96-101
SANE 2020-01-30
14:50
長崎 長崎県美術館 レーダ位置と複数の受信時刻観測値のデータ融合
小菅義夫古賀 禎宮崎裕己呂 暁東電子航法研)・稲葉敬之電通大SANE2019-87
 [more] SANE2019-87
pp.15-20
SANE 2020-01-30
15:15
長崎 長崎県美術館 目標距離観測値の使用によるTDOA測位誤差の改善
宮崎裕己小菅義夫電子航法研)・田中俊幸長崎大SANE2019-88
TDOA(Time Difference of Arrival)測位では,異なる位置に配置された電波受信局で移動体である... [more] SANE2019-88
pp.21-26
SANE 2019-01-25
10:10
長崎 長崎県美術館 マルチパス環境下のドップラー併用TOA
小菅義夫古賀 禎宮崎裕己呂 暁東電子航法研)・稲葉敬之電通大SANE2018-100
マルチパス環境下では,距離観測値にランダム誤差の他に瞬時的なバイアス誤差が生じる.このような場合でも,複数の距離及びドッ... [more] SANE2018-100
pp.59-64
SANE 2019-01-25
10:35
長崎 長崎県美術館 基準局での目標距離観測値を使用したTDOA測位
宮崎裕己小菅義夫電子航法研)・田中俊幸長崎大SANE2018-101
TDOA(Time Difference of Arrival)測位では,異なる位置に配置された電波受信局で移動体である... [more] SANE2018-101
pp.65-70
SANE 2018-10-12
10:20
東京 電気通信大学 高精度の距離和とドップラー和観測値による交差点目標の追尾法 ~ シミュレーションによるケーススタディ ~
佐々木裕央秋田 学小菅義夫稲葉敬之電通大SANE2018-46
マルチスタティックレーダから観測される距離和とドップラー和より,三次元の目標位置及び速度を推定し,その推定値を目標追尾法... [more] SANE2018-46
pp.13-18
SANE 2018-01-26
10:45
長崎 長崎県美術館 TSOA及びTDOA測位間での監視覆域拡大の比較
宮崎裕己小菅義夫電子航法研)・田中俊幸長崎大SANE2017-98
航空交通管制に利用される航空機監視システムでは,従来のレーダよりも高精度かつ高頻度な監視が望まれており,これを実現するT... [more] SANE2017-98
pp.71-76
SANE 2018-01-26
11:10
長崎 長崎県美術館 ドップラーとバイアス誤差を有する距離観測値によるTOA測位,測速
小菅義夫古賀 禎宮崎裕己呂 暁東電子航法研)・稲葉敬之電通大SANE2017-99
 [more] SANE2017-99
pp.77-82
SANE 2018-01-26
11:35
長崎 長崎県美術館 距離和とドップラー和観測値を用いたテイラー級数推定法による目標の位置及び速度推定における初期値更新処理の評価
佐々木裕央角田智広秋田 学小菅義夫稲葉敬之電通大SANE2017-100
マルチスタティックレーダでは,送信アンテナと目標間の距離と,受信アンテナと目標間の距離の和が観測可能である.同様に,ドッ... [more] SANE2017-100
pp.83-88
SANE 2017-01-26
15:45
長崎 長崎県美術館 車載レーダ用追尾における複数フィルタの同時実行法 ~ シミュレーションによる性能評価 ~
角田智広藤村嘉一秋田 学小菅義夫稲葉敬之電通大SANE2016-104
 [more] SANE2016-104
pp.47-52
SANE 2017-01-26
16:45
長崎 長崎県美術館 送信時刻と複数の受信時刻を使用した測位法
小菅義夫古賀 禎宮崎裕己呂 暁東電子航法研)・秋田 学稲葉敬之電通大SANE2016-106
 [more] SANE2016-106
pp.59-64
SANE 2017-01-26
17:10
長崎 長崎県美術館 TSOAによるTDOA測位誤差の改善
宮崎裕己小菅義男電子航法研)・田中俊幸長崎大SANE2016-107
TDOA(Time Difference of Arrival)測位では,異なる位置に配置された複数の受信局で移動体から... [more] SANE2016-107
pp.65-70
SANE 2016-11-24
- 2016-11-25
海外 国立台北科技大学 Vehicle Tracking with Multiple Reflection Points by Automotive Multi-Frequency Step CPC Millimeter-Wave Radar
Kaichi FujimuraMizuki SerakuYoshio KosugeMasato WatanabeManabu AkitaTakayuki InabaThe Univ. of Electro-CommunicationsSANE2016-57
 [more] SANE2016-57
pp.31-36
SANE 2016-11-25
09:00
海外 国立台北科技大学 An Analysis of 3-dimensional Location and Velocity Estimation Using Range and Doppler Measurements
Yoshio KosugeENRI/UEC)・Tadashi KogaHiromi MiyazakiENRI)・Manabu AkitaTakayuki InabaUECSANE2016-83
 [more] SANE2016-83
pp.163-168
SANE 2016-11-25
09:20
海外 国立台北科技大学 Improvement of Position Accuracy by Combining TDOA and TSOA
Hiromi MiyazakiYoshio KosugeENRI)・Toshiyuki TanakaNagasaki UnivSANE2016-84
TDOA(Time Difference of Arrival)測位では,異なる位置に配置された複数の受信局で移動体から... [more] SANE2016-84
pp.169-174
SANE 2016-08-26
10:30
宮城 電子航法研究所岩沼分室(宮城) TDOAとTSOAにおける測位誤差の比較
宮崎裕己小菅義夫電子航法研)・田中俊幸長崎大SANE2016-31
TDOA(Time Difference of Arrival)測位では,異なる位置に配置された複数の受信局で移動体から... [more] SANE2016-31
pp.1-6
SANE 2016-01-21
14:50
長崎 長崎県美術館 複数反射点を有する目標に対する車載レーダ追尾のフィールドデータ解析
瀬楽瑞樹秋田 学小菅義夫稲葉敬之電通大SANE2015-88
筆者らは,高距離分解能と遠距離性が両立する変復調方式として多周波ステップCPC(Complimentary Phase ... [more] SANE2015-88
pp.35-40
SANE 2016-01-21
16:45
長崎 長崎県美術館 距離とドップラーを観測値とする位置及び速度推定
小菅義夫古賀 禎宮崎裕己電子航法研)・秋田 学稲葉敬之電通大SANE2015-92
TOA(Time of Arrival)測位は,送受信機間の距離を同時に複数観測し,目標の位置を推定する.この代表例は,... [more] SANE2015-92
pp.59-64
SANE 2016-01-22
13:50
長崎 長崎県美術館 平滑化高度情報の適用によるTDOA測位の改善手法
宮崎裕己小菅義夫電子航法研)・田中俊幸長崎大SANE2015-101
TDOA(Time Difference of Arrival)測位では,異なる位置に配置された複数の受信局で移動体から... [more] SANE2015-101
pp.111-116
SANE 2015-11-23
15:40
海外 アジア工科大学,バンコク,タイ Improvement Measures for 3D TDOA Localization by Using Height Information
Hiromi MiyazakiYoshio KosugeENRI)・Toshiyuki TanakaNagasaki Univ.SANE2015-56
 [more] SANE2015-56
pp.39-43
 87件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会