電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 58件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ED 2019-11-21
15:20
東京 機械振興会館 小型イオンエンジン用Graphene/SiO2/Si積層型mA級平面電子源の開発
古家 遼横浜国大/産総研)・村上勝久長尾昌善産総研)・鷹尾祥典横浜国大ED2019-64
Graphene/SiO2/Si積層型平面電子源(グラフェン電子源)は上部電極にグラフェンを用いることで,20–30%の... [more] ED2019-64
pp.21-24
ED 2019-11-21
16:35
東京 機械振興会館 エレクトロスプレースラスタの高密度エミッタアレイ作製とイオン引き出し実験
鈴木貫太横浜国大/産総研)・井上直樹横浜国大)・長尾昌善村上勝久産総研)・クンプアン ソマワン原 史朗産総研/ミニマルファブ推進機構)・鷹尾祥典横浜国大ED2019-67
 [more] ED2019-67
pp.31-34
NS, IN
(併催)
2018-03-01
10:50
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート 家電機器の連携時間を短縮する機器制御方式の検討
高田佳典樋口 毅三菱電機IN2017-106
ネットワーク機能を持つ家電機器が増えていくのに従い,家電機器を制御するシステムの構成は多様化する.現在のHEMSのように... [more] IN2017-106
pp.99-103
ED 2017-10-26
13:30
宮城 東北大学電気通信研究所本館6階大会議室 グラフェンを用いた低真空・低電圧で動作可能な高効率平面型電子放出デバイス
村上勝久産総研)・古家 遼横浜国大)・飯島拓也筑波大)・長尾昌善産総研)・根本善弘竹口雅樹物質・材料研究機構)・鷹尾祥典横浜国大)・山田洋一佐々木正洋筑波大ED2017-36
 [more] ED2017-36
pp.1-4
ED 2017-10-27
11:15
宮城 東北大学電気通信研究所本館6階大会議室 微小電子源の作製技術を利用した超小型エレクトロスプレースラスタの試作
村上勝久長尾昌善産総研)・井上直樹鷹尾祥典横浜国大)・クンプアン ソマワン原 史朗産総研/ミニマルファブ推進機構ED2017-47
 [more] ED2017-47
pp.47-50
EA, SP, SIP
(共催)
2016-03-28
13:15
大分 別府国際コンベンションセンター B-ConPlaza [ポスター講演]建造物診断におけるケプストラム比に基づく最適分析窓長の決定手法
高橋義典都立産技高専EA2015-74 SIP2015-123 SP2015-102
本報告は,雑音振動を用いた建造物のヘルスモニタリング手法について論じるものである.風や交通騒音等による僅かな振動を利用し... [more] EA2015-74 SIP2015-123 SP2015-102
pp.45-50
NS, IN
(併催)
2015-03-03
16:20
沖縄 沖縄コンベンションセンタ マルチコントローラ環境における宅内機器制御方式の検討
高田佳典高橋大佑堀内栄一三菱電機IN2014-171
ネットワークにつながるスマート家電やウェアラブル機器などの宅内機器が普及してきているため,宅内機器を制御するコントローラ... [more] IN2014-171
pp.295-299
MW 2014-11-20
13:25
長崎 長崎大 マルチバンド電力増幅器向け広帯域受信帯雑音抑圧回路
河村由文新庄真太郎弥政和宏廣部正和嘉藤勝也高橋貴紀山部滋生堀口健一檜枝護重山中宏治三菱電機MW2014-129
送信機と受信機に異なる周波数バンドを割り当てるFDDシステムでは、送信機の電力増幅器(PA: Power Amplifi... [more] MW2014-129
pp.33-36
EMCJ, EST
(共催)
2014-09-12
13:25
北海道 北見工業大 ESDガンを用いた静電気放電における火花ギャップ長計測装置の開発と測定精度検証
高 義礼釧路高専)・川又 憲東北学院大)・藤原 修名工大EMCJ2014-37 EST2014-51
電子機器の静電気放電耐性試験においては,気中放電の諸特性を勘案した新たな試験法の構築が望まれてはいるが,火花ギャップ長に... [more] EMCJ2014-37 EST2014-51
pp.35-39
NS, IN
(併催)
2014-03-07
13:00
宮崎 宮崎シーガイア 宅内自動制御のためのアプリケーション処理優先制御方式の検討
高田佳典堀内栄一三菱電機IN2013-192
遠隔サーバから宅内機器に対して制御を行う宅内自動制御システムにおいて,異なるタイプの機器が同一のホームネットワークに混在... [more] IN2013-192
pp.287-291
SDM 2013-10-18
11:00
宮城 東北大学未来研 古典的分子動力学計算による物理的プラズマダメージ形成機構の検討 ~ Fin型MOSFETでの欠陥生成機構 ~
江利口浩二松田朝彦中久保義則鷹尾祥典斧 高一京大SDM2013-95
 [more] SDM2013-95
pp.37-40
SDM 2013-10-18
13:30
宮城 東北大学未来研 プラズマチャージングダメージがMOSFETのRandom Telegraph Noise特性に及ぼす影響
亀井政幸中久保義則鷹尾祥典・○江利口浩二斧 高一京大SDM2013-97
 [more] SDM2013-97
pp.47-50
IN 2013-01-24
14:30
鹿児島 鹿児島県産業会館 ホームネットワークの遠隔アクセス方式とユーザ別優先制御の検討
高田佳典高橋大祐堀内栄一三菱電機IN2012-138
公衆網を介したホームネットワークへの遠隔アクセス方式を,家電制御機能の実装箇所に基づき分類した.
運用コストで優位な直... [more]
IN2012-138
pp.1-4
MW 2012-11-22
14:00
沖縄 石垣島 定時間積分方式による高速・高精度位相検出回路
平井暁人堤 恒次高橋貴紀谷口英司三菱電機MW2012-125
 [more] MW2012-125
pp.69-74
SDM 2012-10-25
16:35
宮城 東北大学未来研 温度制御型フォトリフレクタンス分光法を用いたプラズマ誘起Si基板ダメージの定量化とそのプロファイル解析
松田朝彦中久保義則鷹尾祥典江利口浩二斧 高一京大
プラズマエッチング時のソースドレインエクステンション領域でのSi基板ダメージは,MOSFET劣化の要因として問題となって... [more]
CS, OCS
(併催)
2012-01-27
14:00
三重 伊勢市観光文化会館 マルチユーザ対応ゲートウェイの実現に関する検討
高田佳典佐藤浩司松田哲史三菱電機CS2011-94
(事前公開アブストラクト) 現在、国内では各家庭にゲートウェイを配置し、IP電話およびインターネット接続を提供しているが... [more] CS2011-94
pp.69-72
SDM 2011-10-21
14:00
宮城 東北大学未来研 [招待講演]物理的プラズマダメージによるMOSFETバラツキ増大予測のための包括モデル
江利口浩二中久保義則松田朝彦鷹尾祥典斧 高一京大SDM2011-110
プロセスプラズマからのイオン衝撃による物理的プラズマダメージが,デバイス特性に及ぼす影響について詳細に考察した.イオンの... [more] SDM2011-110
pp.73-78
SDM 2011-10-21
14:50
宮城 東北大学未来研 電気的手法を用いた物理的Si基板ダメージのプラズマプロセス依存性の検討
中久保義則江利口浩二松田朝彦鷹尾祥典斧 高一京大SDM2011-111
プラズマプロセス中に形成される物理的Si基板ダメージを電流電圧特性及び電気容量特性により評価した。大気暴露による表面酸化... [more] SDM2011-111
pp.79-84
AP, MW
(併催)
2011-03-03
15:20
茨城 茨城大学 基準信号の遅延量を自動調整したマルチタイミング動作並列PFDによる低雑音Ku帯PLL
堤 恒次高橋貴紀小牧昌彦下沢充弘三菱電機MW2010-162
PLL出力信号のループ帯域内位相雑音を低減するには,位相周波数比較器(PFD)を並列化する構成が有効である.しかし,並列... [more] MW2010-162
pp.57-61
EA 2010-12-10
10:00
茨城 筑波大学 音場共分散行列に基づく音場再生手法による波面再生
萩原大樹工学院大)・高橋義典都立産技高専/工学院大)・三好和憲工学院大EA2010-97
本報告では音場共分散行列に基づく音場再生手法を用いた波面再生について述べる。音場再生の分野では波動方程式の解に基づいた物... [more] EA2010-97
pp.1-6
 58件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会