電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 89件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MVE, IPSJ-CVIM
(連催)
2020-01-23
13:05
奈良 奈良先端大学 [ショートペーパー]アクティブパターンの複合現実感型表示を用いた歩行者への情報提示
田村 優宍戸英彦北原 格亀田能成筑波大
 [more]
MVE, IPSJ-CVIM
(連催)
2020-01-24
11:00
奈良 奈良先端大学 機械学習による競泳映像からの泳者頭部位置推定の試み
石川茉由子宍戸英彦北原 格亀田能成筑波大
 [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2019-12-11
- 2019-12-13
広島 広島県情報プラザ(広島) ターンバイターン方式ナビゲーションに適した音と振動によるインタフェース
小河原洸貴宍戸英彦北原 格亀田能成筑波大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2019-12-11
- 2019-12-13
広島 広島県情報プラザ(広島) ウェアラブルカメラからの点字ブロックの種別と位置の推定
中村将太朗宍戸英彦北原 格亀田能成筑波大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2019-12-11
- 2019-12-13
広島 広島県情報プラザ(広島) 視覚探索トレーニングのためのバスケットボールVRシミュレータ
石川晋也宍戸英彦北原 格亀田能成筑波大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2019-12-11
- 2019-12-13
広島 広島県情報プラザ(広島) 広域観測カメラによる視覚障がい者検出
中泉安貴宍戸英彦北原 格亀田能成筑波大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2019-12-11
- 2019-12-13
広島 広島県情報プラザ(広島) 肘位置に注目した投球フォーム分析の精度評価
野原直翔宍戸英彦北原 格亀田能成筑波大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
MVE 2019-10-11
14:50
北海道 北海道 斜里町 ウトロ漁村センター 類似画像検索とSLAMによる協調的位置推定システムの性能評価
山﨑康平宍戸英彦北原 格亀田能成筑波大MVE2019-27
歩行者ナビゲーションシステムには自己位置推定が必要であり,頑健性の高い手法が求められる.我々はカメラのみを用いた頑健性の... [more] MVE2019-27
pp.89-94
IMQ, IE, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2019-03-14
10:50
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス 3次元画像処理とクラウドソーシングによる被災状況マップ生成法
小林洸陽宍戸英彦亀田能成北原 格筑波大IMQ2018-29 IE2018-113 MVE2018-60
災害発生時の各地域の被災度合いを表す被災状況マップは,避難,復興,防災の計画に有用であるた め,発災後の迅 [more] IMQ2018-29 IE2018-113 MVE2018-60
pp.37-42
IMQ, IE, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2019-03-14
13:25
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス 敵対的生成ネットワークを用いた全方位自由視点画像の生成に関する検討
竹内 音宍戸英彦亀田能成北原 格筑波大IMQ2018-36 IE2018-120 MVE2018-67
全方位自由視点画像の画質向上を実現する手法を提案する.多視点画像を計算機内部で統合し任意視点からの見え方を再現する自由視... [more] IMQ2018-36 IE2018-120 MVE2018-67
pp.79-84
IMQ, IE, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2019-03-14
14:20
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス 歩行者を先導するコンパニオンロボットの間合いの調査
南雲悠太宍戸英彦北原 格・○亀田能成筑波大IMQ2018-42 IE2018-126 MVE2018-73
 [more] IMQ2018-42 IE2018-126 MVE2018-73
pp.115-119
PRMU, MVE
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2019-01-17
09:30
京都 京都テルサ 類似画像検索とSLAMの同時利用による歩行者位置推定の頑健性向上
山﨑康平宍戸英彦北原 格亀田能成筑波大PRMU2018-96 MVE2018-38
歩行者へのナビゲーションには頑健な位置推定手法が必須である.特に視覚障がい者向けのナビゲーションにおいては,歩行したいと... [more] PRMU2018-96 MVE2018-38
pp.1-4
PRMU, MVE
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2019-01-17
09:45
京都 京都テルサ 類似画像検索による歩行位置精度向上のための凸包の利用
小河原洸貴宍戸英彦北原 格亀田能成筑波大PRMU2018-97 MVE2018-39
事前に撮影された映像に基づく歩行者ナビゲーションシステムについての我々の先行研究では, 事前撮影映像から抽出された参照画... [more] PRMU2018-97 MVE2018-39
pp.5-10
MVE 2018-10-25
14:55
北海道 北海道大学 フロンティア応用科学棟 1階セミナー室1 立ち乗り型パーソナルトランスポーターによる移動様式の変革
亀田能成筑波大MVE2018-31
 [more] MVE2018-31
pp.37-40
MVE, IE, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2018-03-08
09:55
沖縄 沖縄産業支援センター 広視野画像と深度画像を利用した経路誘導のための性能評価
南雲悠太宍戸英彦北原 格亀田能成筑波大IMQ2017-25 IE2017-117 MVE2017-67
小型モビリティを含む自動走行技術の開発は盛んに行われており機械および人へのナビゲーションシステムは注目度を増している.任... [more] IMQ2017-25 IE2017-117 MVE2017-67
pp.5-9
MVE, IE, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2018-03-08
10:20
沖縄 沖縄産業支援センター 競泳プール映像における泳者位置とストローク数の推定
積田貴幸宍戸英彦北原 格亀田能成筑波大IMQ2017-26 IE2017-118 MVE2017-68
競泳プール全体を映した競泳プール映像から,各レーンでの泳者位置とストローク数を推定する画像処理方法を提案する.水面特有の... [more] IMQ2017-26 IE2017-118 MVE2017-68
pp.11-16
MVE, IE, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2018-03-08
10:50
沖縄 沖縄産業支援センター ステレオ音と振動提示による視覚障害者誘導インタフェース
小河原洸貴宍戸英彦北原 格亀田能成筑波大IMQ2017-27 IE2017-119 MVE2017-69
我々は視覚障害者に対する歩行誘導インタフェースの研究を行っている.我々は以前の研究で、目標経路を直進時と方向転換時に分け... [more] IMQ2017-27 IE2017-119 MVE2017-69
pp.17-22
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2017-12-13
- 2017-12-15
石川 金沢歌劇座(金沢) RGB-Dカメラを用いた歩行安全領域の検出と提示方法の検討
今井健太北原 格亀田能成筑波大
視覚障がい者は歩行時に白杖を携帯することが義務付けられているが,白杖では歩行安全領域を検出できる範囲が狭い.本研究ではタ... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2017-12-13
- 2017-12-15
石川 金沢歌劇座(金沢) 大規模Projector-Cameraシステムに適したキャリブレーション手法
謝 淳宍戸英彦亀田能成鈴木健嗣北原 格筑波大
Projector-cameraシステムを構成するプロジェクタとカメラのキャリブレーションは,投影型ARアプリケーション... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2017-12-13
- 2017-12-15
石川 金沢歌劇座(金沢) Xth Person View: 多人称視点を連続的に閲覧可能な観察システム
志村直樹宍戸英彦亀田能成鈴木健嗣北原 格筑波大
本稿では,多視点映像技術により人物や物体と言った多様な人称視点からの観察を可能とするXth Person Viewについ... [more]
 89件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会