電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 49件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PN 2019-08-26
11:30
北海道 かんぽの宿 小樽 Emergency Lightpath Support and Corresponding Incentive in Carrier-Cooperation-based Disaster Recovery
Sugang XuNICT)・Noboru YoshikaneKDDI Research)・Naoki MiyataNTT Communications)・Masaki ShiraiwaNICT)・Takehiro TsuritaniKDDI Research)・Xiaocheng ZhangNTT Communications)・Yoshinari AwajiNaoya WadaNICT
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] PN2019-14
pp.23-30
PN, EMT, OPE, EST, MWP, LQE
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2019-01-18
14:45
大阪 大阪大学中之島センター 高速な資源割り当てを実現するフレキシブル光パスノードの提案
白岩雅輝古川英昭廣田悠介品田 聡淡路祥成和田尚也NICT
 [more] PN2018-82 EMT2018-116 OPE2018-191 LQE2018-201 EST2018-129 MWP2018-100
pp.277-284
OCS, OPE, LQE
(共催)
2018-11-12
16:25
東京 機械振興会館 [特別招待講演]C+L帯368波長PDM-256-QAM信号を用いた160 umクラッド径4コア3モードファイバによる1.2 Pb/s伝送 ~ ECOC2018ポストデッドライン論文報告 ~
Ruben S. LuisGeorg RademacherBenjamin J. PuttnamTobias A. Eriksson古川英昭NICT)・Andrew Ross-AdamsSimon GrossMichael WithfordMacquarie Univ.)・Nicolas RiesenSouth Australia Univ.)・佐々木雄佑フジクラ)・齊藤晋聖北大)・愛川和彦フジクラ)・淡路祥成和田尚也NICT
本報告はECOC2018ポストデッドライン論文のレビュー講演である.我々は,368波長,PDM-256-QAM,24.5... [more] OCS2018-65 OPE2018-94 LQE2018-83
pp.25-27
IN, NS, CS, NV
(併催)
2018-09-07
15:40
宮城 東北大学 電気通信研究所 Sharable Emergency Packet Transport Network based on Carrier-collaboration in Disaster Recovery
Sugang XuNICT)・Noboru YoshikaneKDDI Research)・Masaki ShiraiwaNICT)・Takehiro TsuritaniKDDI Research)・Yoshinari AwajiNaoya WadaNICT
For efficient post-disaster recovery, we investigate the app... [more] CS2018-55
pp.81-86
OFT 2018-01-18
16:40
熊本 熊本市民会館 光通信システムの災害復旧技術 ~ 生残した光ファイバの活用 ~
白岩雅輝NICT)・吉兼 昇KDDI総合研究所)・徐 蘇鋼NICT)・釣谷剛宏KDDI総合研究所)・淡路祥成和田尚也NICT
東日本大震災の教訓を基に通信の耐災害性向上のための研究開発が進められている.熊本地震では大幅に通信サービス中断を低減する... [more] OFT2017-61
pp.23-28
PN 2017-08-29
09:55
北海道 洞爺観光ホテル Emergency Packet Transport Network Planning Scheme for Disaster Recovery with Multi-Carrier Interconnection
Sugang XuNICT)・Noboru YoshikaneKDDI Research, Inc.)・Masaki ShiraiwaNICT)・Takehiro TsuritaniKDDI Research, Inc.)・Hiroaki HaraiYoshinari AwajiNaoya WadaNICT
In this report, we introduce an indirect approach for enabli... [more] PN2017-21
pp.39-46
PN, NS, OCS
(併催)
2017-06-15
09:50
秋田 秋田大学 リンク障害時の光パワー変動を抑圧するソフトウェア化した動的光スイッチングネットワークの実証
白岩雅輝古川英昭徐 蘇鋼淡路祥成原井洋明和田尚也NICT
(事前公開アブストラクト) 5Gやエラスティックネットワークの実現加速の一手法としてネットワークソフト
ウェアライゼ... [more]
PN2017-7
pp.7-12
PN 2017-03-06
14:15
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島) Interplay between Stimulated Raman Scattering and Inter-Core Crosstalk in Homogeneous Multicore Fiber Transmission
Ruben S. LuisBenjamin J. PuttnamGeorg RademacherWerner KlausYoshinari AwajiNaoya WadaNICT
 [more] PN2016-93
pp.57-60
PN 2017-03-06
14:35
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島) Crosstalk Fluctuations in Multi-Core Fibers with Multiple Excited Cores
Georg RademacherRuben S. LuisBenjamin J. PuttnamYoshinari AwajiNaoya WadaNICT
 [more] PN2016-94
pp.61-65
PN 2017-03-07
09:50
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島) High capacity transmission systems using single-mode homogeneous multi-core fibers with a wide-band comb transmitter
Ben PuttnamRuben S. LuisGeorg RadamacherJun SakaguchiWerner KlausYoshinari AwajiNaoya WadaNICT
 [more] PN2016-101
pp.99-106
PN 2017-03-07
15:45
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島) Remotely Performed Experiments on a Triple Planes Open Optical Network Testbed
Sugang XuMasaki ShiraiwaHiroaki Harai・○Yoshinari AwajiNaoya WadaNICT
To fuel the R&D of advanced optical networks, we have establ... [more] PN2016-102
pp.107-112
OPE
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2017-02-17
11:45
大阪 大阪府立大(I-siteなんば) 基準光配信型コヒーレント光通信システムの開発
坂口 淳熊谷基弘李 瑛井戸哲也淡路祥成和田尚也NICT
位相雑音を低減し、周波数を極限まで安定化させた基準光をネットワーク上に配信し、各ノード上での光コム生成と組み合わせて多値... [more] OCS2016-78 OPE2016-171
pp.37-42(OCS), pp.59-64(OPE)
NS, CS, IN, NV
(併催)
2016-09-30
10:25
宮城 東北大学 Efficient Disaster Recovery of Optical Transport Networks with Multi-vendor Interconnection and Portable EDFAs
Sugang XuNICT)・Noboru YoshikaneKDDI R&D Lab)・Masaki ShiraiwaNICT)・Takehiro TsuritaniKDDI R&D Lab)・Hiroaki HaraiYoshinari AwajiNaoya WadaNICT
For the recovery of core optical transport networks after di... [more] CS2016-38
pp.45-50
OCS, NS, PN
(併催)
2016-06-23
16:05
北海道 北海道大学 [招待講演]日欧光ネットワークテストベット接続とそのSDNオーケストレーション技術 ~ STRAUSSプロジェクトをとおして ~
吉田悠来NICT)・北山研一光産業創成大)・吉兼 昇曹 孝元釣谷剛宏森田逸郎KDDI研)・甲斐雄高西原真人岡部 亮田中俊毅高原智夫イエンス ラスムッセン富士通)・白岩雅輝淡路祥成和田尚也NICT
本報告では,日欧連携プロジェクトSTRAUSSについて紹介する.STRAUSSプロジェクトでは,日欧8機関の連携のもと,... [more] NS2016-37 OCS2016-13 PN2016-7
p.53(NS), p.23(OCS), p.13(PN)
ICM 2016-03-10
10:30
沖縄 沖縄県青年会館 Resilient Addressing Management in Disaster Recovery
Sugang XuKenji FujikawaHiroaki HaraiYoshinari AwajiNaoya WadaNICT
In order to make sure the automated addressing functionality... [more] ICM2015-43
pp.13-18
PN 2016-03-07
10:50
沖縄 沖縄県青年会館 効率的な波長資源共有と重要光回線パスの強制確保手法
白岩雅輝宮澤高也古川英昭淡路祥成和田尚也NICT
我々が提案する光パケット・光パス統合ネットワークは,光パケット交換および光回線交換で使用する波長資源を共有し,需要に応じ... [more] PN2015-104
pp.13-16
PN 2015-08-31
12:40
北海道 旭岳万世閣ホテルベアモンテ L帯EDFAにおける利得変動抑制法の検討
白岩雅輝NICT)・Ray ManAmonics)・Benjamin J. Pattnum淡路祥成和田尚也NICT
通信容量の拡大要求により,L帯での動的な光信号の波長切り替えやパケット信号による増幅信号の利得変動を抑制することができる... [more] PN2015-11
pp.7-11
PN 2015-08-31
14:50
北海道 旭岳万世閣ホテルベアモンテ [招待講演]空間分割多重(SDM)技術の趨勢
淡路祥成坂口 淳ベンジャミン パットナムルーベン ルイスホゼ マニュエル デルガド メンディニュエタクラウス ヴェルナー和田尚也NICT
既存の光ファイバの容量限界が指摘されて以来、空間分割多重(SDM)の研究開発が活発化している。ことは敷設ファイバ網および... [more] PN2015-15
pp.29-30
PN 2015-09-01
09:50
北海道 旭岳万世閣ホテルベアモンテ An Approach to Emergency Multi-layer Networks Construction in Disaster Recovery with Efficient Multi-vendor Interconnection
Sugang XuNICT)・Noboru YoshikaneKDDI R&D Lab.)・Masaki ShiraiwaNICT)・Takehiro TsuritaniKDDI R&D Lab.)・Hiroaki HaraiYoshinari AwajiNaoya WadaNICT
For the efficient and quick recovery of multi-layer networks... [more] PN2015-18
pp.43-48
NS, OCS, PN
(併催)
2015-06-18
10:45
福井 福井市地域交流プラザ 光渦の部分的位相検出による軌道角運動量識別受信方法の検討
淡路祥成和田尚也NICT)・戸田泰則北大
(事前公開アブストラクト) 近年、軌道角運動量モードを用いたデータ伝送に注目が集まっている。自由空間伝搬、ファイバ伝送の... [more] OCS2015-10
pp.1-4
 49件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会