電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 53件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NLP, NC
(併催)
2020-01-25
09:50
沖縄 宮古島マリンターミナル カオスニューラルネットワークリザバーにおけるダイナミクスの定量的評価
福田佳祐井上理哲人堀尾喜彦東北大
 [more]
NLP, NC
(併催)
2020-01-25
10:10
沖縄 宮古島マリンターミナル カオスニューラルネットワークリザバーの音声認識への応用
井上理哲人福田佳祐堀尾喜彦東北大
 [more]
NLP, NC
(併催)
2020-01-25
10:30
沖縄 宮古島マリンターミナル 熱ダイナミクスを利用したスピントロニクスニューロンデバイスの数理モデル
菊地優志佐藤 拓Aleksandr Kurenkov堀尾喜彦深見俊輔東北大
 [more]
MBE, NC
(共催)
2019-10-12
11:45
宮城 東北大学 IzhikvichニューロンモデルアナログMOS回路のLSI実装とその評価
田村祐樹守谷 哲加藤達暉櫻庭政夫佐藤茂雄堀尾喜彦東北大
脳神経系ネットワークが行う高度で低消費電力な情報処理を模倣したニューロモルフィックハードウェアを実現するために, 少ない... [more] MBE2019-44 NC2019-35
pp.69-73
NLP 2019-09-24
10:40
高知 高知県立大学 永国寺キャンパス 蝸牛に基づく能動的無反射伝送線路モデルのパラメータ値の決定手法
織間健守堀尾喜彦東北大
牛に基づく能動的無反射伝送線路モデルは,少ないパラメータ数で基底膜の生理学的特徴をよく再現する受動的無反射伝送線路モデル... [more] NLP2019-53
pp.93-97
NC, MBE
(併催)
2019-03-04
16:10
東京 電気通信大学 IzhikvichニューロンモデルMOS回路の提案
田村祐樹守谷 哲加藤達暉櫻庭政夫堀尾喜彦佐藤茂雄東北大
脳神経系ネットワークが行う情報処理を模倣し, より高度で低消費電力な情報処理を行える新しいハードウェアを設計するために,... [more] NC2018-60
p.93
CAS, NLP
(共催)
2018-10-18
13:15
宮城 東北大学 [招待講演]ブレインモルフィックコンピューティングとエッジAIハードウェア
堀尾喜彦東北大
本講演では,脳に特徴的に創発するような効率的で高性能な情報処理様式の実現を目指した,ブレインモルフィックコンピューティン... [more] CAS2018-42 NLP2018-77
pp.31-32
NLP 2017-11-06
10:25
宮城 東北大学電気通信研究所 ナノ・スピン総合研究棟 カンファレンスルーム A40 蝸牛に基づく受動的無反射伝送線路モデルの特徴量の定式化の改良
織間健守堀尾喜彦東北大
受動的無反射伝送線路モデルは,モデル内のパラメータ値を調整することで生理学的蝸牛の特性をよく再現する.従来法では,蝸牛の... [more] NLP2017-76
pp.65-68
NLP 2017-11-06
11:15
宮城 東北大学電気通信研究所 ナノ・スピン総合研究棟 カンファレンスルーム A40 ブレインモルフィックコンピューティングパラダイムの創成に向けて
堀尾喜彦東北大
近年,大規模な脳型コンピュータハードウェアを実現しようとする研究が世界的に広がっているが,いずれもこれまでの神経回路モデ... [more] NLP2017-78
pp.75-77
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2017-10-19
13:45
新潟 柏崎エネルギーホール、新潟 [招待講演]アナログスピントロニクス素子とその人工神経回路網応用
秋間学尚William Borders深見俊輔守谷 哲栗原祥太Aleksandr Kurenkov堀尾喜彦佐藤茂雄大野英男東北大
人の脳に匹敵するような大規模な人工神経回路の実用化のためには,低消費電力で動作する専用の集積回路の開発が不可欠である.近... [more] MR2017-18
pp.7-12
NLP 2017-07-13
16:10
沖縄 宮古島マリンターミナル大研修室 脳・身体総合体コンピューティングについて
堀尾喜彦東北大
近年,脳全体をシミュレートあるいはハードウェア(脳型コンピュータ)実装しようとする研究が世界的に広がっているが,非ノイマ... [more] NLP2017-38
pp.59-62
MBE, NC
(併催)
2017-03-13
14:35
東京 機械振興会館 アナログ磁気メモリデバイスを用いた自己連想記憶システムの構築
栗原祥太秋間学尚William A. Borders深見俊輔守谷 哲Aleksandr Kurenkov下橋亮太堀尾喜彦佐藤茂雄大野英男東北大
 [more] NC2016-85
pp.127-132
MBE, NC
(併催)
2016-11-18
16:40
宮城 東北大学 [招待講演]脳・身体総合体コンピューティングに向けて
堀尾喜彦東北大
近年、脳全体をシミュレートあるいはハードウェア(脳型コンピュータ)実装しようとする研究が世界的に広がっている。特に、大規... [more] MBE2016-51 NC2016-33
p.19(MBE), p.7(NC)
NLP 2015-11-01
11:15
沖縄 大濱信泉記念館(沖縄県石垣市) 部分更新指数減衰カオスタブーサーチハードウェアシステムに用いるSIカオスニューロン集積回路
田中 秀新井正樹堀尾喜彦東京電機大
 [more] NLP2015-119
pp.69-73
NLP 2015-07-21
14:55
北海道 ピパの湯 ゆ~りん館(北海道美唄市) β-A/D変換回路のUnity-Gain bufferを用いた実装手法
河口史弥堀尾喜彦東京電機大
$beta$-写像に基づく$beta$-A/D変換回路は,構成素子の特性にロバストであり,アナログ素子の特性が劣る微細化... [more] NLP2015-70
pp.17-21
NLP 2015-05-19
10:25
青森 道の駅浅虫温泉ゆ~さ浅虫(青森市) 蝸牛無反射伝送線路モデルのパラメータ値の一決定手法
織間健守堀尾喜彦東京電機大)・香田 徹九大
蝸牛は周波数分析器として工学的な応用が期待されている.大野・香田によって提案された受動的伝送線路モデルは,回路実装への見... [more] NLP2015-35
pp.45-50
NLP 2014-07-21
14:30
北海道 函館市中央図書館 部分更新指数減衰カオスタブーサーチハードウェアシステムのデジタル回路によるコスト計算実装に対する考察
三浦雄志小澤将人織間健守堀尾喜彦東京電機大
指数減衰カオスタブーサーチは, 組合せ最適化問題に対する有力なメタヒューリスティック解法の1つである. 我々は, この指... [more] NLP2014-34
pp.17-22
NLP 2014-01-21
15:00
北海道 ニセコパークホテル 並列更新カオスタブーサーチハードウェアシステムに用いるSIカオスニューロン集積回路プロトタイプ
豊田皓仁田中 秀堀尾喜彦東京電機大)・合原一幸東大
カオスニューロダイナミクスにより駆動する指数減衰カオスタブーサーチは,組合せ最適化問題に対する優れた解法の一つである.
... [more]
NLP2013-140
pp.63-66
NLP 2014-01-21
16:00
北海道 ニセコパークホテル 並列更新指数減衰カオスタブーサーチのためのアナログ/デジタル混成ハードウェアシステムの構成
小澤将人豊田皓仁堀尾喜彦東京電機大)・合原一幸東大
二次割当問題を高速に解く同期更新指数減衰カオスタブーサーチを実装したアナログ/デジタル混成ハードウェアシステムが提案され... [more] NLP2013-143
pp.77-81
NLP 2013-12-07
10:25
海外 City University of Hong Kong A Switched-Current Chaotic Neuron IC Prototype for Synchronous Exponential Chaotic Tabu Search
Syu TanakaAkihito ToyodaYoshihiko HorioTokyo Denki University)・Kazuyuki AiharaUniv. of Tokyo
We design a switched-current (SI) chaotic neuron integrated ... [more] NLP2013-125
pp.65-69
 53件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会