お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 3件中 1~3件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
TL 2016-07-24
14:15
東京 早稲田大学西早稲田キャンパス Unconscious translation from Japanese kanji to Chinese hanzi by Chinese-Japanese bilinguals: An ERP investigation
Yunzhu WangYingyi LuoWaseda Univ.)・Shota MommaUMD)・Hiromu SakaiWaseda Univ.TL2016-25
ともに漢字で表記される中国語と日本語とのバイリンガルは中国語と日本語の非同根語を処理する際に,中国語-英語バイリンガルの... [more] TL2016-25
pp.71-76
TL 2013-08-03
13:25
大阪 関西学院大学 大阪梅田キャンパス 中国人日本語学習者は語彙認知において逐次的に韻律情報を用いるか? ~ 視線計測による検証 ~
尹 帥里 麻奈美羅 穎芸五十嵐陽介酒井 弘広島大TL2013-15
これまでの研究では,音声単語認知における韻律情報の重要性が指摘されてはいるものの (Sekiguchi et al., ... [more] TL2013-15
pp.7-12
TL 2013-08-04
17:05
大阪 関西学院大学 大阪梅田キャンパス Temporal distance between the cause and the effect affects the reading of causality sentences -- Eye-tracking evidence --
Yingyi LuoManami SatoHiromu SakaiHiroshima Univ.TL2013-40
Causal inference, a fundamental cognitive process with relat... [more] TL2013-40
pp.139-144
 3件中 1~3件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会