お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 5件中 1~5件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2017-03-13
15:15
長崎 長崎県立大学シーボルト校 HTTP通信を特徴とした機械学習に基づくマルウェア感染端末検知法と悪性良性混在データを用いた長期経時劣化評価
熊谷充敏岡野 靖神谷和憲谷川真樹NTTICSS2016-51
近年,マルウェア感染を未然に防ぐことは困難となっており,事後対策の重要性が増している.感染後の通信を検知するために,マル... [more] ICSS2016-51
pp.43-48
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2017-03-13
15:40
長崎 長崎県立大学シーボルト校 HTTP通信に着目したDeep Learningに基づくマルウェア感染端末検知手法と検知性能評価
西山泰史熊谷充敏岡野 靖神谷和憲谷川真樹NTT)・岡田和也関谷勇司東大ICSS2016-52
マルウェア感染に起因するインシデントを防ぐためには事前に感染を防ぐことが最善策である.しかし,現実には攻撃者の手により様... [more] ICSS2016-52
pp.49-54
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2015-09-15
15:00
愛媛 愛媛大学 マルウェア静的判定における誤判定を低減させる誤判定グッドウェアを活用した事例選択手法
岡野 靖熊谷充敏谷川真樹大嶋嘉人NTT)・愛甲健二梅橋一充村上純一FFRIPRMU2015-90 IBISML2015-50
亜種・新種のマルウェアが日々大量に作成されている現在、アンチウイルスソフトで行われるマルウェア静的判定において、これら未... [more] PRMU2015-90 IBISML2015-50
pp.163-170
IN 2014-10-16
15:20
大阪 大阪大学 セキュリティに関するつぶやきの抽出法
熊谷充敏折原慎吾安部哲哉角田 進岡野 靖大嶋嘉人NTTIN2014-76
近年,サイバー攻撃の予告といった重大なセキュリティインシデントに繋がる情報の第一報が,Twitterに投稿される事例が増... [more] IN2014-76
pp.13-18
NC, IBISML
(共催)
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(併催)
(連催) [詳細]
2014-06-25
16:10
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 故意に誤ったラベル付けをするユーザへの耐性をもたせた識別モデル
熊谷充敏折原慎吾岡野 靖岩田具治大嶋嘉人NTTNC2014-1 IBISML2014-1
近年,不特定多数のユーザから与えられる学習データをもとに,高精度な識別器を求めようとする試みが多数報告されている.これら... [more] NC2014-1 IBISML2014-1
pp.17-23
 5件中 1~5件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会